自然の息遣いを感じるナチュラルマテリアル~居森様邸~

garden-reform-imori001

石造りの壁がレンガ調のお住まいととてもよく調和が取れているデザインになりました。迫力ある素材なのに圧迫感を感じないのはやわらかい色のおかげです。

[×]
garden-reform-imori002

ブロンズがかったロートアイアンの表札がクラシカルな雰囲気を出していますね。植栽がお好きなご主人にふさわしく、葉っぱをあしらったものを選びました。

[×]
garden-reform-imori003

玄関の脇にはご主人の長年の夢である葡萄棚を作りました。しばらくすれば立派な葡萄のトンネルが出来、お庭へと続く道をより美しく飾ってくれることでしょう。

[×]
garden-reform-imori004

立水栓はレンガでオリジナルのものを造作してありました。既存のアイテムとの調和を図り、床面は明るいピンクの乱形石をチョイス。

[×]
garden-reform-imori005

立水栓の反対側にはレンガの花壇で植栽スペースが設けてあります。色とりどりの草花が鮮やかで素敵ですね。

[×]
garden-reform-imori006

隣地との堺はホワイトとウッドカラーを組み合わせたLIXILのプラスGで囲いました。人の目の高さの場所のみクリアマットのパネルで隠し、圧迫感を軽減しました。

[×]
garden-reform-imori007

リビングの前に設置してあるガーデンルームの目隠し用に、隣り合わせのプラスGのゲートにはシースルーのロールカーテンを取り付けました。奥が透けて見えるのでカチッとし過ぎずリラックスしてガーデンルームでくつろげますね。

[×]
garden-reform-imori008

ガーデンルームを抜けるとタイルテラスのスペースが。土の高さを上げガーデンルームの床と高さを同じにしたので使い勝手が良くなりました。

[×]
garden-reform-imori009

道路や隣地境界側に細めの花壇で家庭菜園用のスペースを確保しています。畑のように大きなものを作らなくても、人が踏まないようなデッドスペースをうまく活用するだけで様々な希望が実現できます。

[×]
garden-reform-imori010

勝手口前の菜園スペース奥には小さな立水栓が。雰囲気に合ったウッド調の作りがよくなじんでいます。

[×]
garden-reform-imori011

ウッド調の立水栓に取り付けたロートアイアンのホースリールがかわいらしいですね。上部の台にも使われたデザインで統一しています。菜園で取れた野菜は備え付けたガーデンシンクで洗えます。

[×]
garden-reform-imori012

ダークな色のレンガで作られた花壇が最初からあったので、こちらには暗めの色に合う植栽を植えました。

[×]
garden-reform-imori013

せっかくのガーデンルームも周りが整っていなければ使い道に困ってしまいます。トータルコーディネートをすることでガーデンルームに新たな魅力が吹き込まれました。

[×]
garden-reform-imori014

葡萄棚スペースは以前は砂利敷きのみでした。デザイン性、機能性は今回の大改造で大幅にアップしましたね。

[×]
garden-reform-imori015

勝手口前はソーラーライトが1つあるのみで防犯面も心配でしたが、今回のリガーデンで全ての問題が解決しました。

[×]

レンガ調のお住まいと調和した、柔らかい色合いの石造りの壁。

石という迫力のある素材を使用していながら圧迫感を感じず、レンガ調のお住まいと調和がとれている秘密は、石造りの壁のブラウンがかった柔らかな色合いにあります。 葉っぱのデザインがシックなロートアイアンの表札もアクセントになっており、お洒落で温かい雰囲気の玄関に仕上がりました。

 

童話の世界に迷い込んだようなメルヘンチックな葡萄棚。

玄関脇にある葡萄棚は、ご主人の長年の夢を実現するために別注のオリジナルアイアンを使用。 葡萄が成長すれば、何度でもお庭に訪れたくなるような素晴らしいトンネルになる事でしょう。 砂利敷きのみだった施工前に比べると、デザイン性、機能性ともに大幅に改善されました。

 

立水栓や花壇などの既存のアイテムと調和したお庭。

元々造作してあったレンガの立水栓を意識して床面を明るいピンクの乱形石にしたり、暗い色のレンガで造られた花壇には暗めの植栽をするなど、既存のアイテムを活かしたお庭になっています。

 

LIXILのプラスGを使用し、気になる視線をカット。

視線が気になる隣地との境界は、ホワイトとウッドカラーを組み合わせたLIXILのプラスGで囲いプライバシーを確保。 圧迫感を軽減するため、人の目の高さの場所のみクリアマットのパネルで隠す工夫が施されています。 また、ガーデンルームの隣り合わせにあるプラスGのゲートには、奥が透けて見えるシースルーのロールカーテンを設置。 目隠しとしての機能はそのまま、固い印象になり過ぎずにくつろげる空間になりました。

 

使い勝手にこだわったタイルテラス

ガーデンルームを抜けた先にあるタイルテラスのスペースは、ガーデンルームの床と同じ高さにすることによって動線を確保し使い勝手の良い空間を実現。 勝手口前の菜園スペースにある小さな立水栓は周囲の雰囲気に合うようにウッド調の作りとなっており、ロートアイアンのホースリールが可愛らしい雰囲気を演出しています。 また、上部の台にも同様の物を使うことによってデザインに統一感を持たせています。

 

スペースを有効活用した家庭菜園。

道路や隣地の境界線側のデッドスペースに細めの花壇を作ることで、家庭菜園用のスペースを確保。 畑のように大きな面積を確保できなくても、人が踏まないようなスペースをうまく活用することでご主人の希望を実現させました。 また、菜園で採れた野菜は備え付けのガーデンシンクですぐに洗えるため、とても便利です。

居森様邸_コメント