入居者が憩う至高のガーデン〜サンライズマンション〜

千葉県のベッドタウンにあるこのマンションは、現状では居住者の方がただ住むためだけにある建物、というのが新オーナーのご夫婦の抱く印象でした。このマンションをただの居住空間ではない、ここを自分の家と言えるような、帰ってくる場所に作り変えたい、そんなご要望に応え、抜本的なリガーデンを行いました。

[×]

居住者の皆様が住んでいて嬉しくなるような外観にレベルアップさせたいという思いをデザインに乗せ、まるでリゾートホテルのような美しいエントランスのマンションへと生まれ変わりました。職人がひとつひとつ選んで施工した見事な乱形石の床面が印象的ですね。

[×]

エントランス前の持て余したスペースはベンチと植栽を設け、憩いの空間へと生まれ変わり、居住者の皆様の生活の一部となりつつあります。

[×]

マンションの顔とも言えるSUNRISEMASIONのネームプレートが目に飛び込んできます。入居者の皆様にとっての大切な表札の完成です。

[×]

駐車スペースが丸見えなので仕切りが欲しいとのご要望に応え、背の高い仕切りをプラスしました。LIXILのGスクリーンがすっぽりと空間を覆い、駐車スペースの存在をしっかりと隠してくれています。

[×]

芝生や低木は枯れかけ、手入れの施されていなかった三角状の空間は道路側からも目立つので、立体物と生い茂る緑で生き返らせました。 花壇は高低差を生かし、段々畑のように表現してあります。

[×]

中央に位置するメインとなる壁には石貼りタイルとモザイクタイルでマンションのシンボルになりました。色とりどりの下草のラインが奥まで続き、マンションのエクステリアに一体感をもたらしています。

[×]

壁の後ろから逆L字の門灯を2_基設置し、印象的なエントランスに。上空や足元にライティングを取り入れることで、夜でも安心感を得られるデザインにしました。

[×]

車止めとして設置したのはアライグマの置物です。学校から帰ってくるお子様に特に大人気で、毎日帰宅するたびにアライグマに挨拶をしてくれているようです。可愛らしい門番として、マンションに無くてはならない存在となりました。

[×]

見事な乱形石の床面は熟練の職人による細やかな技術の結晶です。マンションの雰囲気をワンランクアップさせてくれる鮮やかなアプローチはエントランスまで広がっています。

[×]

小さな花壇だったエントランス前の空間は、くつろぎスペースとしてリニューアルさせました。壁でカバーすることでプライベートな空間を作り、乱形石のベンチの周りは緑が目を楽しませてくれています。

[×]

擬石と乱形石で彩られた空間は、まさに入居者全ての方の憩いの場。照明を点在させてあるので、夜でも安心して利用できますね。

[×]

各所に高木を配置し、スポットライトで夜の演出を狙います。リズミカルにデザインされた壁が光で更に際立っていますね。奥は角柱や逆L字のライトで高さの遊びを演出しました。

[×]

切り文字タイプのネームプレートは、ライトアップによって一層主役感が増しています。 光をまとった文字の一つ一つが夜に訪れる方の目を楽しませてくれます。

[×]

工事中は居住者の方が職人に挨拶や差し入れなどをしてくれたり、出来上がってくる様子をスマートフォンで撮影してお友達に送ったりと、皆様の期待も徐々に高まってきていました。\r\n

[×]

違法駐車対策としてカラーコーンを設置していた場所は花壇へと生まれ変わり、車を勝手に停められることは無くなりました。美しさはもちろん機能面、安全面も飛躍的に向上し、まさにオーナー様、居住者の皆様にとって自慢の「帰ってくる家」へと生まれ変わりました。

[×]

殺風景な外観に異国情緒溢れる石材をふんだんに盛り込み、リゾートホテル風にリガーデン

まず目に入ってくるのは、見事な乱形石の床面です。熟練の職人による細やかな技術は、マンションの雰囲気をワンランクアップさせてくれています。中央に位置するメインとなる壁には石貼りタイルとモザイクタイルでマンションの顔としました。切り文字タイプのネームプレートを配置し、ライトアップで昼夜問わず空間の主役になっています。壁の後ろから逆L字の門灯を2_基設置し、印象的なエントランスに。上空や足元にライティングを取り入れることで、夜でも安心感を得られるデザインにしました。

 

エントランス周辺を憩いの空間にリメイクし、帰ってくるのが楽しみになるアプローチに

小さな花壇だったエントランス前の空間は、くつろぎスペースとしてリニューアルさせました。壁でカバーすることでプライベートな空間を作り、乱形石のベンチの周りは緑が目を楽しませてくれています。照明を点在させてあるので、夜でも安心なスペースとして利用できますね。

車止めとして設置したのはアライグマの置物です。学校から帰ってくるお子様に特に大人気で、毎日帰宅するたびにアライグマに挨拶をしてくれているようです。可愛らしい門番として、マンションに無くてはならない存在となりました。

 

デッドスペースと化していた植栽スペースに命を吹き込み、緑豊かなアイストップへ

芝生や低木は枯れかけ、手入れの施されていなかった三角状の空間は道路側からも目立つので、立体物と生い茂る緑で生き返らせました。

花壇は高低差を生かし、段々畑のように表現。各所に高木を配置し、スポットライトで夜の演出を狙います。壁はリズミカルにデザインし、角柱や逆L字のライトで高さの遊びを演出しました。

奥は目隠しの為にクリアマットパネルを用いたスクリーンを立てて空間を仕切り、居住者の皆様のお車を外部の視線からカバーしています。

 

サンライズマンション_感想文