曲線ゼロのシンプルモダン〜遠藤様邸〜

garden-reform-endou001

スクエアの外観が特徴的な遠藤様邸。お住まいとマッチするよう、ファサードも直線をイメージしデザインしました。一番の特徴は、広々とした駐車場と玄関周りを結ぶ、汎用材で造作したゲートです。汎用材の柱の根元には植栽も取り入れ、金物とナチュラルテイストが融合した、都会的な前庭になりました。

[×]
garden-reform-endou002

お車を降りてから玄関に至るまで、余裕を持った生活動線をデザインしました。玄関前のタイルの階段も通常よりもタイル1枚分広く造作し、空間にゆとりが生まれています。お車を停めた状態でも目立つ駐車場前面の床面には洗い出しの技法を用い、渋さと高級感をプラスしました。

[×]
garden-reform-endou003

車の背面部分にはゲートと同じ高さのフェンス材とすりガラス調のパネルで大きく囲い、主庭とリビングルームのプライバシーを確保しました。これだけ大きな囲いものでありながら、縦桟の板材と採光性のあるパネルのおかげで、リビングルームやお庭にいても圧迫感を感じることはありません。

[×]
garden-reform-endou004

玄関前はドアを中心に据えて、コの字状に汎用材を造作しました。既存の機能門柱、インターロッキングブロックに色味と雰囲気を合わせて、一体感のあるデザインに仕上がっていますね。抑えた色彩でまとめることで、大人な雰囲気漂う門まわりになりました。

[×]
garden-reform-endou005

既存の機能門柱を囲うように、左官仕上げのデザインウォールと汎用材の柱材で立面を、自然石と植栽で平面を彩りました。壁は二枚、高さと幅の違うものを配置し、美しさと奥行き感がプラスされています。様々な見所が玄関前にあるので自然と視線は門まわりに集中し、ドアの開閉などプライバシーな部分を見られずに済みますね。

[×]
garden-reform-endou006

ポスト、インターフォン、門灯などは機能門柱に取り付けてあるので、奥の壁はネームプレートのみを取り付けて贅沢なデザインとなりました。汎用材の木目に合わせるように、ロートアイアン性のネームプレートも木目調をあしらったものをチョイスし、統一感を出ています。筆記体の軽やかな文字がオフホワイトの壁に踊り、とても美しい仕上がりとなりました。

[×]
garden-reform-endou007

今回使用した汎用材は、LIXILのプラスGという商品です。様々なパーツがあるので、このように大きなフェンスから玄関の上部を彩るゲートまで、デザインの幅は無限に広がります。

[×]
garden-reform-endou008

玄関の左側の空間はお客様用の駐車スペースです。縦列駐車ですが長めにデザインしてあるので、スムーズな出し入れが可能となっています。クラック防止用に入れたスリットには白い化粧砂利を敷設し、無機質になりがちな駐車場の床面を彩りました。

[×]
garden-reform-endou009

駐車場の車が乗らないスペースは、コンクリートではなく化粧砂利で空間を埋めてあります。駐車場の洗い出し、植栽部分の自然石、化粧砂利と種類の違う石材を多く用いて、床面にメリハリを効かせました。

[×]
garden-reform-endou010

夜になると、各所で輝くライティングのおかげでお庭の魅力が一層アップします。若いシンボルツリーを下から照らし上げるアッパーライトによって植栽の影が家の壁面に映り、美しい影が空に向かって伸びています。ゲートの梁に仕込んだダウンライトの光はお車を光り輝かせ、よりシックな空間になっていますね。

[×]
garden-reform-endou011

既存のライトも手伝い、玄関前はこんなにも明るくなりました。今回新設したライトはすべてタイマーで作動しますので、夜に家を空けていても心強いですね。オンオフも自動なので点け忘れ、消し忘れの心配もありません。

[×]
garden-reform-endou012

アッパーライトは足元も光で照らしてくれるので、夜の歩行も安心ですね。季節ごとに様々な顔を見せてくれる植栽スペースに光が加わることで、昼も夜も目に楽しいアプローチになりました。

[×]
garden-reform-endou013

お庭に手を付ける前のシーンを見ると分かりますが、大きいフェンスを造作した先にはお隣の玄関周りが見えます。プライバシーを確保できるかどうかも、快適な新生活にとって欠かせないポイントですね。

[×]

柿渋のゲートが大人の門まわりを演出

スクエアの外観が特徴的な遠藤様邸。お住まいとマッチするよう、ファサードも直線をイメージしデザインしました。一番の特徴は、広々とした駐車場と玄関周りを結ぶ、汎用材で造作したゲートです。汎用材の柱の根元には植栽も取り入れ、金物とナチュラルテイストが融合した、都会的な前庭になりました。
お車を降りてから玄関に至るまで、余裕を持った生活動線をデザインしました。玄関前のタイルの階段も通常よりもタイル1枚分広く造作し、空間にゆとりが生まれています。お車を停めた状態でも目立つ駐車場前面の床面には洗い出しの技法を用い、渋さと高級感をプラスしました。
車の背面部分にはゲートと同じ高さのフェンス材とすりガラス調のパネルで大きく囲い、主庭とリビングルームのプライバシーを確保しました。これだけ大きな囲いものでありながら、縦桟の板材と採光性のあるパネルのおかげで、リビングルームやお庭にいても圧迫感を感じることはありません。
玄関前はドアを中心に据えて、コの字状に汎用材を造作しました。既存の機能門柱、インターロッキングブロックに色味と雰囲気を合わせて、一体感のあるデザインに仕上がっていますね。抑えた色彩でまとめることで、大人な雰囲気漂う門まわりになりました。

デザインウォールとゲートの共演でドアのプライバシーをさり気なくカバー

既存の機能門柱を囲うように、左官仕上げのデザインウォールと汎用材の柱材で立面を、自然石と植栽で平面を彩りました。壁は二枚、高さと幅の違うものを配置し、美しさと奥行き感がプラスされています。様々な見所が玄関前にあるので自然と視線は門まわりに集中し、ドアの開閉などプライバシーな部分を見られずに済みますね。
ポスト、インターフォン、門灯などは機能門柱に取り付けてあるので、奥の壁はネームプレートのみを取り付けて贅沢なデザインとなりました。汎用材の木目に合わせるように、ロートアイアン性のネームプレートも木目調をあしらったものをチョイスし、統一感を出ています。筆記体の軽やかな文字がオフホワイトの壁に踊り、とても美しい仕上がりとなりました。
今回使用した汎用材は、LIXILのプラスGという商品です。様々なパーツがあるので、このように大きなフェンスから玄関の上部を彩るゲートまで、デザインの幅は無限に広がります。

ゲートから降り注ぐ光がアプローチを彩る

夜になると、各所で輝くライティングのおかげでお庭の魅力が一層アップします。若いシンボルツリーを下から照らし上げるアッパーライトによって植栽の影が家の壁面に映り、美しい影が空に向かって伸びています。ゲートの梁に仕込んだダウンライトの光はお車を光り輝かせ、よりシックな空間になっていますね。
既存のライトも手伝い、玄関前はこんなにも明るくなりました。今回新設したライトはすべてタイマーで作動しますので、夜に家を空けていても心強いですね。オンオフも自動なので点け忘れ、消し忘れの心配もありません。
アッパーライトは足元も光で照らしてくれるので、夜の歩行も安心ですね。季節ごとに様々な顔を見せてくれる植栽スペースに光が加わることで、昼も夜も目に楽しいアプローチになりました。