洗練されたデザインの一枚壁〜内藤様邸〜

garden-reform-naitou001

新築の黒い外壁が素敵な内藤様邸。生活動線も意識しながら道路境界線に近い玄関のプライバシー性をアップさせるため、デザインウォールと木目調の汎用材を組み合わせて素敵なアイストップを造作しました。建物から逆算した造作物で必要部分のみカバーすることで、使い勝手と美しさを兼ね備えたセミクローズガーデンの完成です。

[×]
garden-reform-naitou002

ドアをすっぽりと覆わず心理的に人の視線を外させるため、圧迫感を感じずスタイリッシュかつ生活しやすい空間になっています。デザインウォールだけではドアを隠しきることはできませんが、縦横に走らせた汎用材のおかげで、このように玄関までは視線は届きません。ドア側から見た場合に道路の方面を見渡せるよう、最上部のみ隙間を広く設けてあるのもポイントです。

[×]
garden-reform-naitou003

鈍色の光を放つスクエア状のポストは、この壁の前に立つ人の視線を釘付けにするほど迫力があります。ダークカラーで造作した櫛引仕上げの塗り壁ととてもマッチしていますね。主張し過ぎないシャープな印象のネームプレート、インターフォンカバーの組み合わせも技ありのチョイスです。

[×]
garden-reform-naitou004

今回使用した汎用材はLIXILのプラスGという素材です。柱材と板材を組み合わせ、世界でひとつだけのアイストップが内藤様邸の玄関を包んでくれています。カラーも多数あるので、どのお庭にもぴったり収まる最高のマテリアルです。

[×]
garden-reform-naitou005

ポストの下部には、圧迫感を軽減させるため円形の窓を2つ取り付けました。足元であれば玄関の奥が見えてもプライバシーは損なわれず、軽やかな雰囲気がプラスされますね。素材はポストや汎用材の色に近い物を選んでいますので、統一感の面でもバッチリです。

[×]
garden-reform-naitou006

駐車場のコーナーはデッドスペースになりがちです。そこで角を有効利用するため立水栓を立てました。ポイントは水受けをピンコロ石と化粧砂利で円形に造作したところで、これにより立水栓の向きを自由に決めることができます。コーナーを背に斜めに配置することで、見た目も美しく使い勝手も抜群の水回りになりましたね。

[×]
garden-reform-naitou007

主庭の主役はなんといってもウッドデッキです。掃き出し窓から広がるアースカラーの空間は、眺めても触れても心を癒してくれますね。ウッドデッキの左右に広がるのは人工芝。透水性抜群で雑草対策も施された、メンテナンスフリーの人気アイテムです。

[×]
garden-reform-naitou008

主庭側にも前庭と同じ立水栓を設置しました。蛇口は2口なので、片方はホースをつけながらもう片方で手やガーデニンググッズを洗う、なんて使い方も出来ますね。隣地境界線とのフェンスは、大きなすりガラス調のパネル状のものを取り付けました。採光性も確保しながら隣地からの視線もカットしてくれるので、お庭でのびのびとお子様を遊ばせることが出来ます。

[×]
garden-reform-naitou009

夜になり辺りが静寂に包まれると、家の持つ雰囲気もまた違った一面を見せてくれます。汎用材の横に取り付けたライトは、既存の門灯の光と同じ暖色系の色をチョイスしたので、うまく統一感が出ていますね。

[×]
garden-reform-naitou010

光源が複数ある場合、高さや配置をバラつかせることで奥行き感を昼間よりもより感じることができます。丸窓から漏れる光も、素敵な雰囲気作りに一役買ってくれています。

[×]
garden-reform-naitou011

ご新築の前で、ご家族みなさま笑顔で記念撮影。三世代に渡る幸せな生活がこれから始まります。

[×]
garden-reform-naitou012

家が出来上がる直前の一枚。こうしてみると玄関と道路は目と鼻の先、何も作らなければドアを開けるたびに家の中が外に見えてしまう状態です。

[×]

玄関を護る重厚な佇まいのデザインウォール

新築の黒い外壁が素敵な内藤様邸。生活動線も意識しながら道路境界線に近い玄関のプライバシー性をアップさせるため、デザインウォールと木目調の汎用材を組み合わせて素敵なアイストップを造作しました。建物から逆算した造作物で必要部分のみカバーすることで、使い勝手と美しさを兼ね備えたセミクローズガーデンの完成です。
ドアをすっぽりと覆わず心理的に人の視線を外させるため、圧迫感を感じずスタイリッシュかつ生活しやすい空間になっています。デザインウォールだけではドアを隠しきることはできませんが、縦横に走らせた汎用材のおかげで、このように玄関までは視線は届きません。ドア側から見た場合に道路の方面を見渡せるよう、最上部のみ隙間を広く設けてあるのもポイントです。
鈍色の光を放つスクエア状のポストは、この壁の前に立つ人の視線を釘付けにするほど迫力があります。ダークカラーで造作した櫛引仕上げの塗り壁ととてもマッチしていますね。主張し過ぎないシャープな印象のネームプレート、インターフォンカバーの組み合わせも技ありのチョイスです。
今回使用した汎用材はLIXILのプラスGという素材です。柱材と板材を組み合わせ、世界でひとつだけのアイストップが内藤様邸の玄関を包んでくれています。カラーも多数あるので、どのお庭にもぴったり収まる最高のマテリアルです。
ポストの下部には、圧迫感を軽減させるため円形の窓を2つ取り付けました。足元であれば玄関の奥が見えてもプライバシーは損なわれず、軽やかな雰囲気がプラスされますね。素材はポストや汎用材の色に近い物を選んでいますので、統一感の面でもバッチリです。

開放感あふれるウッドデッキとグリーンの絨毯

主庭の主役はなんといってもウッドデッキです。掃き出し窓から広がるアースカラーの空間は、眺めても触れても心を癒してくれますね。ウッドデッキの左右に広がるのは人工芝。透水性抜群で雑草対策も施された、メンテナンスフリーの人気アイテムです。
今回ウッドデッキに使用した木材は、インドネシア原産のウリン材と呼ばれる素材です。非常に固く丈夫なため、反りやささくれなどの経年劣化はほとんどありません。色も自然に抜けて落ち着いていくので、塗り直しなどの手間も不要なのは嬉しいですね。
主庭側にも前庭と同じ立水栓を設置しました。蛇口は2口なので、片方はホースをつけながらもう片方で手やガーデニンググッズを洗う、なんて使い方も出来ますね。隣地境界線とのフェンスは、大きなすりガラス調のパネル状のものを取り付けました。採光性も確保しながら隣地からの視線もカットしてくれるので、お庭でのびのびとお子様を遊ばせることが出来ます。

コメント画像