新築エクステリア工事施工事例集

北欧の雰囲気が漂う、壮麗な門構え~佐藤様邸~

garden-reform-sato001
garden-reform-sato002
garden-reform-sato003
garden-reform-sato004
garden-reform-sato005
garden-reform-sato006
garden-reform-sato007
garden-reform-sato008
garden-reform-sato009
garden-reform-sato010
garden-reform-sato011
garden-reform-sato012
garden-reform-sato013
garden-reform-sato001-サムネイルgarden-reform-sato002-サムネイルgarden-reform-sato003-サムネイルgarden-reform-sato004-サムネイルgarden-reform-sato005-サムネイルgarden-reform-sato006-サムネイルgarden-reform-sato007-サムネイルgarden-reform-sato008-サムネイルgarden-reform-sato009-サムネイルgarden-reform-sato010-サムネイルgarden-reform-sato011-サムネイルgarden-reform-sato012-サムネイルgarden-reform-sato013-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ヨーロッパの城門のようなデザインウォールと門扉

大きく造作したシンメトリーのデザインウォールに眩しいホワイトの擬石を貼り、ヨーロッパの城門のような佇まいを再現しました。シルバーでまとめた各アイテムも溶け込み、古今のセンスが見事に融合しています。シルバーでまとめた各アイテムやロートアイアン製の門扉と融合して、大変お洒落な雰囲気に仕上がっています。左右対称の豪華な門扉はロートアイアン製です。正統派のヨーロピアンの装飾は、デザインウォールと相性抜群ですね。
デザインウォールの前には、お客様の目を楽しませるシンボルツリーを鉢に植えることで、必要以上に大きくなるのを防ぎます。鉢植えにするこのメリットは、樹形を保ちやすくなり、お手入れが簡単になるところです。移動も可能なのでお庭のレイアウト変更も簡単ですね。
ツートーンの化粧ブロックのデザインウォールの裏側には、デザインウォールと一体化したウォータースペースが。構造物を2つ合体させることでデッドスペースを消し、細部まで有効利用しています。

DESIGN POINT 2

防犯と実用性を兼ねたカースペース

防犯対策としてカースペースを囲ったオーバードアは、オーバードアで囲いました。アコーディオン門扉と違い電動式なので開け閉めの手間もいらず、車内からもリモコンで動かせます。オーバードアをアルミ色の縦桟タイプにすることにより、スタイリッシュで洗練された印象に。またお子様のよじ登りを防止します。お住まいの外観との調和を図りました。

DESIGN POINT 3

フロアビーズのアプローチと広々としたタイルテラス

玄関ステップに続く緩やかなカーブのアプローチにはフロアビーズを使用。既存のステップのタイルの色に合わせ、華やかなピンク色をチョイスしました。掃き出し窓に続く広いデッキは木ではなくタイルで造作。タイルテラスはウッドデッキと違いローメンテナンスで経年劣化に強いので、いつまでも美しい姿を保ってくれます。

DESIGN POINT 4

防犯と安全を考えたライティング

夜の闇に包まれても、フォーカルポイントとなる門周りは煌々と明かりが灯っています。防犯の効果としてはもちろん、前庭を目立たせることで、通りからのリビングへの視線をライティングへと向けさせる効果があります。門灯も兼ねている表札は白色のLEDライトを使用。今回使用したポールライトはシンプルなデザインながら、ナイトシーンにおいては十分な効力を持っています。低所のみを照らすため、無駄な光を出しません。LED電球は電気代がかからず省エネです。