ガーデンリフォーム工事施工事例集

間接照明に癒される優雅なプライベートガーデン~宮原様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

優雅さ溢れる天然石のアプローチ

和の要素が感じられるエクステリアを外壁の塗り替えに合わせてリフォームすることにされた宮原様。和を感じさせる庭石や管理が大変になってしまった植栽などは撤去し、リゾート地のような優雅さ溢れるエクステリアをご堤案しました。今までのアプローチは一方向にしか出入りができませんでしたが、今回のエクステリアリフォームでは左右どちらにも行き来できるアプローチをデザイン。このアプローチによって駐車スペースにもサイクルスペースにも繋がる動線が生まれ、暮らしの利便性も向上しました。また横方向にアプローチが広がり、玄関周りにゆとりが生まれました。
そしてファサードに優雅な印象を与えるのは2種類の天然石。一つは床面に使用した乱形石です。乱形石は上品で優雅な雰囲気を醸し出します。キューブレンガの縁取りによって乱形石の魅力が引き立っていますね。キューブレンガには濃いブラウンを使用したことで空間がグッと引き締まり、落ち着きが感じられます。二つ目はデザインウォールに使用したボーダーの天然石です。優しい色合いですが、天然石ならではの風格が存在感を放ち、お住まいの表情を豊かにします。迫力のある天然石のデザインウォールはファサードのフォーカルポイントになっています。
リガーデン前は玄関前に視線を遮るものが何もありませんでしたが、デザインウォールとその手前の花壇によって、直接玄関へと向かってしまう視線を誘導します。デザインウォールとデザインウォールの間には隙間を設け、ガラスブロックを組み込むことで抜けが生まれ、圧迫感を軽減。玄関ポーチはテラコッタのような柔らかな色合いが美しいタイルを使って造作しました。様々な明るい素材で彩られたアプローチは毎日の行き来を楽しいものにしてくれます。

DESIGN POINT 2

リゾート感のあるプライベートガーデン

駐車スペースの奥はご家族でくつろぐためのガーデンスペース。リゾート地のような特別感とリラックス感を感じられるようにデザインしました。タイルテラスの上には物置とは思えない外観をしたディーズガーデンのRicoというモダンな物置を設置。お洒落な物置なら特別な空間でも景観を損ないません。むしろ美しい景観をつくることに貢献してくれます。
ガーデンスペースの周囲は目隠しフェンスで囲い、プライベートな空間をつくりあげます。タイルテラスの上にファニチャーを配置すれば、リゾート地のような優雅な雰囲気に。また目隠しの役割をする植栽は空間に癒しをもたらします。新たに完成したプライベートガーデンは日常から切り離された空間となり、日々の疲れをリセット。心安らぐ時間を過ごすことができるでしょう。

DESIGN POINT 3

間接照明で演出する夜のエクステリア

宮原様邸のライティングは直接的な光よりも壁面を利用した間接照明を多用し、優しい光が全体に広がるようにしました。天然石貼りのデザインウォールは笠木の中に照明を隠し、光源を見せないようにしています。石の凹凸が浮かび上がり、昼間とは違う表情でお住まいを引き立てます。玄関ポーチは階段の段鼻を少し出っ張るように造作しているので、夜はライティングにより少し浮いているかのような浮遊感が感じられます。玄関前の花壇の中にはグランドライトを設置。下からの光がモダンな印象を抱かせます。ガラスブロックに反射する光が揺らめき、幻想的な景観に。ガーデンスペース側も癒し効果のある間接照明を使用しています。眺めるだけで、ホッとするようなライティングを計画しました。

Client Voice お客様の声

感想文

中古住宅を購入して10年、室内はリフォームしたものの、外構はそのうち・・・と思っているうちにあっという間に月日が流れてしまいました。以前の庭は多くの樹木や植物、灯篭や巨石に囲まれ、それなりに和風の趣がありました。しかし、共働きで庭いじりに十分に手を掛けられない我が家にとっては、雑草の始末や近隣に迷惑をかける落葉、夏に大発生する蚊など、「庭を楽しむ」どころか庭そのものが悩みの種になっていました。
劣化が目立っていた外壁の塗装のタイミングに合わせて、居住10年目にして本格リガーデン。一度は有名ハウスメーカーに打診したものの、あまりピンと来ず、送られてきた施工事例集の分厚さと自信に満ちた内容、初顔合わせでの西村さんのスピード感あふれる提案力に驚き、癒樹工房さんにお願いすることにしました。ご紹介いただいた小林さんは、こちらの漠然としたイメージをもとに、デザインの方向性を細部まで共に考えて頂きました。門袖の高さや石材、プリコロの入り方、切り文字の間隔etc・・・中途半端にこだわり派の私はその都度、あれこれリクエストしてしまいましたが、小林さんはすぐに駆けつけ、納得いくまでCADに手を加えて下さいました。テラスの物置も当初は一般的なメーカー品を考えていましたが、まるでこの家に合わせてデザインされたかのような物置を小林さんが見つけてしまったときはお手上げでした。予算はオーバーでしたが、見てしまったらもうこれしかないと(笑)
猛暑の中、施工を担当して頂いた土屋さんは、台風等で何度か中断をはさみつつも、黙々と仕事をして下さいました。作業が丁寧なのはもちろん、いつもすっきりと片付けられていた現場からも、お人柄が滲み出ているような職人さんでした。工期中、日々出来あがっていく庭を見るのは本当に楽しみな時間でした。
それまで雑草だらけで、巨石が居座り、デッドスペースとなっていた玄関や庭は、タイル貼り&程よいグリーンの居心地の良い空間に生まれ変わりました。外壁との統一感も完璧です。
夜、帰宅するとライトアップされた我が家が迎えてくれます。特に用事がなくとも家の周囲をぐるっと見て回る習慣がついてしまいました。休日は家族とテラスでお茶を楽しむ時間も生まれ、10年目にしてようやく心安らぐ家を手に入れた思いです。
素晴らしいチームワークで我が家を甦らせて下さった癒樹工房の皆様、本当にありがとうございました。

宮原