ガーデンリフォーム工事施工事例集

スライド門扉で安心のクローズエクステリア〜大岡様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く

 

DESIGN POINT 1

歩き始めるようになったお子様のためにスライド門扉をプラス

お子様が成長してつかまり立ちから自分で歩けるようになっていくのは、親としてはとても嬉しいことですね。しかし、元気に歩いたり走ったりできるようになると、心配なのが交通事故。今回のお住いは玄関から道路までがとても近く、ガードとなるような壁もフェンスもない状態なので、親御さんとしてはとても心配です。お子様の事情を考慮して、今回ご提案したのはスライド門扉を起点としたクローズエクステリアです。赤ちゃんを抱きながら片手でも簡単に開閉可能なスライド門扉と、安全面とプライバシー面の両方に嬉しいクローズエクステリアの融合は、意匠性と安らぎを感じられるエクステリアになりました。

DESIGN POINT 2

オフホワイトの塗り壁と暖色系のアイテムを散りばめたモダンエクステリア

敷地の周囲をぐるりと囲うデザインウォール。今までになかった壁が出来上がることで感じてしまうのが圧迫感。デザインウォールを2枚に分けて雰囲気を変えたり、スクリーンブロックを取り入れて採風性を確保。圧迫感を感じないようにするため、小さなアイディアを散りばめています。

ポストを取り付けたデザインウォールは少しセットバックしているので、後ろに下がった分地面にスペースが出来ます。そこをコンパクトな植栽スペースとして使うことで、デザインウォールの外側にも緑の表情を楽しめますね。水やりもする必要があるので、足を外へ向けてくれる効果もあります。

DESIGN POINT 3

ノンレール式のスライド門扉でスムーズなアプローチに

新たに造作した門柱には、生活に必要な表札、インターホンを取り付けました。門柱上のヨーロピアンテイストの門灯がオシャレですね。門柱と隣同士にセットしたスライド門扉はノンレール式です。レール式でないので、扉は重く感じること無くどなたでも片手で開閉可能。お子様を抱いている時、荷物で片手が塞がっている時などにメリットを感じるはずです。スライド門扉にはもちろん施錠も出来るので、目を離したときに敷地外に出てしまう、ということもありません。デザイン的にもセキュリティ的にも納得のエクステリアになりました。

DESIGN POINT 4

スライド門扉の奥には色とりどりのガーデンアイテムが

スライド門扉を抜けると、コンパクトなスペースながら生活に必要なものが揃っています。アプローチを照らすポールライトに洗車や植栽の水やりに必要な立水栓。ファサードのポールライトはスクリーンブロックの前に取り付けてあるので、道路から見ると灯りが幻想的に感じられます。。更にガーデンスペースにはタイルテラスと人工芝、花壇などがあり、ここではお子様と遊んだり一緒に自然に触れたりも出来ますね。タイルテラスと人工芝はともにメンテナンスフリーなアイテムのため、掃除や草抜きなどの手間は一切不要です。メンテナンスの手間なくいつまでも綺麗なままのエクステリアは、育児で忙しいママには嬉しいですね。

 

Client Voice お客様の声

感想文

はじめは一歳半になる娘のため、「玄関前にポールか柵を付けられたら良いね」と話していました。
ですが、いざ打ち合わせを行うと、「こんなことまでできるんだ!!」と、驚くことばかり。以前から不便に感じていたことや、全く手入れをしていなかった庭の使い勝手についても、まとめて改善して頂くことができ、大変満足しております。
最初の見積もりは理想的なプランを提示して頂いた結果、非常に高額でした。しかし、その後も繰り返し打ち合わせを設けていただき、見積もりの内訳もつど細かく開示して頂いたため、納得のいく内容で工事を依頼することができました。
完成した玄関まわり、庭を見て、娘も大変気に入ったようで、門袖でかくれんぼをしたり、庭を走り回ったりと楽しそうにしています。
隣人からも「素敵なお庭になったね」と好評です。

大岡