新築エクステリア工事施工事例集

魅せるガーデンルームで前庭をリデザイン〜坂本様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ガーデンルームを新設しデザイン、セキュリティ面が格段にアップ

道路側の手つかずの土地を活かしたいというご依頼の坂本様邸。玄関周りやアプローチなど、生活に必要なものは初期工事で完了しましたが、リビングルーム前の空間をどうすべきかは持ち越しという状態でした。新生活も落ち着きお庭に対する要望もまとまってきたので、ガーデンルームの取り付けを提案いたしました。
ご要望として第一に挙げられたのは道路からの視線のカットです。せっかくのリビングルームも掃き出し窓が道路と隣り合わせでは落ち着きませんね。ガーデンルームのクリアマットの窓と腰壁を一枚間に挟むだけで外からの視線は大幅にカット出来ます。
腰壁はアクセントに生木の板材をL字に施工し、デザイン性を向上させました。敷地いっぱいにガーデンルームを取り付けるのではなく少しセットバックさせて下草の空間を設けることで、道路前にとても美しいスペースが出来上がりました。壁のワンポイントの板材や下草は、人の視線をコントロールしたり雨の際の泥はねから壁を守ったりと、様々な効果があります。

DESIGN POINT 2

4畳のスペースに盛り込まれた珠玉のアイディア

内部から見るとクリアマットのパネルによる視線カットの効果が体感できます。これなら採光性も確保しつつもプライバシー面も損なわれませんね。使い勝手や開放感、お子様の動線も考えた結果、ガーデンルームの両端に扉は設けず、柱材で空間を柔らかく区切りました。
お子様とも一緒に過ごせる空間にするため、床面の真ん中は人工芝を敷設しました。リビングルームでくつろいでいながらも外に視線を向ければ緑があるので、思わず外に出たくなりますね。人工芝の下はコンクリートではなく転圧した砂利や砂、防草シートなどで施工されているので、水たまりの心配もなくお子様が転んでも安心です。
屋根材の下にはオプションで日除けを取り付けました。日除けを開けば日差しのカットはもちろん内部の温度の上昇を防ぐことができるので、夏場は重宝する必須アイテムです。
ガーデンルームのコーナーには細身の立水栓と、タイルをくりぬいて水受けを設けました。アクセントに水受け内に敷き詰めた白い化粧砂利が涼しげな印象を与えてくれていますね。柱材を立てて視線をカットした上に、シンボルツリーの落葉樹がさらに内部をカバーしてくれるので、利便性と意匠性を大きく引き上げてくれています。

 

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房様
今回は素敵な庭を施工して頂きありがとうございました。
昨年、家を建てた際に住宅メーカーより庭について提案されましたが、私達にイメージに合いませんでした。時間の無い中で判断しなくてはいけなく妥協するのはイヤだったので駐車場と玄関アプローチのみをお願いして庭はゆっくり考える事としました。
引っ越しして改めて庭について考えていたところ、インターネットで癒樹工房のHPを見つけました。自信あふれるキャッチフレーズや事例を見て、ここにお願いしたいとすぐに思いました。
はじめての打合せで簡単なラフスケッチを書いて頂いたのですが、それは私達の想像しない素敵な提案でした。見た目だけでなく使い勝手も考えられていました。施工は職人の細かい作業に驚かされました。いくつかイメージと違う所もありましたが、すばやく対応修正をして頂いて無事に完成しました。
家族皆完成を大変喜んでおります。
これからこの庭を最大限に活用していきたいと思います。担当の西村様この度はありがとうございました。
                                    坂本