新築エクステリア工事施工事例集

シャープなエクステリアに自然素材で柔らかさをプラス〜関口様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

スタイリッシュなアプローチと対照的なナチュラルガーデン

正面は濃灰色のデザインウォールにステンレスのシャープな表札、ポストという無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインでありながら、重厚な雰囲気が感じられます。コンクリートの白い床面に濃灰色のデザインウォールがくっきりと浮かび上がりますね。ファサードをシャープなイメージにしているのはデザインウォールだけではありません。
ストレートなフォルムのカーポートも印象的です。このキリッとした表情を持つカーポートはYKK APのエフルージュツインという商品。正面の軒先が低くなっているので、雨風の吹き込みを少なくできるという特徴を持ったカーポートです。駐車スペースにシャープな印象を与えますね。大切なお車を守るカーポートはデザインも機能も充実しています。駐車スペースは3台のお車が停められるスペースを確保。普段はカーポートの下にお車を停め、お客様が来られた時はガーデンスペース側にお車をバックすれば、ゲストカーを停めることが可能に。関口様邸を訪れるお客様への
そして玄関までのアプローチのラインはピンコロ石を敷きました。直線的なアプローチでも、暖色のピンコロ石を使えば温かさを感じますね。玄関ポーチから繋がったタイルテラスに進めば、そこはスタイリッシュなアプローチとは対照的にナチュラルで優しいガーデンスペースが広がります。
ガーデンスペースには、アプローチと合わせたピンコロ石の花壇をつくりました。天然石の持つ温かい表情がガーデンスペースを美しく飾ります。ガーデンスペースに植えた植栽は、タイルテラスに木陰をつくり、過ごしやすい空間になることでしょう。低木・中木・高木と高さの違う植栽を入れることでガーデンスペースの表情を豊かにします。夜はライトアップによって昼間とは表情を変え、幻想的な空間に変化。
水やりに必要な立水栓はタイルテラスの中に設置しました。立水栓はポップなカラー選択し、ガーデンスペースの差し色に。目隠しフェンスは樹脂製の木調フェンスを使用しました。樹脂製なので、天然木に比べて雨や乾燥、湿気による腐食に強いというメリットがあります。この目隠しフェンスは、前後にずらすことで奥行きを感じられる空間に。足下にグランドカバーに植えれば、よりナチュラルな雰囲気に仕上がります。天然石や植栽などの自然素材を組み合わせることで、スタイリッシュな中にも温かみのあるエクステリアになりました。