新築エクステリア工事施工事例集

直線的なフォルムに植栽の曲線美が融合したモダンエクステリア~浜本様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

2種類の大判タイルを使用した迫力のあるデザインウォール

スクエアなフォルムが印象的な浜本様邸のお住まいに合わせるため、エクステリアも直線のデザインを取り入れ、一体感を演出しました。
玄関前には目隠しをするため、デザインウォールを造作。玄関側に寄せて造作したデザインウォールは横幅を強調するため、縦30cm×横60cmの長方形のタイルを使用し、迫力のあるエクステリアをデザインしました。このデザインウォールには、表札・インターホン・宅配ボックスを取り付け。玄関ドアの黒い枠に合わせて、表札などのアイテムは黒で統一しました。外壁の色に合わせたデザインウォールに、黒系の小物を取り付けることで、引き締まった印象に。
敷地境界側には60cm角の正方形のタイルで背の低いデザインウォールを造作。このデザインウォールにはダークグレーのタイルを使い、エクステリアにキリッとした表情をプラスしました。このデザインウォールの後ろは自転車スペースとして活用できるよう設計し、前面の通りから見えないようにしています。日々の自転車の出し入れを考え、玄関のすぐ近くに自転車を置けるようにしました。
大判のタイルを使用した2枚のデザインウォールは前後にずらして配置することで、玄関前に奥行き感や立体感が生まれ、スクエアで大きなお住まいと調和の取れたエクステリアになります。

DESIGN POINT 2

スクエアなデザインと植栽の曲線美が融合したファサード

玄関ポーチに使用されるタイルは30cm角のタイルが一般的ですが、浜本様邸では、それよりも小さい20cm角のタイルを使用し、スクエアなイメージを保ちながらも、正面のデザインウォールで使用した大判のタイルが際立つようにしました。またこのタイルは花壇で使用した化粧ブロックとも意匠を揃えています。
花壇には20cm間隔でスリットのデザインが入った、スタイリッシュな印象を抱かせる化粧ブロックを使用しました。タイルと化粧ブロックの幅を合わせることで、花壇が玄関ポーチと一体化したように感じられます。花壇に常緑の樹木やグランドカバーなどの下草を植えれば、スクエアでカチッとしたエクステリアに植栽の曲線美が加わり、温かみのある空間に。
花壇以外の場所にも落葉のアオダモやモミジなどを植え、お住まいを引き立たせています。植栽がつくる自然のままの美しい姿を直線的なエクステリアと融合させ、動きのある景観にデザイン。季節ごとに表情を変える植栽は見る人を楽しませてくれます。モダンなイメージのエクステリアに植栽の柔らかさが加わり、存在感のあるエクステリアが完成しました。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房のスタッフの皆様、この度は大変お世話になりました。一つ一つ丁寧に説明やご提案を頂きましたし、非常に技術力が高い職人の方々のお陰で納得がいく外構になったかと思います。長期目線での庭のデザインと考えに気付かされた事も多かった庭創りでした。
職人の方々は、非常に丁寧ですし、礼儀も正しく細かな部分も対応して頂きまして感謝しております。毎日少しづつ完成していく外構をワクワクしながら観させていただきました。
これから植栽を行い、窓から見える景色も変わって行く事でしょう。
外構と家、そして車や自転車に至るまで見えている空間を一つ一つ共に創れた事が本当に楽しかったです。
また数年後にもお世話になるかと思います。
この度は本当にありがとうございました。

浜本