新築エクステリア工事施工事例集

光に染められた二枚の門袖壁が邸宅へいざなう~横田様邸~

garden-reform-yokota001
garden-reform-yokota002
garden-reform-yokota003
garden-reform-yokota004
garden-reform-yokota005
garden-reform-yokota006
garden-reform-yokota007
garden-reform-yokota008
garden-reform-yokota009
garden-reform-yokota001-サムネイルgarden-reform-yokota002-サムネイルgarden-reform-yokota003-サムネイルgarden-reform-yokota004-サムネイルgarden-reform-yokota005-サムネイルgarden-reform-yokota006-サムネイルgarden-reform-yokota007-サムネイルgarden-reform-yokota008-サムネイルgarden-reform-yokota009-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

スクエアなデザインで統一されたファサード

お住まいとエクステリアのバランスを計算し、スクエアなファサードをデザインしました。お住まいが直線的なデザインですのでエクステリアも直線を使い、イメージを統一。 そうすることでエクステリアがお住まいを引き立てさらに魅力を引き出してくれます。
デザインウォールにもカーポートはアールのデザインは使用せず直線的なデザインを取り入れていますが、淡く優しい色合いを使うことで、イメージが固くなり過ぎず、優しい雰囲気をまとったエクステリアになります。
2台分のお車を駐車できるカーポートは、後方支持タイプと言って後ろ側に柱があるものを選定しました。柱が後ろにあることで、出入りや乗り降りの際に柱が邪魔になりません。実用性、見た目ともにスッキリしたデザインになりました。屋根材は爽やかなスカイブルーを使用。熱吸収性のパネル材を取り付けているため真夏の日差しをカットし、車内の温度上昇を抑えることができます。

DESIGN POINT 2

高さの違う2枚のデザインウォール

玄関前の目隠しをするためデザインウォールを造作。大きなお住まいやカーポートとバランスを取るため、デザインウォールは2枚つくり、ボリュームを出しました。また2枚のデザインウォールは動きを出すために形状を少し変えてあります。奥側の背の高いデザインウォールはモザイクタイルのラインを凹ませ、陰影が生まれるようにしました。同じ素材を使っても、アイディアを1つ加えるだけで印象が違って見えます。
デザインウォールを凹ませたのは、もう一つ理由があります。この凹んだ部分にバーライトを埋め込むことによって夜間は表札とポストが明るく照らし出されるのです。 壁に埋め込むタイプのライトは場所も取らず、門灯としても活躍します。
低いデザインウォールには20cm角のガラスブロックを埋め込みました。 表札と同じ大きさなので統一感がありますね
また既存の玄関上部のライトに合わせて、門周りのライトも暖色系で統一。 高さの違う2枚のデザインウォールにライトを入れることで、デザインウォール全体が光っているように見え、印象に残るファサードになりました。

DESIGN POINT 3

玄関への動線を考え、斜めにデザインされたアプローチ

アプローチはお住まいの外壁やファサードにマッチするよう、柔らかい色合いで構成しました。 駐車場からの出入りを考え、玄関への動線は斜めに取っています。玄関までの道のりは幅を広くしているので、歩きやすいデザインです。
タイルポーチの前には優しい色合いの乱形石を貼り、華やかな景観にします。また玄関へと誘導するため乱形石も斜めに貼りました。

Client Voice お客様の声

我が家が癒樹工房さんに施工を依頼するきっかけとなったのは、インターネットでたまたま見つけたホームページでした。
 カタログ請求で施工事例はどれも素敵なものばかり。又、間違いだらけの外構工事は本当に勉強になりました。打ち合せにて、我が家に最適な外構プランを提案して頂き、工事が始まるとベテランの職人さんが私たちの突然のお願いにも臨機応変に対応して下さり、安心して工事を任せることが出来ました。少しずつ出来上がる工事を毎日見るのは本当に楽しかったです。癒樹工房さんの外構で、家がより素敵になりました。ありがとうございました。

横田