新築エクステリア工事施工事例集

ウッドポールと化粧ブロックがクロスするアーバンテイストのデザインウォール〜杉本様邸〜

garden-reform-sugimoto001
garden-reform-sugimoto002
garden-reform-sugimoto003
garden-reform-sugimoto004
garden-reform-sugimoto005
garden-reform-sugimoto006
garden-reform-sugimoto007
garden-reform-sugimoto008
garden-reform-sugimoto009
garden-reform-sugimoto001-サムネイルgarden-reform-sugimoto002-サムネイルgarden-reform-sugimoto003-サムネイルgarden-reform-sugimoto004-サムネイルgarden-reform-sugimoto005-サムネイルgarden-reform-sugimoto006-サムネイルgarden-reform-sugimoto007-サムネイルgarden-reform-sugimoto008-サムネイルgarden-reform-sugimoto009-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ウッドポールと化粧ブロックがクロスするアーバンエクステリア

木目のナチュラルな雰囲気が加わったアーバンテイストなお住まいの杉本様邸。アール(丸み)のない外観のご新築にうまく融合するよう、エクステリアも曲線を使わずにデザインしました。オリジナリティー溢れるお住まいを引き立てるため、玄関前には目隠しを兼ねたデザインウォールを造作。石を切り出したかのような重厚な化粧ブロックを積み上げてつくったデザインウォールは内部に透かしブロックを組み込むことで、いっそう印象的なデザインになりました。
そしてこのデザインウォールを空間に溶け込ませるために設置したのが、ウッドポールです。ご新築の壁面を彩る木目調のパネルにマッチしたウッドポールをデザインに入れることで、お住まいとの一体感を演出。2種類のカラーにしているので空間にメリハリが生まれました。
主役のデザインウォールを覆うかのようなウッドポールが、お住まいとエクステリアのソリッドさを強調します。またデザインウォールの上部を走る板材に合わせて、ポストも木目調の横のラインを取り入れたタイプを選定しました。明るいウッドカラーがアクセントとして効いています。新築の壁面、ウッドポール、ポストと、統一感がよく出ていますね。

今回使用したウッドポールと板材は内部が空洞になっているので、杉本様邸のようにインターフォンを取り付けたり、立水栓の柱にしたりすることができます。インパクトのあるファサードをつくるフレキシブルなアイテムとして人気の商品です。玄関前を化粧ブロックのデザインウォールのみで覆うより、隙間の出来るウッドポールをプラスすることによって圧迫感を軽減します。また印象的なデザインにすることで視線が玄関ドアよりもデザインウォールに向き、プライバシーの確保にも繋がっています。
さらにデザインウォールには人を誘導する効果も。玄関の正面に一枚の大きなデザインウォールを造作することで、人の動線を左右にセパレートさせることができます。アプローチには階段部分に手すりを設け、階段の高さも低めに設定してあるので、上り下りしやすいデザインになっています。
デザインウォールの両サイドには花壇を設け、ナチュラルな雰囲気をプラス。角地の敷地でよく起こるのが、車が敷地に乗り入れてしまうこと。こうした状況を防ぐため、ピンコロ石を使い、敷地の形状に沿って花壇を造作しましたスタイリッシュなテイストに中にナチュラルさを合わせたオープンエクステリアが出来上がりました。