ガレージとアプローチを結びつけるプラスG〜武川様邸〜

garden-reform-takegawa001

鋭角の三角形状の変形地ながら、それを感じさせない重厚感、高級感あふれる門構え。ご新築のお住まいにふさわしいモダンなクローズドエクステリアの完成です。色味を厳選しシンプルに設計することで、各部の洗練されたデザインが際立っています。

[×]
garden-reform-takegawa002

敷地右側に位置する立派な木目調のガレージと一体感を図るため、門まわり上部にはフレキシブルな汎用材、プラスGで大きな梁を走らせました。梁は柱とともに空間を立体的に包み、デザインの統一に一役買ってくれています。柿渋の落ち着いた色合いが、落ち着いた雰囲気を出していますね。

[×]
garden-reform-takegawa003

門まわりはお庭のスタイルを選ばないナチュラルカラーの親子扉をチョイス。ガラス製のネームプレート、黒い口金のポストにホワイトのインターフォンカバーと、アーバンな雰囲気を醸し出しています。お庭の顔とも言える部分ですので、スタイリッシュなタイルを壁に大きく貼ってメリハリを与えました。

[×]
garden-reform-takegawa004

梁の下部にはダウンライトを取り付け、夜のアプローチを上から照らしてくれるようデザインしました。ただ防犯性をあげるだけでなく光をお庭の一部に組み込むことで、昼とは又違った魅力を引き出させるのが狙いです。

[×]
garden-reform-takegawa005

ガレージのシャッターを開けると、大きなミニバンもすっぽり収まる広々空間が。掃除用具をサイドに置いても乗り降りにまだ余裕があるので、日々の使い勝手も抜群です。床面もビッグサイズの白いタイルを敷き詰め、まるで展示場のような高級感ですね。水や汚れに強い素材なので、長く美しさを実感できます。

[×]
garden-reform-takegawa006

門を抜けると、玄関へはクランク状のアプローチが伸びています。木目調のオフホワイトのタイルがとても美しいですね。足元も要所要所にライトを取り付け、夜のセキュリティもバッチリです。ワンポイントでアプローチ奥の部分には人工芝を敷設し、自然を感じさせてくれるスペースを設けました。

[×]
garden-reform-takegawa007

主庭もモダンなツートンカラーで統一し、前庭同様の美しさを見せてくれます。広々としたタイルテラスは建物とわずかに離して施工することで地震の際の亀裂を防止し、空いた隙間はグレーチングで塞ぐことで物を落とす心配もありません。隣地境界側も同様隙間を設け、化粧砂利と立水栓で空間をうまく埋めています。美しさと利便性を兼ね備えたお庭になりました。

[×]
garden-reform-takegawa008

隣地との空間を隔てるフェンスは柿渋の板材とすりガラスを組み合わせたフェンスを採用。アースカラーで目に安らぎを与えつつもプライバシーも確保し、すりガラスが採光性をアップさせています。フェンスの天端は人の目の高さを超えているので、窓を大きく開けて開放的に使ってもいいですね。

[×]
garden-reform-takegawa009

夜になると、前庭の各所に設置したライトが一斉に光りだします。白い壁に埋め込んだガラスブロックのラインからは、裏側に取り付けたライトによって外からの視線に幻想的な美しさを与えてくれています。

[×]
garden-reform-takegawa010

足元を照らすライトはもちろんLEDライトなので電気代も安くすみます。ライティングはついつい計画の段階で弾かれ勝ちですが、やはり有ると無いとでは夜のお庭の美しさはもちろん、セキュリティの面でも大きく違ってきます。門灯以外にも随所に設置するとお庭に対する愛着が一層湧きますね。

[×]
garden-reform-takegawa011

主庭にも前庭と同じタイプのライトを設置しています。暖色系の光がタイルテラスを優しく輝かせ、柔らかい雰囲気に包まれていますね。

[×]
garden-reform-takegawa012

今回のような変形地では、外見の美しさと生活動線の確保の両立は容易では無い場合もあります。今回は施主様と幾度にもわたる打ち合わせを設けさせてもらい、施主様・デザイナーともに納得できるお庭が完成しました。

[×]

プラスGがファサードに一体感をプラス

鋭角の三角形状の変形地ながら、それを感じさせない重厚感、高級感あふれる門構え。ご新築のお住まいにふさわしいモダンなクローズドエクステリアの完成です。色味を厳選しシンプルに設計することで、各部の洗練されたデザインが際立っています。
敷地右側に位置する立派な木目調のガレージと一体感を図るため、門まわり上部にはフレキシブルな汎用材、プラスGで大きな梁を走らせました。梁は柱とともに空間を立体的に包み、デザインの統一に一役買ってくれています。柿渋の落ち着いた色合いが、落ち着いた雰囲気を出していますね。
門まわりはお庭のスタイルを選ばないナチュラルカラーの親子扉をチョイス。ガラス製のネームプレート、黒い口金のポストにホワイトのインターフォンカバーと、アーバンな雰囲気を醸し出しています。お庭の顔とも言える部分ですので、スタイリッシュなタイルを壁に大きく貼ってメリハリを与えました。
梁の下部にはダウンライトを取り付け、夜のアプローチを上から照らしてくれるようデザインしました。ただ防犯性をあげるだけでなく光をお庭の一部に組み込むことで、昼とは又違った魅力を引き出させるのが狙いです。
ガレージのシャッターを開けると、大きなミニバンもすっぽり収まる広々空間が。掃除用具をサイドに置いても乗り降りにまだ余裕があるので、日々の使い勝手も抜群です。床面もビッグサイズの白いタイルを敷き詰め、まるで展示場のような高級感ですね。水や汚れに強い素材なので、長く美しさを実感できます。

カラーを抑えて高級感を演出したアプローチ

門を抜けると、玄関へはクランク状のアプローチが伸びています。木目調のオフホワイトのタイルがとても美しいですね。足元も要所要所にライトを取り付け、夜のセキュリティもバッチリです。ワンポイントでアプローチ奥の部分には人工芝を敷設し、自然を感じさせてくれるスペースを設けました。
主庭もモダンなツートンカラーで統一し、前庭同様の美しさを見せてくれます。広々としたタイルテラスは建物とわずかに離して施工することで地震の際の亀裂を防止し、空いた隙間はグレーチングで塞ぐことで物を落とす心配もありません。隣地境界側も同様隙間を設け、化粧砂利と立水栓で空間をうまく埋めています。美しさと利便性を兼ね備えたお庭になりました。
隣地との空間を隔てるフェンスは柿渋の板材とすりガラスを組み合わせたフェンスを採用。アースカラーで目に安らぎを与えつつもプライバシーも確保し、すりガラスが採光性をアップさせています。フェンスの天端は人の目の高さを超えているので、窓を大きく開けて開放的に使ってもいいですね。

足元を照らすライトがナイトシーンをよりスタイリッシュに

夜になると、前庭の各所に設置したライトが一斉に光りだします。白い壁に埋め込んだガラスブロックのラインからは、裏側に取り付けたライトによって外からの視線に幻想的な美しさを与えてくれています。
足元を照らすライトはもちろんLEDライトなので電気代も安くすみます。ライティングはついつい計画の段階で弾かれ勝ちですが、やはり有ると無いとでは夜のお庭の美しさはもちろん、セキュリティの面でも大きく違ってきます。門灯以外にも随所に設置するとお庭に対する愛着が一層湧きますね。
アプローチのフォーカルポイント(見どころ)である白い壁の前の中心にライトをひとつだけ取り付けることで壁全体が淡く光り、独特な魅力を見せてくれます。化粧砂利の部分に株立ちの木を取り付けると、またさらに違った美しさを堪能できることでしょう。
主庭にも前庭と同じタイプのライトを設置しています。暖色系の光がタイルテラスを優しく輝かせ、柔らかい雰囲気に包まれていますね。