プラスGが創る異空間〜進藤様邸〜

《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-01

家の前にバスの停留所があり、朝晩必ず行列ができるため、手付かずだった庭部分をかっこ良く見せたい・・・でもプライベートな部分は隠したい。リビングからよく見えるお隣との家との境に上手な目隠しも欲しい・・・。そんな色々なお悩みをお持ちのお客様からのご相談でした。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-02

今回のご提案のメインはLIXILのプラスG。敷地に合わせて自由な設計が出来、組み合わせは無限大にある、今までに無い商品です。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-03

隠したい場合はパネルをスモークにしたり、テラスの上に屋根を掛ければちょっとした雨でも慌てる事がありません。またタイルの上の屋根はサイクルポートに利用出来ます。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-04

道路から見える床は、こげ茶色のタイルに4分の1の大きさにカットした白タイルをアクセントに配置し、デザインを整えました。プラスGの柿渋色ととても良く似合っています。目地部分にはエコでおすすめのソーラーライトを埋め込んでいます。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-05

プラスGの空間の奥には芝のスペースが。茶も緑も自然の色なので、色調の相性は抜群ですね。右の縦格子が程よい目隠しになっているので、主庭のプライバシーはキチンと保たれています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-06

全面のプラスGとタイルの空間を抜けるとウッドデッキがお庭の中心にあります。広々としたデッキにもプラスGを囲わせ、視線と雨からウッドデッキを守ります。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-07

お庭のコーナーにはフォーカルポイント(見どころ)として、背の低いデザインウォールを造作しました。ガラスブロックも埋め込んだ壁はさらに爽やかな印象です。壁と壁の間に植えた株立ちの木もとても美しいですね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-08

ウッドデッキはリビングルームの高さとほぼ同じ高さなので、とてもフラットでお庭へ出易くなっています。お子様の為にも段差を解消したのがお庭の使い易さの秘訣です。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-09

プラスGは好きな場所に自由にパネルを取り付けられます。左側からは道路からの視線を遮る為に一面、隣地側は隣家の窓の部分だけを隠してあります。 適度な囲われ感がプライベート感をアップしていますね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-10

縦格子の前にも植栽を植えてナチュラルテイストを前面に出しています。シンボルツリーとして植えた高木なので、夜は一層素敵に見えるよう下部にスポットライトを2機取り付けました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-11

側面から見えると壁にしか見えない物体、実は立水栓の一部です。薄い藍色がお庭の良いアクセントに成っています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-12

立水栓はL字型の低い壁を作り、その中に給水管を埋め込んで作りました。とても印象的な水まわりですね。排水口は砂利に隠し、床面のデザインの統一を図りました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-13

道路側から見える隣家側のデザインウォールには等間隔にウッドポールと下草を織り交ぜて、リズミカルかつナチュラルに。バス停で並んでいる人も思わず見とれる美しさです。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-14

タイルの間に入れたスリットには各所に使っている化粧砂利を入れて、その間に埋め込んだメンテナンスフリーのフットライトが夜を照らします。蓄光タイプなので電気代はかかりません。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-15

完成後、出来映えがあまりにも素晴らしいのでLIXILのコンクールに出展した所、全国銅賞を頂きました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-進藤様邸-16

当初は道路側にも隣家側にも仕切りや壁などが無く、プライバシーを保つ事が出来ない状態でした。

[×]

プラスGで格好良くプライベートも隠せるエクステリアに

家の前にバスの停留所があることから、LIXILのプラスGで隠し過ぎない目隠しを造作しました。
道路に面している側と隣家の窓の部分のパネルをスモークにして、サイクルポートの上には屋根を設置。
隠したい部分だけを隠しているので、圧迫感も軽減できています。
縦格子の前にはシンボルツリーを植樹。
下部にスポットライトを2機取り付けたので、夜も美しさを楽しめます。
また隣家側のデザインウォールには等間隔にウッドポールと下草を織り交ぜてナチュラルテイストに仕上げました。

 

床面はシックな色のタイルを使用してモダンにデザイン

道路側の床は、こげ茶色のタイルと4分の1にカットした白タイルを組み合わせてデザイン。
タイルのスリットには各所に使っている化粧砂利とフットライトを入れました。
蓄光タイプなので、電気代がかからないのが嬉しいですね。

 

プラスGの奥に広がる癒しの空間

目隠しのプラスGの奥には芝のスペースを造作。
右の縦格子が程よい目隠しになっているので、プライバシーがしっかり保たれています。
その先のお庭のコーナーには、背の低いデザインウォールを造作しました。
清潔感のある白い壁とガラスブロックが、素敵なフォーカルポイント(見どころ)になっています。
お庭の中心にあるウッドデッキも、プラスGで囲うことで視線と雨から保護。
リビングルームとほぼ同じ高さで造作したので、お子様も楽に出入りできますね。

 

藍色が印象的なオリジナルの立水栓

薄い藍色が素敵なアクセントになっている立水栓は、L字型の低い壁を作り、その中に給水管を埋め込んで作りました。
パッと見ただけではわからない、お洒落な立水栓ですね。
排水口は砂利で隠し、床面のデザインを統一しています。