プラスGによる狭小敷地の活かし方~敷井様邸~

《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-01

おうちの横を通り抜けるとそこには縦格子とグリーンに囲まれた、ほっとできるスペースが。お隣さんの既存の高木もシーンに彩りを与えてくれて、明るいコーナーになりました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-02

前面はご主人の愛車の駐車スペースを十分に確保した仕上がりになりました。立ち上げたデザインウォールの色もおうちの持つ雰囲気に合うよう色を統一し、一体感を持たせています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-03

リビング前のお庭には目隠しをするために「プラスG」という商品を使用しました。目隠しをすると暗くなりがちですが、すりガラス調のパネルを使用することで採光もばっちりです。またパネルの間を縦格子にすることで通風も確保できます。柱の一部にナチュラルな色を入れることによってさらに軽い印象を与えています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-04

角格子タイプのパネルは自由な位置に取付が可能です。今回は隣地の視線を遮るだけに留め、足元は覆いませんでした。それにより場に圧迫感が生まれました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-05

駐車場側はコンクリートの色に近い自然石をアプローチに使用し、階段からは既存の玄関ポーチにつながるように赤い乱形石を使用しました。アプローチは毎日通るところであり一番目立つところなので、なるべくいい素材を使ってあげるのが全体の雰囲気を引き締めるコツです。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-06

階段に使用した石材は、自然の持つ温かみのある雰囲気をかもし出しています。豊かな色幅で、見入るたびに新たな発見と喜びがあります。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-07

デザインウォールにはモザイクタイルを横に入れてデザインしてあります。表札とインターホンがモザイクタイルの中に入ることでうまく一体感のあるデザインに仕上がりました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-08

敷地境界のプラスGは全てを格子で区切らず、部分的に隙間を多く取りました。借景をする事でお隣の植栽もシーンの一部として綺麗に収まっていますね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-09

既存ポーチの縁にはサビ色のピンコロを使用しました。アプローチ側は石材を多く使いましたが、主張し過ぎない色を選択したので、色調もまとまっています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-10

この消火栓のようなモノ、実は水道の蛇口です。こういった小物にもちょっとこだわると、長く大切に使っていただけると思います。蛇口は種類も豊富なのでお好きなものから選んで付けることができますよ。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-敷井様邸-11

階段へと続くアプローチに使用したのはサイズの違う方形石です。色を組み合わせることで、まるでモザイク画のような美しい床面を作ることができます。

[×]

プラスGで描く敷地境界の模範例

おうちの横を通り抜けるとそこには縦格子とグリーンに囲まれた、ほっとできるスペースが。お隣さんの既存の高木もシーンに彩りを与えてくれて、明るいコーナーになりました。

リビング前のお庭には目隠しをするために「プラスG」という商品を使用しました。目隠しをすると暗くなりがちですが、すりガラス調のパネルを使用することで採光もばっちりです。またパネルの間を縦格子にすることで通風も確保できます。柱の一部にナチュラルな色を入れることによってさらに軽い印象を与えています。

角格子タイプのパネルは自由な位置に取付が可能です。今回は隣地の視線を遮るだけに留め、足元は覆いませんでした。それにより場に圧迫感が生まれました。

敷地境界のプラスGは全てを格子で区切らず、部分的に隙間を多く取りました。借景をする事でお隣の植栽もシーンの一部として綺麗に収まっていますね。

 

石というマテリアルに特化したガーデン

前面はご主人の愛車の駐車スペースを十分に確保した仕上がりになりました。立ち上げたデザインウォールの色もおうちの持つ雰囲気に合うよう色を統一し、一体感を持たせています。

駐車場側はコンクリートの色に近い自然石をアプローチに使用し、階段からは既存の玄関ポーチにつながるように赤い乱形石を使用しました。アプローチは毎日通るところであり一番目立つところなので、なるべくいい素材を使ってあげるのが全体の雰囲気を引き締めるコツです。

階段に使用した石材は、自然の持つ温かみのある雰囲気をかもし出しています。豊かな色幅で、見入るたびに新たな発見と喜びがあります。

デザインウォールにはモザイクタイルを横に入れてデザインしてあります。表札とインターホンがモザイクタイルの中に入ることでうまく一体感のあるデザインに仕上がりました。既存ポーチの縁にはサビ色のピンコロを使用しました。アプローチ側は石材を多く使いましたが、主張し過ぎない色を選択したので、色調もまとまっています。

この消火栓のようなモノ、実は水道の蛇口です。こういった小物にもちょっとこだわると、長く大切に使っていただけると思います。蛇口は種類も豊富なのでお好きなものから選んで付けることができますよ。

階段へと続くアプローチに使用したのはサイズの違う方形石です。色を組み合わせることで、まるでモザイク画のような美しい床面を作ることができます。

 

 

敷井様感想文