新築エクステリア工事施工事例集

日本にいながらバリの風を感じるアジアンエクステリア〜亀田様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

自然素材をとことん使ったバリテイスト

バリ島が大好きな亀田様。バリをイメージしたお庭にするためには、天然石と南国を思わせる植物や木々の融合は欠かせません。アプローチやお庭にも自然の素材を惜しみなく使い、日本にいてもバリを思わせるオリエンタルな空間になるよう、デザインしました。

また、お家の顔とも言える玄関前の門袖に使用したのは、国産の杉です。アジアの杉の雰囲気を演出するため、また本物にしか出せない風合いを追求しました。「天然木は腐るのでは?」とご心配される方も多いですが、この杉は高熱処理をしており、腐食に強いのが特徴です。雨の日には、杉が濡れて木の香りが漂い、見た目も香りも楽しめます。

駐車場はアンティークで形がランダムな自然石を使用。コンクリートも斜めにし、単調さが出ないよう工夫しています。玄関への階段は乱形石を使いました。アイテムが違っても色を統一することによってまとまりが出来、かつ変化をもたせています。花壇に植える植栽はバリのイメージに合うようにニューサイランやシダ類、マホニアコンフーサなどをセレクト。

DESIGN POINT 2

2つの顔を持つお庭

ご自宅のワークスペース部分に広がるお庭はベンチを設け、玄関の門袖とデザインを合わせた背もたれがポイントです。風も光も取り入れられるデザインブロックが、南国のイメージをアップさせます。お仕事中にふとお庭を見たときに癒されることでしょう。プライベートな空間からつながるお庭は縦格子のフェンスで囲い、ワークスペース側とは印象を異にしています。南国を感じさせる植物が、非日常を感じさせてくれますね。庭にも天然素材を使っているので、自然が生み出す景色に癒しを感じます。

DESIGN POINT 3

ライティングにもアジアンテイストを

アジアンテイストへのこだわりは昼間だけではありません。ライティングによって、家の外壁に植栽の影が映るよう照明を配置しました。亀田様邸の前を通る方もきっと癒されることでしょう。南国のリゾートを感じさせる景色に、心が奪われます。

Client Voice お客様の声

感想文

今回、新築の外構部分をどうするか迷っていた際に、
癒樹工房さんの存在を知り、おまかせすることになりました。
想像以上の素晴らしい出来栄えに大変感激しております!
私たちはもちろん大満足ですが、近所の方からの評判も非常に良く、
家族や友人を呼ぶたびに褒められる庭になりました。
私たい夫婦は今回、家をたてる上での共通のキーワードとして
「アジアンリゾート風」というものを意識してデザインを決めていきました。
外構に関してもリゾート風、特にバリ島にいるかのような雰囲気を出したいと思いながら何度も打ち合わせをさせていただきました。
今回デザインをお願いした小林さんには、打ち合わせのたびに私たちの想像を超える提案をしていただき本当に感謝しております!
デザイナーさんも職人さんも腕が良く、皆さんがそれぞれご自身が納得できる仕事をされていると感じました。癒樹工房の皆様、これからも何かとお世話になることがあると思いますが、
末永くどうぞ宜しくお願いします!
亀田 亜空

夫婦でバリ島が好きで、バリ風の庭にしたい。そんな夢を持っていたものの、
ハウスメーカーさんからのイメージ図にがっかり。そんな時にたまたま癒樹工房さんの
強気なWeb広告を目にし、ここならと思って資料請求をしました。
同時に他の会社にもイメージ図を作ってもらっていましたが、癒樹工房さんとの
打ち合わせでの引き出しの多さや考えの柔軟さ、情熱は段違い! 「もうここしかない!」
と施工をお願いしました。
癒樹工房さんの良いところは要望以外にもこちらの趣味嗜好や生活スタイルを把握して
デザインに落とし込んでくださること。担当が決まったら責任を持って完成まで
対応してくださること。デザイナーさんと直に話せるところです。
しかもその担当の方々や工事に来る職人の方々まで礼儀正しく腕が良い!
共働きなため、打ち合わせは休みの日や夜ばかりでしたが快く応じてくださり、
楽しいおしゃべりもたくさんしました。連絡や進捗報告もLINEで行われ、
気軽に質問でき、すぐに返信をいただけてとても助かりました。
デザインイメージは質の高いCGで作られ、ノートPCで色々なアングルから見られたり、
時間帯ごとのイメージを出して頂き、想像しやすかったです。
こうした部分も伝統に囚われず、柔軟な考えを持つ騎乗だから出来るものなのだろうと思います。
バリ島の要素を日本の機構や土地の日当たり、将来的にケアできる範囲を現実的に考えた時、
どう落とし込むかが計算しつくされ、大好きなバリ島ウブドを思い出させてくれる庭になりました。
この先ケアでのお付き合いも楽しみです。最高の仕事をありがとうございました。
亀田 優希