目指したのは都会のエントランスホテル~鬼澤様邸~

onizawa01-01

夜、アッパーライトと等間隔に設置されたダウンライトが施主様のエントランスをスタイリッシュに彩ります。使うアイテム、素材を厳選し、洗練された空間が見る人の心を捉えます。

[×]
onizawa01-02

門袖壁の上には「プラスG」という商品を使用し、駐車スペースとつなぐゲートを作りました。こちらはお客様のリビングの天井にあった木の梁のイメージを投影させています。

[×]
onizawa01-03

空間を最大限使用し、広く見せることによって限りあるスペースもゆとりのある空間にすることができました。

[×]
onizawa01-04

門袖壁は2枚をずらして設置しました。自然石と凹凸のあるタイルを貼り、下には照明を仕込んでいます。

[×]
onizawa01-05

アプローチは道路から見て2回曲げています。そうすることによってアプローチを長く見せる効果があります。床には黒い乱形石とグレーの方形石を使用しコントラスト豊かなアプローチになりました。

[×]
onizawa01-06

夜には石の凹凸とタイルの凹凸が浮かび上がり、印象的な仕上がりになりました。地面と接している部分には植栽を入れると自然な雰囲気に見えます。

[×]
onizawa01-07

プラスGのフレームにはLED照明を埋め込んでいます。アプローチを幻想的に照らし、夜の歩行も安全になります。

[×]
onizawa01-08

ナイトシーンでアクセントになっているのは、2枚の壁の間に取り付けたポールライトです。直線的に照らすアッパーライトと違い辺りをぼんやりと照らすので、後ろの壁自体が淡く光っているかのようです。

[×]
onizawa01-09

夜の為のエクステリアと言っても過言ではない鬼澤様邸のエントランス。あまりに印象的な門袖壁とプラスGが存在感を出しているので、ドアの前に目隠しがなくても自然に通りの視線からプライバシーを保護してくれます。

[×]

夜に映えるスタイリッシュなモダンエントランス。

夜、アッパーライトと等間隔に設置されたダウンライトが施主様のエントランスをスタイリッシュに彩ります。使うアイテム、素材を厳選し、洗練された空間が見る人の心を捉えます。

門袖壁の上には「プラスG」という商品を使用し、駐車スペースとつなぐゲートを作りました。こちらはお客様のリビングの天井にあった木の梁のイメージを投影させています。 空間を最大限使用し、広く見せることによって限りあるスペースもゆとりのある空間にすることができました。

ナイトシーンでアクセントになっているのは、2枚の壁の間に取り付けたポールライトです。直線的に照らすアッパーライトと違い辺りをぼんやりと照らすので、後ろの壁自体が淡く光っているかのようです。

夜の為のエクステリアと言っても過言ではない鬼澤様邸のエントランス。あまりに印象的な門袖壁とプラスGが存在感を出しているので、ドアの前に目隠しがなくても自然に通りの視線からプライバシーを保護してくれます。

 

エクステリアを支える厳選されたマテリアル。

門袖壁は2枚をずらして設置しました。自然石と凹凸のあるタイルを貼り、下には照明を仕込んでいます。

アプローチは道路から見て2回曲げています。そうすることによってアプローチを長く見せる効果があります。床には黒い乱形石とグレーの方形石を使用しコントラスト豊かなアプローチになりました。

夜には石の凹凸とタイルの凹凸が浮かび上がり、印象的な仕上がりになりました。地面と接している部分には植栽を入れると自然な雰囲気に見えます。 プラスGのフレームにはLED照明を埋め込んでいます。アプローチを幻想的に照らし、夜の歩行も安全になります。

 

お客様からのお喜びの声

お客様からのお喜びの声