大きなゲートで広がりを演出~藤村様邸~

fujimura01-01

一階と二階の入り口に大きくかかるゲートが印象的な藤村様邸。LIXILのプラスGで組んだゲートは2世帯のおうちを囲うシンボルとも言えるパーツです。他ではお目にかかれない斬新なエントランスになりました。

[×]
fujimura01-02

一歩引いてみると改めてゲートの存在感が際立ちます。ゲートの高さを目立たせることで奥のむき出しの階段に目を向かせない手法をとるため、他の構造物は全て高さを抑えています。

[×]
fujimura01-03

素焼きの様な質感のナチュラルなタイル表札です。チョコレート色の手書き風イラストがアクセントになってエントランスがほっこり和みます。

[×]
fujimura01-04

乱形石もゲートに負けない存在感のある石を選びました。ブルーをベースに少しグレーを帯びたスモーキーカラーは、アーバンな住宅などシンプルな空間に溶け込みやすいマテリアルです。

[×]
fujimura01-05

リビングと道路境界・隣地境界が非常に近いので、高めのウッドフェンスでしっかりと区切りました。板の隙間も狭くすることで外からの視線を気にせず窓を開けられます。

[×]
fujimura01-06

タイルとウッドフェンスの柱の収まりを考え、境は植栽のスペースにしました。こうすることでタイルに切り物が生じず、かつ緑から安らぎが得られます。コーナーには見所の一つとして低めの木を植えて場のアクセントとしました。

[×]
fujimura01-07

床面でも使用した石材を加工し、オリジナルの立水栓を造作しました。渋めの佇まいとマットな質感の蛇口の組み合わせで、昔からそこにあったかのような雰囲気を出しています。

[×]
fujimura01-08

夜は照明が一段と素敵な別世界を表現します。建物の白い壁をキャンバスに木々の影が映りだされ、通る人の目を奪います。

[×]
fujimura01-09

家を囲むように造られた花壇は枡などを上手く隠すとともに、ライトアップされた高木や下草が季節ごとに様々な表情を見せてくれます。

[×]
fujimura01-10

門周りをしっかり照らすのはダウンライトではなく、アッパーライトです。下から強力にライトアップするライトを上部に持ってくることで、ライトと表札に距離があっても十分な光を得られます。

[×]
fujimura01-11

1階のドアを開けるときは必ずこの光景が目に入ります。家に帰るとき、植栽と光の競演が心を癒してくれます。

[×]
fujimura01-12

暗闇の中で光に包まれることでゲートが重厚感を増し、建物全体の印象を引き立てています。

[×]
fujimura01-13

主庭のテラスを温かく彩るポールライトはフェンスの隙間から外側へと光を伸ばし、内外に幻想的な風景を作り出しています。

[×]

オープン外構の基盤となる存在感抜群のワイドなゲート。

一階と二階の入り口に大きくかかるゲートが印象的な藤村様邸。LIXILのプラスGで組んだゲートは2世帯のおうちを囲うシンボルとも言えるパーツです。他ではお目にかかれない斬新なエントランスになりました。

一歩引いてみると改めてゲートの存在感が際立ちます。ゲートの高さを目立たせることで奥のむき出しの階段に目を向かせない手法をとるため、他の構造物は全て高さを抑えています。

素焼きの様な質感のナチュラルなタイル表札です。チョコレート色の手書き風イラストがアクセントになってエントランスがほっこり和みます。

乱形石もゲートに負けない存在感のある石を選びました。ブルーをベースに少しグレーを帯びたスモーキーカラーは、アーバンな住宅などシンプルな空間に溶け込みやすいマテリアルです。

床面でも使用した石材を加工し、オリジナルの立水栓を造作しました。渋めの佇まいとマットな質感の蛇口の組み合わせで、昔からそこにあったかのような雰囲気を出しています。

 

白い壁のキャンパスに木々と光が自然の絵画を描く。

夜は照明が一段と素敵な別世界を表現します。建物の白い壁をキャンバスに木々の影が映りだされ、通る人の目を奪います。

家を囲むように造られた花壇は枡などを上手く隠すとともに、ライトアップされた高木や下草が季節ごとに様々な表情を見せてくれます

。 門周りをしっかり照らすのはダウンライトではなく、アッパーライトです。下から強力にライトアップするライトを上部に持ってくることで、ライト表札に距離があっても十分な光を得られます。

 暗闇の中で光に包まれることでゲートが重厚感を増し、建物全体の印象を引き立てています。

 

狭小地でもプライバシー性を保つ素敵な中庭に。

リビングと道路境界・隣地境界が非常に近いので、高めのウッドフェンスでしっかりと区切りました。板の隙間も狭くし、外からの視線を気にせず窓を開けられます。

タイルとウッドフェンスの柱の収まりを考え、境は植栽のスペースにしました。こうすることでタイルに切り物が生じず、かつ緑から安らぎが得られます。

コーナーには見所の一つとして低めの木を植えて場のアクセントとしました。

主庭のテラスを温かく彩るポールライトフェンスの隙間から外側へと光を伸ばし、内外に幻想的な風景を作り出しています。