「白亜」という言葉がよく似合う、洗練されたセミクローズエクステリア〜高橋様邸〜

《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-01

自宅兼事務所を建築された高橋様。ご家族と来客の方の動線を分けるため、アプローチの素材を2種類使っています。高さのある建物の外観に負けないよう、アプローチの階段には畳1枚分程もある大きなサイズの一枚石を使いました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-02

とっても印象的な石畳は高橋様邸を訪れた方に大好評のようです。どんな施設や自然公園でもここまで立派な自然石のアプローチはなかなかお目にかかれません。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-03

ホワイトの擬石で作った門袖壁は、お住まいの外壁からイメージを膨らませました。躯体のデザインをアレンジしたり踏襲したりする事で、お住まいとお庭が一体化することが出来ます。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-04

道路から玄関まで距離があるため、雨に配慮して門扉の前後に建物と一体になるような屋根を付けました。建物が横に広がったように見えるので、より大きく立派に見えますね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-05

門袖壁下のちょっとしたデッドスペースには、ピンコロで縁取った可愛らしい花壇を造作。小物を置いてさらに印象的な雰囲気になっていますね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-06

ご家族用の玄関とお客様の玄関を分けているので、ここでアプローチは2つに分かれます。お客様用のアプローチは足腰の弱い方もおこしになれるよう、段差を低めに作ってあります。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-07

白の乱形石と同じく白の擬石の壁の組み合わせは、とても洗練された印象を与えます。お金を扱うお仕事をされている方なので、意図的に固さを出してみました。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-08

白の床面と壁面にとてもマッチしているのが、ロートアイアン製のフェンスです。門扉と同じく細身のデザインがスタイリッシュさをより強調しています。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-09

夜の雰囲気も楽しめるよう、広めのカースペースには計画的にライトを設置しました。ポールライトとダウンライト、下からと上からのライティングにより、建物が立体的に浮かび上がってきます。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-10

お客様用の広く低い階段には、両端にジグザク状に下草と化粧砂利のスペースがあります。雰囲気を変えて化粧砂利を高木のスペースに変えれば、大規模な工事をせずとも簡単に雰囲気を変えられますね。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-11

躯体と一体化した汎用材は、LIXILのプラスG。とてもフレキシブルな商品なので、プランナーのデザイン通りに姿を変えてくれます。このように任意の場所にライトも取り付けられるので、とても人気の商品です。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-12

アプローチとカースペースを明るく照らしてくれる背の高いポールライトは、光源に縦の線があるので夜に光ると3本の影のラインが印象的に伸びてくれます。

[×]
《新築エクステリア工事写真集》-高橋様邸-13

お施主様のご意見・ご要望、職業のイメージを加味した結果、このような荘厳かつ美しいセミクローズエクステリアが完成しました。このデザインに至るまで沢山の時間がかかりましたが、十分に納得出来るお庭が出来たと思います。

[×]

豪華で清潔感がある印象的なアプローチ

カースペース横の階段には畳1枚分程もある一枚石を使用し、立派な印象に。
お住まいが自宅兼事務所ということで、2つのアプローチを造作。
ご家族用と来客用で動線を分けるため、素材も2種類使用しました。
お客様用のアプローチは、足腰の弱い方でも上りやすいように段差を低めに設計。
両端に下草と化粧砂利のスペースを設けました。将来的には、化粧砂利を高木の植栽スペースにすることも可能です。
ご家族用のアプローチはお仕事の印象に合わせて、白の乱形石と白の擬石を組み合わせて洗練された硬い印象にしました。

 

スタイリッシュと可愛さが融合した門周り。

門袖壁はお住まいの外壁との調和を意識しながらホワイトの擬石で造作。
足元のデッドスペースには、ピンコロ石花壇を造作しました。置いてある小物も可愛らしいですね。
ロートアイアン製の細身のフェンスも、床面や壁と調和してスタイリッシュな印象になっています。

 

移動の際に雨で濡れないようにプラスGで屋根を造作。

玄関までの移動中に雨などで濡れないように、門扉の前後に屋根を取り付け。
建物と一体化して横に広がったように見えるデザインにしました。
使用した汎用材はLIXILのプラスGで、ライトも取り付けてあります。

 

夜もエクステリアを楽しめるよう計画的に光源を配置。

ポールライトダウンライトで、上下から建物を立体的に浮かび上がらせました。
特に背の高いポールライトは、光源にある縦の線が影のラインになって印象的です。

 

お客様からのお喜びの声

お客様からのお喜びの声