ガーデンリフォーム工事施工事例集

タイルと人工芝でお子様と遊べるお庭に大変身〜木村様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

砂利のみだったガーデンスペースもタイルと人工芝で団欒スペースに

門扉を開ければインターロッキングブロックと砂利のみだったガーデンスペースも、タイルと人工芝によって雰囲気は大きく変わりました。お客様も目にする玄関まわりはシックな色調の二色のタイルでまとめ、新たに植えたシンボルツリーの先には人工芝を敷設してお子様と遊べる空間をデザイン。メンテナンスの入らないタイルや人工芝を効果的に使うことで、ガーデンスペースのゾーニングを大きく変えずに使い勝手や雰囲気は一変。エクステリアへの愛着が一層深まるリガーデンとなりました。

玄関まわりはドアと雰囲気を合わせてブラウンのタイルを多めに貼り、お住まいとエクステリアに一体感を出しました。
今までは玄関前に立つとガーデンスペースが丸見えの状態でした。ガーデンスペースはご家族のプライベートな空間ですが、空間を仕切るものはありませんでした。しかし完全にクローズにしてしまうと玄関側からの動線が塞がれてしまいます。そこでLIXILのプラスGを使って、玄関とガーデンスペース明確に仕切りを設けました。ゲートをくぐるという演出によって、空間を仕切ります。プラスGには縦格子の目隠しを設け、プライベートな空間が見えないようにしました。また格子の前には株立ちの樹木を植樹。落葉樹を植えることで玄関まわりがさらに印象的に。手前の落葉樹がフォーカルポイントになり、奥のガーデンスペースへ視線が抜けていくのを防ぐ役割うぃ持たせました。夜はライトアップさせて、幻想的な雰囲気に仕上げました。
プラスGのゲートを抜けると、玄関前とは打って変わってナチュラルテイストな空間が広がっています。広めのタイルデッキはオフホワイトのタイルをメインに使い、隣接するコンパクトな花壇には色とりどりの草花が並んでいます。

花壇と同じ塗り壁仕様の立水栓は、同じ壁の中に蛇口、水受け、タオル掛けに小物を置くスペースと、可愛らしいアイテムがぎゅっと凝縮されています。

タイルスペースの先は、一面を緑の絨毯で覆った人工芝の空間です。人工芝は砕石を転圧した後に川砂を敷き、その上に防草シートを敷設した上に初めて敷きます。これだけの工程を経ているので、水たまりや雑草の心配はありません。コンクリートなど硬い素材は一切使っていないので、お子様が転んでも安心ですね。もちろん天然芝と違って手入れ入らずなのも嬉しいポイントです。人工芝は小さいお子様がいらっしゃるご家族やお忙しいご家庭にはピッタリのアイテムです。

Client Voice お客様の声

感想文

この度はステキなお庭を作っていただきありがとうございました。
以前は、砂利を敷いただけの庭でしたので子供が庭で游ぶこともほどんどありませんでした。子供が遊べる庭にしたいと思い、エクステリア業者を探していたところ、癒樹工房さんの施工例を見つけステキなお庭を作る会社だなと思いました。また、癒樹工房さんの会社方針をネットで見て妙に自分自身納得してしまい、この癒樹工房さんにお願いしようと決めました。
打ち合わせの際は、何となくこんな庭にしたいとあいまいに伝えたのに対し、いろいろとプランを出してくれて、さすがプロだなと感じました。打ち合わせを重ねていくうちに、担当の原田さんはまるで自分の家の庭を作るかのように楽しんでいて、多くのアドバイス(こんな色がいいですよ〜、ここはもっとこうした方がいいよ等)をして下さいました。また、庭を工事してくれた水野さんもとても丁寧に仕事をして下さりステキなお庭が出来上がりました。息子は水野さんが大好きだったようです(笑)
これから子供と庭でバーベキューやプールをするのが楽しみです。本当にありがとうございました。

木村