新築エクステリア工事施工事例集

北欧のナチュラルな温もりをエクステリアにも~根本様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

建物を引き立てる温かみのあるマテリアル

根本様邸の建物は北欧スタイル。北欧住宅はシンプルかつ木のナチュラルな素材感と自然の光を取り入れたデザインが特徴です。まさに“自然と暮らす”というイメージですね。エクステリアにも自然を感じられる素材を使い、温かみのあるデザインにしました。アプローチに使用したのは天然石とコンクリート製の枕木。天然石が陽の光に照らされ、キラキラとした輝きを見せます。アプローチが華やいだ雰囲気になりますね。枕木は天然木ではありませんが、木のリアルなテクスチャーがナチュラルな雰囲気をつくりだします。枕木の隙間と駐車場のスリットは天然芝を。天然芝にそれぞれの空間を繋ぐ役割を持たせることで、アプローチと駐車場に一体感が生まれます。
アプローチを進んだ先には玄関ポーチ。玄関ポーチにはテラコッタ風のタイルを使用しました。テラコッタとは、建築物の装飾品などに使われる素焼きの焼き物のことで、茶色がかったオレンジやベージュなど素朴で暖かみのある色が特徴です。このテラコッタの風合いや色ムラなども再現したタイルは、アンティークで温かみのある雰囲気を醸しだし、北欧風の建物を引き立てます。また玄関ポーチは駐車場側に階段をつくり、日々の動線を考えた設計にしました。玄関を開けた時に中を見えないように隠してくれるのは、曲線を描いたデザインウォールです。デザインウォールは四角にはせず、丸みを持たせることで、エクステリア全体のナチュラルな雰囲気に溶け込みます。
表札はアルミ鋳物を設置。鋳物ならではの立体感、細かい質感がアンティークな印象を与えます。ポストも景観に馴染むドーム型のものをセレクトしました。デザインウォールと一体となった花壇にはあえて色の濃いピンコロ石を使い、締め色に。花壇のシンボルツリーと枕木のポールによって木の温もりが感じられますね。

Client Voice お客様の声

感想文

今回癒樹工房に外構をお願いしたことは良かったと思いました。新築で家を建てる際に、北欧風の白色を基調としたものにし、外構で失敗をしたくないと思い、インターネットで探していたところ、イメージしていたものに近い施工例を見つけ、ここでお願いしたらどのようなものを作ってくれるのだろうとの思いから話を聞くことにしました。最初に話を聞いた際に、その場で提案してくれたものが私たち夫婦で考えていたイメージと重なり、癒樹工房なら私たちが満足いくものにしてくれると確信し、外構をお願いすることにしました。
打合せの際も、まったく分からない私たちに親切丁寧に説明していただいたので、自分たちで決めることも決めやすく納得して打ち合せを終えることが出来ました。外構工事も予定どおりスムーズに終わり、完成後見た時に家のイメージに合う外構の仕上がりだったので改めて癒樹工房で良かったと思いました。担当者の方の対応も親切丁寧だったことも満足しています。今回は前庭だけしかできませんでしたが、今後残りの部分も癒樹工房にお願いしたいと考えています。今回いろいろとお世話になりました。夫婦共々感謝してます。ありがとうございました。

根本翔太