ガーデンリフォーム工事施工事例集

道路に面したリビングルームの活かし方~鈴木様邸~

suzuki06-01
suzuki06-02
suzuki06-03
suzuki06-04
suzuki06-05
suzuki06-06
suzuki06-07
suzuki06-08
suzuki06-09
suzuki06-10
suzuki06-01-サムネイルsuzuki06-02-サムネイルsuzuki06-03-サムネイルsuzuki06-04-サムネイルsuzuki06-05-サムネイルsuzuki06-06-サムネイルsuzuki06-07-サムネイルsuzuki06-08-サムネイルsuzuki06-09-サムネイルsuzuki06-10-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

腰壁タイプのガーデンルーム「ココマ」でお庭がくつろぎの空間

リビングが通りに面していて、プライベートな空間が丸見えになっていた鈴木様邸。またリビング前の空間を活用できていない状態でした。リビング前の空間を有効的に使うため、LIXILのガーデンルーム「ココマ」を設置。「ココマ」は、道路に面した掃出し窓の目隠しにもなり、嬉しい効果がいっぱいです。側面に遮るものがないサイドスルータイプのガーデンルームは風を取り込めるので、囲われていながらも開放感を味わうことができます。
「ココマ」に中はガーデンタイムを快適に過ごすためのアイテムが盛り込まれています。日差しを遮るためのシェードや掃除や水やりに便利なオリジナルの立水栓を設け、使いやすい空間にデザインしました。
ガーデンルーム内部にはカウンターを設置してあるので、様々な使い方が可能です。心地良い風を感じながら食事をしたり、読書をしたり楽しみ方がたくさんあります。
サイドスルータイプのガーデンルームは左右から出入り可能なので、防犯面を考慮し、人の侵入を防止するため、スクリーンブロックのデザインウォールを造作。正面側の空いた部分は圧迫感が少ないアルミ製のウッドポールを使用して塞ぎました。こうすることはプライバシー保護にも繋がります。
ガーデンルームの腰壁の前はレンガや植栽でナチュラルな雰囲気を演出しました。レンガの花台と乱形石を貼った花壇には、背が高い植栽を配置して目隠しにするとともにリビングからも緑を楽しめるようにしました。花台と花壇の高さを交互に変えることで、リズムが生まれてメリハリがついています。

DESIGN POINT 2

表札やポストは渋めのカラーで統一

リビングへの視線をカットするために造作したデザインウォールには、ガーデンルームの柱と色を合わせたポストを取り付け。白いデザインウォールのアクセントになっています。
下部にはレンガを貼って、雨の際の泥はね汚れを軽減。
天然の木材を使用したオリジナルのポールには表札とインターフォンを設置しました。漢字の表札はアイアン製。シンプルながらも遊び心のあるデザインでお洒落な雰囲気に。
ウッドポールとも馴染みが良く、温かみを感じられます。

DESIGN POINT 3

全体のカラーと合わせたカーポート

カーポートの柱も、全体の雰囲気と合わせて渋いブラウンを選択しました。汚れが目立たないように、屋根はすりガラス調のものを使用しています。すりガラス調の屋根材は空間を暗くすることはありません。また窓枠ともカラーが統一されているので、お住まいとの調和が感じられます。