道路に面したリビングルームの活かし方~鈴木様邸~

suzuki06-01

道路境界ギリギリまでスペースを十分に使ったガーデンルームの完成です。乱形石、レンガにグリーンと、見ているだけで楽しくなる前庭作りを目指しました。

[×]
suzuki06-02

ガーデンルームを主役にしたトータルでのエクステリアは、建物の雰囲気に溶け込んでまるで最初からここにあったかのように自然に見えます。

[×]
suzuki06-03

サイドスルータイプのガーデンルームですが、人の動線がない反対側はプライバシー保護のために閉じました。重くならないよう、アルミ製のウッドポールや透かしブロックを使用し、軽やかさを表現しました。

[×]
suzuki06-04

お客様の視線を遮るように使った袖壁はリビングへの視線をカットします。ただの壁にならないようポストを取り付け、役割とデザイン性を持たせました。下部にレンガを貼って、雨の際の泥はねも軽減しています。

[×]
suzuki06-05

全体の雰囲気を壊さないようカーポートはすりガラス調のものを使用しました。マットなものにすれば汚れも目立たず一石二鳥です。

[×]
suzuki06-06

腰壁の前にはレンガの花台と乱形石を貼った花壇で植栽スペースを設けました。道路を行き交う人にも安らぎを与え、リビングからも緑を感じることが出来ます。

[×]
suzuki06-07

表札とインターホンを取り付けたポールは天然の木材を使用したオリジナルです。高さを変えてリズミカルに配置しました。表札はアイアン製で、漢字でも制作できます。バリエーションも多いので、人気のアイテムの一つです。

[×]
suzuki06-08

リビング前に腰壁タイプのガーデンルーム「ココマ」を設置しました。シェードを付けることで夏の強い日差しを和らげることが出来ます。

[×]
suzuki06-09

腰壁にしたことで内側にカウンターを設置することができ、使い方の幅も広がりました。横にはタイルを1枚くりぬいたオリジナルの立水栓も取り付けてあります。

[×]
suzuki06-10

道路に面した掃出し窓を隠すのに、高い壁やフェンスを取り付けるのは簡単です。ですがそれではお庭に出る楽しみが削がれてしまいます。今回の様にプライバシー性と実用性を両立するのにガーデンルームはベストなアイテムですね。

[×]

腰壁タイプのガーデンルーム「ココマ」でお庭がくつろぎの空間に。

リビング前に設置した「ココマ」は、道路に面した掃出し窓の目隠しとスペースの有効活用を両立するのに適したアイテム。
シェードやオリジナルの立水栓、カウンターなどを設置してあるので、使い勝手も抜群です。
サイドスルータイプなので左右から出入り可能でしたが、片側は人の動線がなかったため、アルミ製のウッドポールや透かしブロックなど、圧迫感が少ないアイテムを使用して閉じました。
閉じることで、プライバシーや防犯対策になっています。

 

腰壁の前はレンガや植栽でナチュラルな雰囲気に。

レンガの花台と乱形石を貼った花壇がナチュラルな雰囲気の植栽スペースには、背が高めの植栽を配置して目隠しにするとともにリビングからも緑を楽しめるようにしました。
花台と花壇の高さを交互に変えることで、リズムが生まれてメリハリがついています。

 

表札ポストは渋めのお色で統一。

リビングへの視線をカットするために造作した袖壁には、ガーデンルームの柱とお色を合わせたポストを取り付け。
下部にはレンガを貼って、雨の際の泥はねを軽減しています。
天然の木材を使用したオリジナルのポールには表札とインターフォンを設置。
漢字の表札はアイアン製で、お洒落な雰囲気です。

 

全体のお色と合わせたカーポート。

カーポートの柱も、全体の雰囲気と合わせて渋いブラウンを選択。
汚れが目立たないように、屋根はすりガラス調のものを使用しています。

 

お客様からのお喜びの声

 
お客様からのお喜びの声