新築エクステリア工事施工事例集

木々の彩りを感じるナチュラルガーデン〜茂木様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

木目調タイルと植栽で魅せるナチュラルテイストなアプローチ

道路から玄関までの距離が長いので、玄関までの動線が単調にならないようにしました。門袖を前後2枚にすることで奥行き感を出し、動きのあるアプローチになっています。広々としたアプローチはブロックなどで土留めをせず、背の低い植栽をすることで圧迫感をなくし、自然溢れる園路に仕上がりました。美しい木目や節を再現したタイルはあたたかみのある風合いを醸し出し、植栽と合わせることで、木目の表情が強調され、味わいのある空間に。木目調タイルは、ナチュラルな白の門袖とも相性バッチリです。白の門袖はランタン型の上品でレトロなタイルをアクセントに貼りました。玄関までの動線に植栽を配置することで、移ろいゆく季節を肌で感じることができますね。夜には植栽が家の外壁に映し出され、陰影が景観となり昼間とは違う景色を見ることができます。また土の部分には、地面を覆う植物の種をまいています。数か月、数年という時間の経過の中でお庭を彩る植物の成長も楽しみです。

DESIGN POINT 2

タイルテラスで過ごす憩いの時間

明るい色のタイルの中に色の濃いタイルをラインで使い、デザインに変化を付けています。タイルテラスの中に植栽エリアを設け、家の中からも外からも眺められるのがポイントです。植栽は単植ではなく株たちの高木と低木を混植することで、ボリューム感のある見た目になっています。シンボルツリーは昼も夜も癒しを与えてくれますね。タイルテラスのコーナーには目隠しとなる背の高いウッドフェンスを設置したので、外からの視線は気になりません。ファニチャーを置いてお庭でのプライベートな時間を楽しむこともできます。