新築エクステリア工事施工事例集

空間を有効活用したファサードと第二のリビングとして活躍の中庭テラスのエクステリア~小野様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

斜めに配置した玄関ポーチとデザインウォールで動きのある表情豊かなエクステリアに

新築の外構イメージが湧かずお悩みだった小野様。2台の駐車スペースを確保しながらも、門周りはしっかり存在感を持たせたモダンなエクステリアデザインをご提案いたしました。

玄関前の階段ポーチは斜めに配置。それに合わせてデザインウォールも斜めに配置しました。これは車の動線を計算し導き出したベストなポジションです。車を停めやすくしただけでなく、デザイン面でも動きが生まれ表情のあるエクステリアになりました。

駐車スペースのデザインには弧を描いた人工芝のグリーンの目地で鮮やかな明るい空間に。コンクリートだけの駐車場は殺風景な印象を与えます。グリーンがあるとエクステリアの印象が全く違いますね。洗い出し舗装も一部施しましたので、自然石の温かみも伝わってきます。

デザインウォールはダークなモノトーンのデザインに。ポストやインターフォンカバーも黒やグレーで統一しました。アイキャッチにもなり引き締め効果が生まれます。シンプルながらも洗練されたエクステリアは建物と調和し一体感が生まれました。

デザインウォールの裏には植栽スペースも設けられ、常緑樹のシンボルツリーを植えました。一年を通じて緑を感じることが出来ます。緑が加わるとエクステリア全体が優しい印象に。人工芝目地のグリーンとも合いまって表情豊かなファサード外構となりました。

DESIGN POINT 2

第二のリビングとしても活躍する憩いのタイルテラス

小野様のご新居は、L字に配置されたリビングとダイニングがあり、それら両方からアプローチできる中庭空間がありました。この魅力的な空間を第二のリビングとして有効活用できるようにいたしました。

まずタイルテラスは、リビングからすぐ出れる高さに仕上げました。リビングから繋がって見えるので、より一層広く感じられますね。タイルテラスの一部をくり抜き、四季が感じられるよう植栽スペースを設けました。お庭全体がタイルテラスになっており、植栽スペースも必要最小限にすることによって、メンテナンスフリーのエクステリアになりました。

お庭の周りは、人目を気にせずに家族でくつろげるよう、樹脂製のフェンスとデザインウォールで目隠しを施しました。デザインウォールは塗り壁とタイルでそれぞれ仕上げ、前後に二枚配置することによって道路からの視線も遮ります。

DESIGN POINT 3

夜のライティングでそれぞれの空間を活かすエクステリアに

アプローチ階段の1段目にはバーライトが仕込まれ、フワッと浮いたような光で玄関へといざなってくれます。門壁裏側に配置したアッパーライトは、シンボルツリーから建物へ光が届くよう調整しました。これにより木の影が建物に陰影を与え幻想的な雰囲気を演出しています。

ライトアップは、家族や来客に安心感を与え、車を安全に駐車できるような機能面と、建物全体を絵として捉える意匠性との両方が満たされエクステリアに付加価値を与えてくれます。

Client Voice お客様の声

感想文

L字に配置されたリビングとダイニングの両方からアプローチできる中庭のスペースが魅力的な建物のプランニングでしたが、やはり建築工事ではなかなか現実的な外構までの提案には至らず、とうとう完成が近づいてきてしまった時期に、評判で聞きつけ癒樹工房さんに出会いました。
 勿論、家を建てるのは初めてで、どうしたらよいか全く外構のイメージが湧いてなかった私たち夫婦を癒樹工房さんは笑顔であたたかく迎え入れてくれました。蕨の事務所は小さな子どもたちも飽きさせない、大きな水槽、開放的な打ち合わせスペースがあり、とても居心地の良い空間でしたので、毎回気持ちよく打合せができました。
 設計を担当していたただいた方は、毎回のように変わる私たちのオーダーに真摯に応えてくださり、すぐにパースを更新してイメージを膨らませてくださいました。
 数回に及ぶ打ち合わせの末、2台の駐車スペースと駐輪スペースを確保しつつ、シンボルツリーを擁する開放的な中庭テラス、私が特に気に入ったマリンライトの設置、本来は単調なファサードになるところをインターフォンとポストを付けた壁を斜めに配置することで、前面道路からの視線を和らげ、さらには人工芝を円弧を描くように配置することにより、変化に富んだ想像を遥かに超えた外構プランが明朗な見積書と共に、出来上がりました。
 第一にはそのように素敵なプランが出来たこともありましたが、私たちの決め手は4LDKの我が家において設計担当者の方の「中庭を〝5番目の部屋″としましょう」という熱い言葉でした。
 いざ、工事に移る際にはまず現地にて設計プランの確認をしっかりしていただき、設計および施工の担当者の方による、たとえば目線を考えるうえで大切なテラスの壁の高さ関係だったりと、図面やパースだけではわかりづらい点を実際の周囲の状況を考慮して私たちが理解し納得いくまで説明してくださいました。また、近隣への挨拶も建築工事以上に親切丁寧にしていただけたことも信頼に繋がりました。
 工事を担当してくださった方、職人さん方も皆さんとても丁寧で、施工中も細やかな配慮をしていただき、設計図以上の出来映えで完成しました。
 テラスの白い明るい床タイルに反射した光は、リビングダイニングの深いところまでさし込み、また床の高さを最大限上げていただいたところで、まさに一体感のある「5番目の部屋」が実現できました。暖かくなってテラスでくつろぎ、四季を感じられる落葉樹のアオダモが緑の葉をつける様子をいまから楽しみにしています。
 あたたかいスタッフさんばかりの癒樹工房さんにお任せすることができ、私たちの家づくりはまさに有終の美を飾ることができました。本当に感謝しております。これからもメンテナンス含め末長いお付き合いをさせていただきたいと思っています。
どうもありがとうございました。
小野健司