ガーデンリフォーム工事施工事例集

タイルと人工芝でリゾートテイストにリガーデン〜横山様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ホワイトのタイルデッキの中心に人工芝でグリーンのラインをプラス

お庭で沢山遊んだお子様も成長し、今では余り活用されなくなったお庭。草が伸び放題の状態を何とかすべく、大掛かりなリガーデン工事を行いました。タイルと人工芝が敷設されたお庭は、ただ美しいだけでなく管理しやすいというメリットがあります。

リビングルームの掃き出し窓からすぐに出られるよう地面の高さを上げて造作したタイルデッキは、家と庭の距離を短く感じさせてくれる効果があります。足を伸ばした先は、中央に人工芝のラインが設けられた広々としたデッキスペース。造作物を制限することで、スッキリとした印象を与えてくれます。

タイルデッキの水勾配に関しては、中央に向かって微妙な傾斜を設けています。中央の人工芝の下部はコンクリートではなく砕石と土ですので、そのまま雨水が浸透するためお庭の中に水たまりは出来ません。

タイルデッキの端には立水栓のスペースも造作しました。パンは設置せず、タイルデッキの一部を凹ませて水受けにしているので、シンプルモダンなデザイン性が感じられますね。

 

DESIGN POINT 2

タイルデッキの先には3連のデザインウォール

お庭の一番のフォーカルポイントは大小様々なデザインウォールです。L字の壁で大きく隠した主庭内に、3枚のサイズの違うデザインウォールを造作することで、お庭に新たな主役が出来上がりました。3連の壁の両端はコンパクトな花壇と一体化しており、その内部は白い玉砂利とコルディリネでデザインしてオリエンタルな雰囲気をプラスしています。花を模したレリーフも素敵ですね。

中央のデザインウォールには厚みの違うブロックを2種類使って造作し、凹ませた部分には擬石のタイルを貼って特別感を演出しました。

 

DESIGN POINT 3

夜はバーライトで光のラインを演出

夜は眺めているだけで楽しくなるような、光の演出を施しました。テープ状でどこにでも貼れるバーライトを人工芝のラインと中央の壁の両サイドに貼り付け、光がお庭を駆け巡るようなデザインにしてあります。

擬石は本物の石を再現してあるので、表面も凸凹しています。その凹凸に光が当たることで不揃いの陰影が出来上がり、よりドラマチックにお庭を彩ってくれています。

Client Voice お客様の声

感想文

この度は大変お世話になりました。
イメージ作りから丁寧にアドバイスを頂き、何も心配することなく素晴らしい庭が完成しました。
芝生の庭に憧れ、色々と試行錯誤しながら庭造りをしていました。
子どもも小さい頃は庭で沢山遊び、BBQやプール、雪遊びと思いでもあるようです。今となっては誰も庭に出る人も居らず。
今回庭の手入れが行き届かなくなり、見事に雑草が生えそろってしまいました。
図面からはなかなか想像できない部分も3D画像を見せて頂き徐々に楽しみとなりました。
約1ヶ月に渡る工事でしたが、工事中も問題なく完成しました。室内から見た景色や、庭に出た時、夜のライトアップと楽しみが増えました。
少しずつ花を植栽し、より楽しめるようにしていきたいと思います。
ありがとうございました。

横山