新築エクステリア工事施工事例集

坂道ならではの工夫が施されたモダンエクステリア〜佐藤様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

駐車しづらい駐車場をプロの技でデザイン

勾配のきつい傾斜地に建てられたご新築でありがちなのが、お車の出し入れの際の問題です。しっかり踏み込まないと駐車できなかったカースペースを、伸縮目地やタイルで細分化し勾配を付けることで、駐車のしづらさを解消しました。

カーポートはゲートと組み合わせ、一体感の感じられるエクステリアをデザイン。ゲトの下部にはライトを2基仕込んであるので、夜は又違った雰囲気が楽しめます。

ポスト、表札、インターホンは道路境界線際に取り付けたので、不特定多数の人は敷地内にいきなり入ってきません。

カーポートは3本の足にゲートの2本も加えて合計5本の柱によって立っていますので、積雪に強い仕様になっています。

カースペースと玄関の間には細身のデザインウォールを一枚造作しています。さり気なく奥を隠し見た目も素敵な壁は、門まわりにとって大切なアイテムです。

アプローチの途中には可愛らしい植栽スペースを設けました。室内の地窓からちょうど見える位置にデザインしたので、家の内外のどちらからも楽しむことが出来ますね。

 

DESIGN POINT 2

エクステリアを彩るウッドデッキとタイルの空間

物置の隣の階段を抜けると、開放的なタイル空間が広がっています。植栽スペースは2箇所設けてあるので、ガーデニングや家庭菜園など、それぞれ違うテーマの植栽を楽しむことが出来ますね。

ウッドデッキは掃き出し窓のすぐ隣に設置し、家とエクステリアの距離を縮めてくれる役割を担っています。猫などの動物やゴミが入ってこないように金物で幕板を造作しました。通気性もバッチリなので、ウッドデッキ下は清潔に保たれます。

エクステリアのプライバシーをしっかり確保するため、主庭部分を大きく囲うようにマットパネルタイプのフェンスを採用しました。採光性も問題ないので、日の光の明るさは取り入れながら外からの視線はしっかりカットアウトしてくれます。

Client Voice お客様の声

感想文

新居が完成し、引っ越しの目処がついた辺りから、外構を検討し始めました。インターネットでいくつかの外構メーカーさんの施工事例を見た中で、癒樹工房さんのお洒落でセンスの良い所が自分達の好みにあっていたため、実際に営業の方やプランナーの原田さんとお会いし、漠然とした希望を伝えたところ、色々な提案力の高さに信頼出来ると思い決めました。
我が家は坂の途中にあるので、施工前の駐車スペースは盛り土の勾配と傾斜がきつく、車を駐車するのに、”グゥーン”と一気にアクセルを踏み込まないと駐車が出来ず、毎回駐車が億劫でした。原田さんに相談したところ、一緒に考えてくれて、今では踏み込むことなく緩やかに駐車が出来るようになり大変助かっています。また、植栽、タイル、目隠しフェンスから表札に至るまで何冊もカタログを用意して足を運んでくださり、考えがコロコロ変わる私達にも丁寧に対応してくれて、色々な角度からアドバイスをくれました。とっても親切でお話も楽しかったです。
全体イメージは洋風モダンですが、和室の地窓から見える景色は、和の雰囲気ある植栽を植えて頂き、夜はLEDライトが照らし、ほっこりとやわらかな雰囲気でとっても満足♡♡♡職人さんには急なお願いも対応して頂き、ありがとうございました。仕上がりも丁寧でとても感謝しています。ただちょっとだけ日程感が・・・
今では菜園スペースに、キュウリやミニトマトが沢山出来、夫婦でガーデニングを楽しんでいます。これから秋・冬にかけて何を植えようか妄想中・・・(笑)
今回は本当にありがとうございました。

佐藤