ガーデンリフォーム工事施工事例集

奥行き感ある大人シンプルなファサードのエクステリア~大谷様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

広い間口のファサードは奥行きを取ってゆとりあるデザインに

間口が広く単調でデザインも家に合っていないとお悩みだった大谷様。ファサードが間延びしないように、奥行き感を出しながら空間を上手く活かすエクステリアデザインにさせて頂きました。

玄関前なのである程度の視線をカットする必要があります。目隠しの為に高さのあるフェンスと角柱スリットを使い、プライバシーを保てるファサードに。フェンスは道路際に沿って真っすぐ建てるのではなく、スパンでクランクさせて奥行きあるエクステリアデザインにしました。それにより生まれたスペースにはシンボルツリーや低木類を植えて植栽コーナーに。ゆとりあるファサードに生まれ変わりました。

角柱スリットをリズミカルに所々はさみながらアクセントを付けて繋がりを持たせ、単調にならず変化に富みながらも統一感あるファサードに。目隠しフェンスのボーダーは木調の優しい雰囲気で視線をカット。角柱スリットはオフホワイトの木目で明るいナチュラル感を醸し出し木々を際立たせています。

DESIGN POINT 2

それぞれの素材が奏でるハーモニーのある明るいエクステリアに

木調の落ち着いた明るいブラウンのフェンスに、こげ茶のレンガ花壇や玄関前に敷かれた乱形石の黄色。様々な素材の色合いが奏でるハーモニーはお互いに相乗効果を生んでいます。華やかながらもまとまりのある明るいトーンのエクステリアに。

門のデザインウォールのタイルは表情豊かで重厚感ある存在。表札灯や口金ポストの濃いブラウンが引き締め効果を生んでいます。お庭は既存のデッキ周りを黄色のピンコロ石で芝と化粧砂利に面で区切るエクステリアデザインに。芝のグリーンとベージュの化粧砂利が明るいお庭にしてくれます。レンガの立水栓への道に敷かれた方形石はブラウンからオレンジの色幅があり、1枚ずつ違う自然石の色合いが雰囲気のあるお庭に。

DESIGN POINT 3

シルエットライティングとシャドーライティングで大人シンプルなファサードに

夜にはポイントを絞ったシンプルなライティングで大人っぽい印象のファサードに様変わりします。広い間口のファサードを効率的に演出するため、植栽スペースと玄関前にポイントを絞り効果を最大限に引き出しました。まずひとつはシルエットライティングと呼ばれる対象物を照らすのではなく、壁面を照らしてシルエットを浮かび上がれせるテクニックです。

植栽スペースのスリット柱の面に当てた反射光がシンボルツリーを後方から照らしシルエットを浮かび上がらせ、落ち着いた印象を与えます。またその照明は同時に、シャドーライティングと呼ばれる影を壁面に落とし込み、奥行き、空間の立体感を強調した手法の効果も合わせ持っています。スリット柱の影を家の壁面に落とし込むことで、エクステリアに面白さ、神秘的な印象を与えます。

影を作る位置を確認しながらライトの位置を決めます。壁面は明度が高くシンプルなものが適しているので大津様の外壁はぴったりです。また、柱の影はストライプの模様を付け、スリット窓の形とも調和し印象的で大人シンプルなファサードに変化を遂げました。機能性と意匠を兼ね備えた無駄のないライトアップは道行く人にも安らぎを与えてくれることでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

家を建てた当初は、外構にさほどのこだわりはありませんでした。3年ほどたった頃からでしょうか、素敵な庭にしたいという思いが徐々に強まり、ガーデニング専門店数社に見積等相談をしておりました。しかし、残念な事に何となく、しっくりこないような状況でした。そんな時に癒樹工房さんのホームページに出会い相談したところ、数多くの施工例を拝見させていただき、こちらならと思い決心いたしました。
当初の相談において、夫婦そろって素人の漠然とした考えを担当の石川さんに伝えたところ、市の条例において施工規制がある中、我々の要望以上のプランをご提示いただきました。
いよいよ施工が始まると常に担当者が近くにいてくれて、我々の細かい要望を職人さんに伝えていただきました。また職人さんも丁寧な施工をしていただき、満足いく出来栄えとなり、とても感謝しております。
本当にありがとうございました。

大谷