ガーデンリフォーム工事施工事例集

狭小地をうまく活かした奥行き感~松下様邸~

garden-reform-matsushita001
garden-reform-matsushita002
garden-reform-matsushita003
garden-reform-matsushita004
garden-reform-matsushita005
garden-reform-matsushita006
garden-reform-matsushita007
garden-reform-matsushita008
garden-reform-matsushita009
garden-reform-matsushita001-サムネイルgarden-reform-matsushita002-サムネイルgarden-reform-matsushita003-サムネイルgarden-reform-matsushita004-サムネイルgarden-reform-matsushita005-サムネイルgarden-reform-matsushita006-サムネイルgarden-reform-matsushita007-サムネイルgarden-reform-matsushita008-サムネイルgarden-reform-matsushita009-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

シンプルで開放感のあるファサード

松下様邸のエクステリアは、駐車場以外は全て土のままという状態。雑草にも悩まされていました。カーテンを開けてもガーデンスペースが雑草に覆われていたら、草むしりなどの管理に追われて、お庭を楽しむどころではありません。雑草だらけのお庭なんて見たくない!という気持ちにもなってしまいますね。また松下様邸は庭の形が台形ということもあり、どのように活用できるのか悩んでおられました。
そんな中、エクステリアの必要性ついて考える出来事が・・・。それは夏のゲリラ豪雨。集中的な豪雨によって雨水が地下に浸透しきれず、ガーデンスペースの半分が池のようになってしまったことです。水はけが悪いと、大雨が降った後、水たまりができ、完全に乾くまでに何日もかかることがあります。
また一年を通してガーデンスペースがジメジメとしてしまい、日当たりが良くても苔が生えてしまうことも。土地の形状や水はけの問題、それに雑草といった、いくつもの課題が重なったガーデンスペースを居心地の良い空間にするために、思い切ってリガーデンすることにされた松下様。そうした問題を解決するために取った方法は、タイルテラスと人工芝でドライな空間にするというものです。タイルテラスは見た目には分かりにくいですが、水が溜まらないように緩やかに勾配と取り、排水されるようにしています。タイルは表面がザラザラしていて、滑り止め効果があるので、雨の日でも安心して歩行できます。
人工芝は敷設前に砕石や川砂で何層にも下地をつくり、透水性を良くしているので、水はけが悪くなる心配はありません。さらに敷地境界は排水を促すため、砂利を敷き詰め、雨が降っても地面に雨水が浸透するようにしました。
こうして、水はけの問題をクリアにします。タイルテラスと人工芝は水はけだけではなく、土地の形状や雑草の問題も解決してくれています。奥に向かって細くなっていくガーデンスペースも土上げをして、リビングの床と同じ高さにタイルテラスをつくることで、リビングからの空間が繋がり、室内も室外も広くなったように感じられます。ガーデンスペースをリビングの延長として使うことができるのです。こうすることで、空間に無駄なスペースがなくなり、特殊な敷地形状のデメリットをなくしています。
またタイルテラスと人工芝で土の面をなくしているので、今まで悩まされていた雑草の手入れからも解放されます。爽やかで心地いい状態を維持できるガーデンスペースへと変身を遂げました。リガーデン前は、カーテンを閉めて見ないようにしていたガーデンスペースも、毎朝カーテンを開けるのが楽しみになるほど、快適で美しい空間になりました。

 

Client Voice お客様の声

この度は素敵な庭にして頂き有難うございました。昨年購入したマイホームは、建売住宅でしたが、外構にあまり力を入れておらず、駐車場以外は全て土のままという状態でした。庭の形が台形ということもあり、自分達ではどうしたらいいのか、何ができるのか全く解らず、雑草だらけに庭をいつしか昼間もカーテンを閉め見ないようにしていました。
 このままではいけないと思い直すきっかけとなったのは、夏のゲリラ豪雨でした。ゲリラ豪雨によって雨水が地下に浸透しきれず、雨水枡の蓋が開き、庭が半分池の様になってしまいました。水掃けも悪く、泥はねもひどい状態。素人の私達には、原因も対処の仕方も解りませんでした。そんな時、インターネットで癒樹工房さんのHPに目が留まり、ここなら問題解決の糸口だけでも見つかりそう!と相談させて頂きました。担当の小林さんは、いろんな可能性を引き出し将来を見据え、沢山のアイデアを提案してくれ、プロの目線、主婦の目線から見て、無理な所はなぜ無理なのかをきちんと納得がいくまで説明してくれました。そして工事が始まると、施工もとても丁寧で、毎日少しずつ出来上がっていく庭に期待と感動がどんどん膨らんでいきました。
 庭が完成した今では、毎朝カーテンを開けるのが楽しみになりました。また、子供が裸足で嬉しそうに走り回っている姿を見るともっと早くやってあげればよかったと思うと同時に、癒樹工房さんに相談してよかったとつくづく思います。
 来年の夏はプールを広げたり、ゆっくりお茶を楽しんだり、今まで我慢していたことを思いっきりやりたいと計画中です。楽しみが増え、家族の笑顔が増えました。
 小林さん、職人の土屋さん、本当に有難うございました。これからも度々相談にのっていただくかと思いますが、末永くよろしくお願い致します。

松下