新築エクステリア工事施工事例集

艶やかな白いタイルが敷地いっぱいに広がり開放感を演出~永田様邸~

garden-reform-nagata001
garden-reform-nagata002
garden-reform-nagata003
garden-reform-nagata004
garden-reform-nagata005
garden-reform-nagata006
garden-reform-nagata007
garden-reform-nagata008
garden-reform-nagata009
garden-reform-nagata010
garden-reform-nagata011
garden-reform-nagata012
garden-reform-nagata013
garden-reform-nagata014
garden-reform-nagata015
garden-reform-nagata016
garden-reform-nagata017
garden-reform-nagata018
garden-reform-nagata019
garden-reform-nagata020
garden-reform-nagata021
garden-reform-nagata022
garden-reform-nagata023
garden-reform-nagata001-サムネイルgarden-reform-nagata002-サムネイルgarden-reform-nagata003-サムネイルgarden-reform-nagata004-サムネイルgarden-reform-nagata005-サムネイルgarden-reform-nagata006-サムネイルgarden-reform-nagata007-サムネイルgarden-reform-nagata008-サムネイルgarden-reform-nagata009-サムネイルgarden-reform-nagata010-サムネイルgarden-reform-nagata011-サムネイルgarden-reform-nagata012-サムネイルgarden-reform-nagata013-サムネイルgarden-reform-nagata014-サムネイルgarden-reform-nagata015-サムネイルgarden-reform-nagata016-サムネイルgarden-reform-nagata017-サムネイルgarden-reform-nagata018-サムネイルgarden-reform-nagata019-サムネイルgarden-reform-nagata020-サムネイルgarden-reform-nagata021-サムネイルgarden-reform-nagata022-サムネイルgarden-reform-nagata023-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

段差ゼロで出入りできるタイルテラス

リビングとガーデンスペースを繋げるために、タイルテラスを造作しました。リビングから段差ゼロで出入りできるタイルテラスをつくるためには、地面に土を盛ってつくる必要があります。通常エクステリアの工事では、土をすき取って残土として敷地から出た土を処分しますが、永田様邸では処分するはずの土をタイルテラスを造作する際に使用しました。残土を処分すると費用がかさんでしまいます。しかし全て宅内で処分することで、コストを削減。タイルテラスによって、アウトドアライフ専用のお部屋が1つ増えたかのように感じられます。贅沢な空間ですね。
タイルテラスに使用したのは、最新のセラミック技術で天然木の持つ温もりと美しさを再現したニットーの「リストンディー」というエクステリア専用のタイルです。美しさはもちろん費用対効果も抜群なタイルです。リアルな質感で、ナチュラルな雰囲気を演出します。
ガーデンスペースの目隠しをするため、お住まいの雰囲気に合わせて白のデザインウォールで囲い、爽やかな印象に仕上げました。

テラススペース内にはシンボルツリーの水やりにも便利な立水栓を完備しており、低めに設置した蛇口には水はねを軽減するため広めのステンレスの水受けをセットしています。 また、美しい白の壁を汚れから守るためにテラスを囲う壁の上には自然石を切り出してつくった笠木を設置。 アースカラーなので主張し過ぎず、周りの素材と調和しています。玄関ドアのカラーとも色合いが近いので、統一感が出ます。

DESIGN POINT 2

鮮やかな色調の石英岩が素敵なアプローチ

デザインウォールと床の間に植栽スペースを確保するとともに、床に石英岩を使用することで華やかな雰囲気に仕上げました。鮮やかな色調の石英岩を貼ったアプローチは永田様邸を訪れる方の心を捉えます。
夜には12vのローボルトタイプのLEDライトがアプローチを美しく彩ります。 夜はポールライトがデザインウォールを明るく照らし、ドラマチックな空間へと変えてくれます。白のキャンバスに光と影が踊っていますね。夜の歩行も安全に。
また洗車用の蛇口は使用頻度が低いことから排水処理は行わずに、土に浸透させる作りにしました。

DESIGN POINT 3

自転車用のスロープとバリアフリー設計が嬉しい階段

階段の右側には幅が45cm自転車用のスロープを取り付けて使い勝手を向上させました。 また階段が6段ありますので、蹴上げは15cmに設定し手すりを取り付けることで、お子様からお年寄りまで安全に昇り降りが出来るようにしました。
カーポートはタカショーの「アートポート」
「アートポート」は木目を再現したカーポートです。金物の雰囲気がなく、お住まいやエクステリアと綺麗に融合しています。 またカーポートの屋根材はクリアマットタイプを使用。 屋根の上は簡単に掃除ができる場所ではないので、汚れが目立たない素材を選びました。

DESIGN POINT 4

勝手口の扉やフェンス、表札をロートアイアンで統一

流行に流されないカチッとしたロートアイアン製の勝手口の扉やフェンスは、スクエアな雰囲気がお住まいと美しく調和しています。 また木をデザインしたワンポイントが素敵な表札もロートアイアンなので統一感が出ています。

 

 

 

 

Client Voice お客様の声

 家を新築し、外構工事をどこにしようかとインターネットで探していたところ、癒樹工房さんを見つけたのが今回の依頼のきっかけです。
高低差のある土地をどのように生かしたらいいのか分からず、ずっと不安な気持ちでおりましたが、担当の杉崎さん、高橋さんから提案して頂いたプランを見て納得ができました。私たちの希望であったデッキ、カーポート、塗り壁…等々の要素はすべて盛り込まれているうえに、素人では思いつくことのできない素敵なデザイン、造りになっておりました。デッキといえば「ウッドデッキ」だと思っていた私たちに「タイルデッキ」を提案して下さり、その質感や耐久性、そして完成後の洗練された雰囲気をとても気に入っております。また、工事に来て下さった職人さん方もとても良い方たちばかりで、丁寧に素敵な外構を仕上げて下さり、本当に感謝しております。途中、水道管のちょっとしたハプニングなどもありましたが(笑)、それも良い思い出です。敢えて大変だったことを上げるとすれば、予算をオーバーしてしまった事と、打ち合わせの事務所へ何度も足を運ぶのが真夏で辛かった…ということでしょうか。けれども、全体を通して本当に素敵な庭に満足しております。皆様どうもありがとございました。

永田 大和・奈穂子・陸