新築エクステリア工事施工事例集

お気に入りのアイテムに囲まれたアプローチ〜小田島様邸〜

garden-reform-odashima001
garden-reform-odashima002
garden-reform-odashima003
garden-reform-odashima004
garden-reform-odashima005
garden-reform-odashima006
garden-reform-odashima007
garden-reform-odashima008
garden-reform-odashima001-サムネイルgarden-reform-odashima002-サムネイルgarden-reform-odashima003-サムネイルgarden-reform-odashima004-サムネイルgarden-reform-odashima005-サムネイルgarden-reform-odashima006-サムネイルgarden-reform-odashima007-サムネイルgarden-reform-odashima008-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ウッドのアイテムを多用しお庭全体をナチュラルテイストにデザイン

前庭を重点的に施工した小田島様邸。レンガ、枕木、化粧砂利とを組み合わせて、既存の建物の玄関にマッチするとても可愛らしいアプローチが完成しました。平面と立体にそれぞれフォーカルポイント(見どころ)があるので、ただ眺めるだけでも楽しくなってきますね。
お庭の主役は何と言ってもこの擬木のポールと銅製のメールボックスです。蓋の取っ手は真鍮性で、蓋を開けやすくするためだけではなく、デザインのアクセントにもなっています。レトロでアンティークなテイストがお好みの方にぴったりのアイテムです。
アプローチ側に向けた立水栓はポスト用のポールと同じ種類のアイテムです。内部に水道管も入れられますので、お庭の素材の統一に一役買ってくれています。水受けはアイボリーのレンガと薄い暖色系の化粧砂利でオリジナルのパンを造作。
擬木とレンガを交互に組み合わせた小道は、ナチュラルテイスト溢れる優しい雰囲気に包まれています。斑入りの下草が可愛く道の間から生えているのも可愛らしいですね。擬木は生木の雰囲気を味わえながらも、コンクリート製のため経年劣化しにくいアイテムです。
植栽を植えた後にその周りを化粧砂利で覆うことで、緑と石とが共生しているかのようなナチュラルな雰囲気をうまく出すことができました。化粧砂利の下は土のままですので、さらに植栽をプラスすることもできます。
中庭へ歩を進めると人工木のウッドデッキがお住まいと隣地境界線の間に広がっています。ウッドデッキ下はコンクリートを打設してあるので雑草の心配はなく、ちょっとした荷物置き場としても活躍します。