ガーデンリフォーム工事施工事例集

老朽化したウッドデッキをリフレッシュ! 快適性・機能性をかなえたスカイデッキ〜寄本様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ウッドデッキの改修を機に、家族の「もっと」を引き出すお庭のポテンシャルを再発見!

高い擁壁の上に建つ寄本様邸は、駐車場の上部の空間を利用したウッドデッキがメインガーデン。このウッドデッキの建て替えにあたり、改めてご家族のお庭へのさまざまな「思い」を洗い出すきっかけが生まれたようです。
家族の状況は家の建築当初とずっと同じとは限りません。家族が増えたり、成長したりとライフステージの変化に従い、お庭もより機能的かつ、快適性が求められるようになります。築12年の寄本様も、当初はガレージ上を上手に活用したウッドデッキで充実したガーデンライフを過ごして来られたようですが、少しずつお庭に求める思いが強くなって行ったようです。
広々としたスペースもいいけれど、そこに屋根や囲いを付けて、ご家族でバーベキューなどに活用したい、とか、ワンちゃんを遊ばせたりするのにデッキをもっと機能させたい、とか、家族の上着などをかけておく場所を作りたい…などなど、お庭やデッキフロアに対する「もっと!」の思いが膨らんでいったようです。
さらには、雛壇と呼ばれる敷地の特性上、高い擁壁が背後に建った裏庭。ここを上手く活かす手はないか…?これも、プランナーに話を持ち掛けて下さったことで、夢のようなプライベート空間が実現しました。
リガーデンは、お庭や敷地の可能性を2倍、3倍に広げ、利便性や快適性を高める最大のチャンス。ウッドデッキの建て替えから入ったご相談ですが、ご家族が抱いていたお庭への思いを一気に具現化する機会となりました。

DESIGN POINT 2

高級感のあるウッドデッキ、だけじゃない!欲しい機能が詰まった場所とは?

老朽化したウッドデッキから生まれ変わったのは、天然木で造られたウッドデッキ。木材に採用されたセランガバツー材は、主にインドネシア原産の南洋材。いわゆるハードウッドとも言われます。その特徴は腐朽や白アリ等に強く、反りや割れも少ないため非常に耐久性が高く、味わい深い雰囲気も人気の高級部材です。これを躯体、フェンス、ウッドデッキ板、扉材すべてに用いて、これまでにない存在感溢れるウッドデッキが完成しました。通りから眺めた時、この木目の温かみのある雰囲気がとても印象的なファサードに映ります。
寄本様邸の生まれ変わったウッドデッキには、お部屋から繋がるガーデンルームも新設されました。玄関の脇にある扉からは、ウォークスルーで出入りできる仕掛け。家に入る前に少し乾かしたい上着などを一旦掛けておいたり、ワンちゃんの足を洗った後、ガーデンルームで乾かしてから…という動線もスムーズです!利便性の高まったウッドデッキ、これからは多機能に使いこなしていただけそうです!

DESIGN POINT 3

もう一つのリビングで生まれ変わった裏庭のデッドスペース

寄本様邸は雛壇のような階段状に造成した敷地に建ちます。このような土地の場合、家の前面道路側は眺めの良いお庭になりますが、裏手は背後の建物の擁壁が迫り、暗く圧迫感のある場所になることが多いもの。光もあまり入らないだけに、何にも使われずにいわゆるデッドスペースになっているお宅も見られます。
宮本様もやはり、東側に面したこの裏庭を有効に使いたいと思っていたようですが、やはりその暗さゆえに放置状態だったとか。それがこのリガーデンにより、一気に活用度が120%アップしたのです!というのも、そこに登場したのは、もう一つのリビングとして建てられたガーデンルーム。裏庭ならではの利点を活かし、まるで隠れ家のような場所が生まれました!
室内はデッキ側のガーデンルームとは趣を変え、モダンなタイル貼のフロア。お部屋のような居心地の良さを感じさせる腰壁は、アイボリーのレンガ調のタイルでエレガントな背景を創り出してくれています。
擁壁が迫っている…というと暗く圧迫感が感じられそうですが、三面に備わった開口部と天井からも光が射し込むため、思いのほか明るく、左右に風も流れます。何よりそのメリットは、ほとんど他からの目線が入らない完全なプライベート空間だということ。人目を気にせず、じっくりと本を読んだり、趣味に没頭したり…そんなとっておきのお庭時間が生まれたのではないでしょうか。

DESIGN POINT 4

暗い階段をライトアップして、夜も心地良いエントランスに

擁壁に囲まれ、夜の上り下りが暗く危険だったのが、玄関へのアプローチである階段。今回デッキの建替えにあたり、幕板部分に階段や門まわりを照らすスポットライトを新たに設置しました。
明るく照らされたエントランスは、安心感もあり、気持ちも明るくなりますね。門柱灯に取り付けたマリンライトは美しく辺りを灯し、ラグジュアリーな外観を演出してくれます。
やわらかな光に包まれたご自宅に、一歩また一歩とステップを踏み進めるひととき、その心地良さにふと足を止めてしまいそうですね。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房 担当してくださった皆様へ
この度は、我が家のウッドデッキや裏庭のガーデンルームを造り変えて下さりありがとうございました。我が家のウッドデッキは築12年目にして朽ちてきてしまい、建て替えを考えていました。どうせ建て替えるなら、より実用的で素敵な場所になるようにデザインして欲しいと思い、ネットで業者を探していたところ、目に留まったのが癒樹工房でした。
資料を見てさらに夢が広がり、日当たりが悪く放置していた裏庭もガーデンルームにしたいと考えるように…。相談したところ、私達の理想を実現し素敵な空間にしてくれそうだと感じ、依頼することに決めました。打ち合わせの段階で、緊急事態宣言が出されましたが、すぐにリモートに切り替えて頂けたので思っていた以上に打ち合わせはスムーズでした。
工事の段階では、共働きで不在の事が多く、心配ではありましたが、LINEグループで情報共有でき、私達素人の細かい疑問や質問が出来たので、途中、いろいろなトラブルもありましたが、早い段階で解決していただけたと思います。また我が家の愛犬にも配慮して下さり、本当に感謝しています。
寄本