斜めのラインが印象的な、シンプルモダンの模範例〜岡田様邸〜

garden-reform-okada001

斜めのラインが印象的な岡田様邸。お住いの外観からイメージを逆算し、前庭も斜めのラインを用いたデザインにしました。使用したマテリアルのカラーは自然に近い色味に抑え、落ち着いたシンプルモダンのファサードになりました。

[×]
garden-reform-okada002

前庭は構造物を造作せず、すっきりとしたオープンエクステリアにしてあります。普段使いとお客様用の駐車スペースも大変使いやすく、機能性と意匠性に溢れた空間が広がっています。

[×]
garden-reform-okada005

玄関ポーチの横はあまり人が足を踏み入れないデッドスペース。今回はその部分をくりぬいて植栽スペースとして活用しました。ここの斜めのラインがお住いのデザインと共通し、一体感を生んでいます。

[×]
garden-reform-okada003

コンクリートの床面を区切るのは、自然石の平板です。天然の石を切り出して作った素材なので、一つ一つ表情が違うのが特徴です。暖かな色合いのラインが通ることで、無機質なコンクリートにも柔らかさが生まれました。

[×]
garden-reform-okada004

玄関へ続くアプローチには明るい色の乱形石をふんだんに使用したステップを造作しました。どの角度からでも進みやすいよう、アール(曲線)を用い、見た目はもちろん機能的にも優しい雰囲気に仕上げてあります。

[×]
garden-reform-okada006

ポーチ前面には既存のステップと乱形石の間にかませるように、下草のスペースを設けてあります。乱形石の間から自然に生えてきたかのようなデザインの花壇は、生い茂る植栽と相まってナチュラルテイストな雰囲気を出しています。

[×]
garden-reform-okada007

玄関前はシンプルモダンの雰囲気を壊さないよう、あくまですっきりとしたイメージでデザインしました。既存の石積み風の壁面がシンボルツリーの葉と重なり合い、自然な美しさが表現されています。

[×]
garden-reform-okada008

表札はユニークなタイプのロートアイアンのものを取り付けました。踊るような文字の上には、鉄で作った小人たちが楽しげに遊んでいます。まるでお客様を楽しませているかのような微笑ましいデザインですね。

[×]
garden-reform-okada009

夜になり、シンボルツリーが足元から照らしあげられることで自然の芸術が建物の壁面に映り出されました。ライトの角度を計算するだけで、昼には見ることのできない美しいアクセントを作り出せます。

[×]
garden-reform-okada010

新たに取り付けたライトは植栽をぼんやり照らし、幻想的な空間をファサードに表現してくれています。植栽とライティングはデザインの上で削られがちですが、少しでもあることで空間の美しさは格段に増してきますので洗練されたお庭には必須アイテムと言えます。

[×]

コンクリートに緑を掛けあわせ、無機質と植物の息吹を融合させた前庭に

斜めのラインが印象的な岡田様邸。お住いの外観からイメージを逆算し、前庭も斜めのラインを用いたデザインにしました。使用したマテリアルのカラーは自然に近い色味に抑え、落ち着いたシンプルモダンのファサードになりました。
前庭は構造物を造作せず、すっきりとしたオープンエクステリアにしてあります。普段使いとお客様用の駐車スペースも大変使いやすく、機能性と意匠性に溢れた空間が広がっています。
コンクリートの床面を区切るのは、自然石の平板です。天然の石を切り出して作った素材なので、一つ一つ表情が違うのが特徴です。暖かな色合いのラインが通ることで、無機質なコンクリートにも柔らかさが生まれました。
玄関へ続くアプローチには明るい色の乱形石をふんだんに使用したステップを造作しました。どの角度からでも進みやすいよう、アール(曲線)を用い、見た目はもちろん機能的にも優しい雰囲気に仕上げてあります。
玄関ポーチの横はあまり人が足を踏み入れないデッドスペース。今回はその部分をくりぬいて植栽スペースとして活用しました。ここの斜めのラインがお住いのデザインと共通し、一体感を生んでいます。
ポーチ前面には既存のステップと乱形石の間にかませるように、下草のスペースを設けてあります。乱形石の間から自然に生えてきたかのようなデザインの花壇は、生い茂る植栽と相まってナチュラルテイストな雰囲気を出しています。