新築エクステリア工事施工事例集

二世帯が育むナチュラルエクステリア〜山際様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

計算された植栽の配置がファサードに自然の美を与える

二世帯のご家族が住まわれるご新築のご依頼です。二家族それぞれのご要望をまとめながらデザインに落とし、緑豊かなナチュラルテイストのセミクローズエクステリアが完成しました。シンボルツリーは敷地前面に配置し下草をお庭の各所に点在させ、お庭のどこにいても自然の息吹を感じられるような気持ちのいい雰囲気に包まれています。
人の動線上にはタイルと乱形石でアプローチを造作し、それぞれの玄関に向けました。お車の駐車のためにクランクさせたアプローチは、直線を結ぶよりも奥行きが感じられるデザインになっています。アプローチの床面のタイルは玄関ドアのカラーに合わせて、ブラウン系のタイルを使用。落ち着きのあるアプローチになりました。
山際様のお母様のご趣味のガーデニングは玄関まわりでも活かされています。色とりどりの花を咲かせる下草の植木鉢やポットで機能門柱を彩り、まるで一本の木のような雰囲気になりました。陶器風のポストもナチュラルテイストな雰囲気をプラスしてくれています。
お住まいの正面には、デザインウォールを2枚造作。玄関前の目隠しとしています。また位置をずらして配置することで、奥行きを感じさせます。デザインウォールには、表札を取り付け。切り文字風のロートアイアンのネームプレートがとても印象的で素敵ですね。デザインウォールの上にアクセントとして自然石の平板の笠置を取り付けているのも注目ポイントですシンボルツリーの株立ちの木はまだ苗木ですが、数年も経てば立派なシンボルとしてエクステリアの顔となってくれることでしょう。足元も土が見えないほど下草で彩られ、賑やかな植栽スペースになりました。
お住まいの側面にはお母様の家庭菜園スペースをご用意いたしました。家に挟まれた空間ですが日当たりも抜群なので、すくすく植栽が育ちそうですね。
夜は既存の門灯を補助するように、足元に配置された低めのポールライトがお庭を明るく照らしてくれています。白い壁を照らすことで壁全体が光り、通常よりも光量を感じます。植栽も光を受けて鮮やかな影を床に落とし、夜ならではの美しさを見せてくれていますね。
シンボルツリーもライトアップされ、L字のデザインウォールに躍動的な影が映っています。株立ちの木は風に揺れるとより自然の美を感じられる存在なので、夜風に踊るシンボルツリーはいつまでも見ていて飽きないほどの魅力を放ちます。

Client Voice お客様の声

感想文

このたびは、満足のいく素晴らしいエクステリアに仕上げていただきありがとうございました。担当の遠藤さんには何度も打ち合わせを重ねて、私たちの要望、相談に親身になって耳を傾けていただき、おかげさまで素敵な庭ができあがりました。今回、わが家の新築にあたり、いくつかの外構業者さんにエクステリアの提案をお願いしていました。しかし、どれも私たちのイメージする理想の庭とはどこか違うような気がして、なかなか納得がいくものがなく、どうしたものかと思っておりました。そんなときに、インターネットで月に5件しか受注しないというフレーズが目に留まり、見つけたのが癒樹工房さんでした。
打ち合わせでは「デザインはシンプルなもので~」「家庭菜園用の畑が欲しくて~」「テラスも必要で~」「シンボルツリーは~」などなど、私たちの要望をお伝えして提案をしていただくことに。すると「家庭菜園の畑は土を盛って、テラスと同じ高さにしませんか?」という私たちにはなかったアイデアが!!家庭菜園は親世帯が利用するため、テラスとの段差が気になっていましたので、まさにかゆい所に手が届くようなスッキリ感。その後もいろいろなアイデアを提案していただき、十分納得できるプランに仕上げていただきました。
着工してからは、土間ができ、門柱ができ、ポストが付き…と日に日に変化していく様子が見られ、夜帰宅する際は「今日はどこまで進んだかな~」と楽しみでした。職人さんの仕事はとても丁寧で、7月下旬の暑い時期に1枚1枚乱形貼りのタイルを削って貼っていく作業は大変だったと思いますが、おかげさまで非常に美しい仕上がりとなっており、感謝の一言に尽きます。
そして工事完了。シンプルなデザインながら白いデザインウォールと黒い建物とのコントラストが美しく、夜にはライトアップされたシンボルツリーのコハウチワカエデが幻想的に浮かび上がり、自慢したくなるような外構になりました。家庭菜園ではさっそく母が野菜を植えて楽しんでいます。
最後に改めて、遠藤さんを始め癒樹工房のみなさま、職人のみなさま、今回の工事に携わっていただいたすべてのみなさまに感謝しております。ありがとうございました。
                                    山際