ガーデンリフォーム工事施工事例集

3世帯の笑顔が輝くアウトドアリビング〜大島様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

大改造したファサードは使い勝手のいいセミクローズエクステリアに

お住まいの外壁塗装工事が終わり、エクステリア工事をお考えだった大島様。淡いグリーンとマッチした、ナチュラルテイストを感じられるエクステリアデザインをご提案致しました。ファサードのデザインウォールから金物、カーポートの屋根材に至るまで、すべて優しい色合いで統一し、一体感の感じられる素敵なお庭が完成しました。
道路から玄関までの距離が短いアプローチには斜めのデザインウォールを用いて奥行きを感じられるようなデザインにしました。圧迫感を感じないよう、デザインウォールはあえて高くつくらず開放感を重視しています。ブラウンの玄関との対比を考え、ファサードのカラーは全てアースカラーを基調としました。
リフォーム前は高い段差の1段のみの階段でしたが、蹴上の低い階段を数段設けることで立体感、そして奥行きをより感じられる作りになりました。人が足を踏み入れることの少ないデッドスペースはタイルを貼らず花壇にすることで、ナチュラルテイストをより印象づけています。
ネームプレートは渋目の鈍色が美しいロートアイアン製をチョイスしました。細部にまでこだわった装飾が門まわりに特別感をプラスしています。
玄関の右側に位置するアプローチはスロープ上になっており、そのまま奥へバイクや自転車を押していけます。新たに設けたデザインウォールとウッドフェンスの間に垂らしたチェーンが印象的ですね。
仕事道具を出し入れしやすいよう、仕事場と直結しているドアの前にはデザインウォールは設けていません。代わりに重厚感のある枕木を等間隔に立て、チェーンを付けて人の侵入を抑制します。緩やかな区切りが適度な開放感を生み、素敵な雰囲気が醸しだされています。
広々とした駐車場にはご自慢の愛車とバイクたち。車やバイクがご趣味の方にとって、メンテナンスのしやすいゆったりとしたカースペースはとても価値のある空間です。両側支持タイプの大型カーポートに前面をしっかり守ってくれるオーバードアと、防犯面や汚れ、雨風に強い最高のカースペースへと生まれ変わりました。

夜は道路前のポールライトやネームプレートと一体化した門灯、既存の玄関灯が立体的な不等辺三角形を作り出し、より奥行きの感じられるファサードを演出しています。温かな素材で作られたアプローチが柔らかな電球色に彩られ、より優しい雰囲気を醸し出していますね。
ガーデンスペースへと誘うようにアプローチを彩るのは等間隔に埋め込んだグランドライトです。小さな光たちはそのまま奥のシンボルツリーまで道標をしてくれています。デザインウォールのアール部分に埋め込んだブドウのロートアイアンのワンポイントも温かな光を受け、夜ならではの美しさを魅せてくれました。

DESIGN POINT 2

駐車場の奥は家族団らんの憩いの空間

既存の段差を解消して動線がすっきりしたカースペースの奥には、ご家族がゆっくりと過ごせる主庭が広がっています。リビングルーム前の濡れ縁から続いているタイルスペースはお庭の中央まで伸びており、その周囲をメンテナンスフリーの美しい人工芝が包み込んでいます。手入れの入らない美しい空間は、居間とお庭の距離を短くしてくれました。
植栽スペースももちろん設けていますが、しっかりと区切ることで管理のし易い空間へと進化しました。ホワイトの表面が美しい乱形石で作った小道は中央の花壇を囲うようにデザインし、アプローチと植栽を同時に愛でられるようにしてあります。
ウッドフェンス脇に設けた植栽スペースは家庭菜園も出来るほどのスペースがあります。土いじりをした後はすぐにガーデニング用品を洗えるように隣にパンと一体化した立水栓をご用意。二口タイプなのでホースをつけっぱなしにしてもいいのは便利ですね。

Client Voice お客様の声

感想文

Dear 癒樹工房 原田玲子様

「遂に完成!」 長かった我家の集大成にたどり着きました。 思い起こせば昨年の夏に「自宅の外壁塗装工事が済み通続いてのガーデニングリノベーションを考えておりました。しかしいまどきのモダンな憧れをどのように形に表現できるのか。インターネットでの癒樹工房さんとの出会い、そして原田さんとの出会いからスタートしたプロジェクトには様々な想いをお伝えし納得の行く「住む人の想い」を伝えて頂きました。「打合せ2ヶ月は掛かります」との事でそんなに吟味をする根気と責任を受けて頂きこちらも肝を据え取り掛かり要望の1つ1つを細心に考えて頂く事が出来ました。
今まで駐車スペースと庭を仕切る30cm程の段差もなくなり緩やかなガレージから庭へ又バイクスペースへのアプローチも含め全体が一体化したフリースペースになり広々と活用出来る場に返信しました。照明のこだわりも防犯面、床からのスポットライトアップ、それから何と言っても葡萄のステンドグラスからのやわらかな灯りは隠れ家レストランを想わせる程のワクワク感でお気に入りです。
孫の選んだ水道蛇口は「すずめ」と「こまどり」でした。家庭菜園の脇に主水栓を移動して頂き今からどんな野菜を育てようかと楽しみの様です。長年の自然芝、植木、雑草の手入れからの開放、終結をも望んでおりました故、人工芝へと緑のものは変えメインツリーを一本だけにし後は寄せ植えなまとめ方でスッキリとして頂きました。枕木の外壁工事はまさかの斬新さを提案されましたが2ヶ月打合せの成果だったのでしょう。私共の性格、人間観察での提示だった様で決定したデザインに主人は大満足の様子です。枕木の間に太い鎖をつなぐ発想はとても素人には思い付きませんでした。しかしインパクト有り過ぎな枕木&チェーンの根元には白い花が優しくバランスを取ってくれていて和みます。ガレージのタイルデザインもクロス調をポイントにカラー調整も車が出た時や入ってる時の具合も含めて丁寧に考えて頂き楽しく眺めております。工事も佳境になり外壁が
塗り終る夕暮れ時に塗ったばかりの壁面に一瞬の思いつきでその日居た孫の手型をペッタリと付けてももらったのですが、このときにしか残せない思い出を1つ刻む事が出来ました。
 最後に茅ヶ崎の山久さんの親方の頼もしさ、トメ子さんの息子さん達の熱心さタイルを慎重に丁寧に貼って頂いた内田さん、電気、水道、サッシ組み立て 職人さん方々、本当にありがとうございました。
「人が集えて笑顔になれる」リノベーション…これからの我が家の絆に繋がりますように大切にして行きたいと思っております。
原田さんの好きな小田和正で締めます。
「貴方に逢えて本当に良かった嬉くて嬉くて言葉に出来ない」
H28.2.10
大島学 千恵子