新築エクステリア工事施工事例集

色彩の対比が美しい ラグジュアリーファサード~宮田様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

奥行き感のあるラグジュアリーなアプローチ

宮田様邸は前面道路から2mほどセットバックした位置にあるお住まいで、道路と玄関が近くなっています。直線で結べば長くないアプローチをどのようにデザインするかがポイントでした。また宮田様邸の場合、アプローチの長さに加えて、玄関が道路に面していましたので、前面道路を歩く人から玄関が見えてしまうという問題も解決する必要がありました。
しかしアイディア次第で、抱えている課題を解決しながら、玄関までの道のりに変化を持たせ、奥行き感のあるアプローチにすることができます。
まずアプローチに奥行き感を出すため、デザインウォールを縦横に造作し、アプローチをクランクさせました。こうすることで、玄関までの道のりが長くなるだけではなく、道路から玄関までに “間” が生まれ、ゆとりのあるアプローチになります。また白を基調としたお住まいに対して、デザインウォールは対照的な黒を基調としたデザインに。色彩の対比によって、お住まいのカラーが際立ち、さらに魅力的に映ります。黒を基調としたファサードは落ち着きが感じられますね。
アプローチに造作したデザインウォールは、通りを歩く人の視線を遮る高さに設定し、玄関前の目隠しにしています。さらにお子様の飛び出し防止にも繋がります。
お住まいに使われている縦桟のアクセントをデザインウォールにも取り入れ、お住まいとエクステリアに統一感が出るよう演出しました。またデザインウォールはデザインが単調にならないよう、左官仕上げと陰影のあるシックなタイルを使い、メリハリをつけています。背の高いデザインウォールに合わせ、床面のデザインに使用したのは、60cm角の天然石。大判の天然石を貼ることで、ラグジュアリー且つ重厚な雰囲気に仕上げました。

DESIGN POINT 2

ファサードにはご家族を見守るシンボルツリーを

エクステリアを構成する上で、植栽は大きな役割を果たします。植栽の有る無しで、お住まいの見え方も変わってしまうのです。一本でもシンボルツリーが入るとお住まいはグッと魅力が増し、生活に潤いが生まれます。
宮田様邸のお住まいを引き立てるために植えたのは、古くから平和の象徴として親しまれてきたオリーブです。オリーブオイルとしても有名な樹木ですが、シンボルツリーとしても根強い人気があります。その理由として、乾燥にも強く、育てやすいということがあげられるでしょう。定期的にお手入れすれば、管理しやすい樹形、樹高をキープできます。常緑樹なので、視線を遮りたいところに配置すれば、圧迫感を与えることなく、目隠しとしても機能します。
宮田様邸では造作したデザインウォールの前に配置し、玄関前の目隠しとしました。迫力のあるデザインウォールに負けないよう、4mを超える高木のオリーブを植えています。オリーブの足下にはゴロタ石を並べ、モダンな印象のエクステリアにナチュラルな風合いをプラスし、親しみやすい印象に。ダークトーンのデザインウォールの前に植えることで、オリーブのシルエットがくっきりと浮かび上がり、風に揺れるオリーブが爽やかさをもたらします。大きなオリーブの木が宮田様ご家族の生活と平和を見守っているかのようですね。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房 様
この度は私共の外構を作って頂きありがとうございました。とても親身にやって頂けた事に大変感謝しております。デザインとても気に入っています。
もし知り合い等で外構を探されている方がいらしたらおすすめしたいなと思っています。とても満足しています。
ありがとうございました。
ブロックを積んで下さった業者の方も左官屋さんも皆さんとても感じが良くて気持ちが良かったです。

宮田 仁