ガーデンリフォーム工事施工事例集

木と芝に囲まれた癒やしのコンパクトスペース〜井口様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

木の香りが感じられる憩いの空間

駐車場の奥に広がるガーデンスペースは長い間手付かずだったため、雑草だらけになっていました。どんどん延びる雑草は頭を悩ませる存在。しかし雑草がなくなり、美しい空間になれば、「お庭を活用したい!」という気持ちになることでしょう。生活環境の変化に伴い、ガーデンスペースのリフォームについてお考えになった井口様。活用できていなかった空間をどのようにデザインするかがポイントでした。
井口様邸のガーデンスペースを設計する上で大切にしたのは、メンテナンスの手間をかけずに綺麗な景観を保つこと。それを実現するためには素材選びが重要になってきます。「雑草対策にはコンクリートを打設してしまうのが手っ取り早いのでは?」と考える方もいらっしゃることでしょう。たしかにコンクリートを打設してしまえば、雑草の問題は解決できます。しかしご家族のくつろぐ場所がコンクリートでは、寂しく冷たい印象を与えかねません。
井口様邸では様々な素材を使い、自然の風合いが感じられるメンテナンスフリーな空間をご提案させて頂きました。
ガーデンスペースの床面は人工芝を敷設し、雑草対策を施しました。雑草は土の面が少しでもあると生えてきてしましますが、整地をして防草シートを敷いた上に人工芝を敷設しているので、雑草が生える心配はありません。本物そっくりの人工芝を敷いたガーデンスペースは、一年中緑を感じることができます。道路に面したガーデンスペースは背の高い生木のウッドフェンスで囲い、自然の香りを感じられる空間にデザインしました。
人工芝に加えて床面を彩るアールのステップは、レンガの小端立てとホワイト系の乱形石で造作。天然石のキラキラした表情が空間に華やかさをもたらします。丸みを帯びたステップは駐車場、ガーデンスペース、リビングの3箇所をゆるやかに結び、動線の要となっています。
掃き出し窓の前にはウッドデッキを設置しました。今回ウッドフェンスとウッドデッキに使用した木材はインドネシア原産のウリン材です。ハードウッドと呼ばれる硬質な木材なので、反りや劣化に強く、長い間メンテナンスをしなくても綺麗な状態を保つことが可能です。長い時間をかけて色味が抜けると落ち着いた雰囲気へと変わり、より愛着が持てる色合いになります。また天然木の香りは、心も体も癒してくれる効果があります。
お住まいの壁面に沿うように取り付けた立水栓は、今回の工事に雰囲気を合わせるために木目調のものをチョイスしました。ゴールドの取ってはリスの形をしており、可愛らしいアクセントとして空間を和ませてくれています。