クローズでありながらオープン。誰もが悩む問題を一気にクリア~菅沼様邸~

garden-reform-suganuma001

道路面にリビングが面している場合、どうしても避けては通れないのが人の視線の問題です。高い壁やフェンスで囲えれば話は簡単ですが、そうなると暗くなったり圧迫感を感じたりと新たな問題が。それらを一挙に解決するのがLIXILのプラスGです。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma002

今回使用したプラスGは縦格子、横桟のフェンスに角柱材です。それらを巧みに組み合わせ、シーンにデザイン性と機能性を吹き込み、さらにパネル材でプライバシー性を持たせました。見え過ぎず隠し過ぎずの絶妙な主庭の完成です。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma003

駐車の際はレッドの愛車が主役になれるよう、カースペースの床面は色味を抑えました。アプローチは玄関ポーチと同じブラウンのタイルでライン状の動線を作り、訪れる人を自然にドアへと向かわせます。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma004

リビング前は大きなパネルのおかげでしっかりとプライベート性を確保。お住まいの中に居ても人の視線が気にならず、カーテンを開けて開放的な気分で過ごせます。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma005

裏の勝手口スペースもパネル材でしっかり覆い、防犯と雨よけに貢献しています。ごみを外に置く際も安心ですね。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma006

裏庭のウッドデッキの隣もフェンスで囲っています。隣家の植栽を借景として使い、ナチュラルな色のフェンスとうまく一体感が生まれました。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma007

ウッドポールはアルミ材なので内部は空洞です。その為、インターホンやライトなどの配線を内部に収納できスマートさは損なわれません。ロートアイアンでまとめたアイテムが優雅ですね。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma008

門扉を通り主庭へ入ると一面芝生の広々としたスペースが展開します。遊び盛りのお子様にぴったりのエクステリアですね。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma009

アプローチと主庭を仕切る門扉や壁もデザイン性は抜群。土留めの壁の下に貼ったクラッシュタイルは見た目に美しいだけでなく、雨の際の泥はねによる汚れを軽減してくれます。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma010

パネルの一番下はあえて外してあり、レンガで造った花壇から生える下草でカバーしました。外からも中からもグリーンを楽しむことが出来、デザインにやわらかさが生まれます。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma011

夜になると、上下に設置されたライトが美しさを際立たせます。葉っぱをモチーフにした表札灯が素敵な陰を作り出していますね。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma012

主庭の一番端にも背の低いポールライトを設置しました。庭全体を光らせることで心理的にも安心感を与えてくれます。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma013

土の面は無いので水遊びもへっちゃらです。掃き出し窓とフラットの小さなタイルテラスが庭での遊びを楽にしています。\r\n

[×]
garden-reform-suganuma014

お子様の成長に合わせてお庭はいつでもリガーデンが可能です。ご家族と一緒に年を重ねられるお庭を、癒樹工房は目指しています。\r\n

[×]

道路からの視線をカットするLIXILのプラスGとパネル材。

リビングが道路から見えてしまう問題を解決するため、LIXILのプラスGという汎用材を使用しました。
縦格子、横桟のフェンス、角柱材、パネル材を組み合わせて、見え過ぎず隠し過ぎない、光を通す目隠しに仕上げました。
また、パネルの一番下はあえて外し、レンガで造った花壇から生える下草が敷地の内外から楽しめるようにしてあります。
カーテンや窓を開けていても、外から見えにくいので安心ですね。

 

裏の勝手口、ウッドデッキの隣にもしっかり防犯対策。

勝手口スペースはパネル材で横と上部をしっかり覆うことで防犯と雨よけになっています。
ごみなどを外に置いておいても外から見えず雨に濡れないのは嬉しいですね。
裏庭のウッドデッキもフェンスで囲い、隣家の植栽を活かす借景の技法で緑を取り入れています。

 

愛車が主役のカースペース

施主様の愛車が引き立つように、カースペースは床面の色味を抑えてデザイン。
駐車スペース横のアプローチは玄関ポーチと同じブラウンのタイルを人の動線に合わせて敷いています。

 

ロートアイアンで統一した表札表札灯

葉っぱのモチーフがアクセントになっている表札表札灯はロートアイアン製。
取り付けているアルミ材のウッドポールは内部が空洞で配線を内部に収納できるため、すっきりとした印象になりました。

 

芝と植栽に癒される主庭。

一面芝生の広々とした主庭は、掃き出し窓と同じ高さにタイルテラスを造作してあります。
土留めの壁の下に貼ったクラッシュタイルは、雨の際の泥はねによる汚れを軽減してくれるのが嬉しいポイントですね。
また、主庭の一番端には背の低いポールライトを設置。庭全体を優しく照らしてくれるので、夜でも安心です。

 

菅沼様邸_コメント