新築エクステリア工事施工事例集

エクステリアに組み込まれた色鮮やかな自然石〜江川様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

ファサードの床面とデザインウォールを彩る自然石

広い敷地に建てられたご新築にマッチするよう、オープンタイプのエクステリアをデザインしました。間口の広さを十分に活かすため構造物はあまり設けず、自然石などの魅力的な素材を多く取り入れました。デザインウォールは左官仕上げとボーダー状の自然石のシートを組み合わせ、ナチュラルモダンな雰囲気が出ていますね。デザインウォールとセットの門柱も、同じボーダー状の自然石を表面に張ってあります。洋風の笠木を取り付けた門柱は、ファサードの主役級の存在感を感じますね。

 

DESIGN POINT 2

ナチュラルなマテリアルでエクステリアに温かみをプラス

自然石のデザインウォールの隣には、レンガで作った花壇を取り入れました。自然石とレンガは異素材ですが、どちらも自然から生まれたものなので相性はバッチリです。色とりどりの植栽が季節ごとに表情を変えてくれるので、一年を通して様々な発見が感じられるエクステリアになりました。

 

DESIGN POINT 3

カースペースに走る自然石のライン

カースペースは、コンクリートのみで構築すると後々ひび割れの原因になってしまうので、ある程度の面積で目地を設けるのが一般的です。今回は自然石をキューブ状に切り出したピンコロ石を使って目地を設けています。灰色のみの床面に暖色のラインが入ることで、冷たいイメージが払拭されましたね。カースペースの隣のサイクルスペースは、エクステリアの各所に立っているアルミ製のポールと同じ素材です。木目調のラッピングが施されているので、金物特有の冷たさは感じられません。サイクルポートの足もとには自転車のチェーンを掛ける輪留がプラスされています。道路境界から近い位置のサイクルスペースなので、防犯対策は必須ですね。お客様が来られてもお車が駐められるように、ガーデンスペースの一部をコンクリートで舗装しました。
 

DESIGN POINT 4

メインのエクステリアは人工芝とタイルデッキでデザイン

お忙しい家庭だとなかなかエクステリアのケアは出来ませんよね。そんなご家庭に持って来いのアイテムなのが人工芝とタイルテラスのコンビです。どちらもメンテナンスフリーなので、お休みの度に掃除をしたり草抜きをしたりの煩わしさから開放されます。キレイで手間の掛からないエクステリアを、とお望みでしたらこの2つのアイテムは必須ですね。
カースペースとお庭を仕切るデザインウォールの裏には、蛇口を取り付けて立水栓の機能を持たせました。その隣はレンガ調のカワイイ物置を設置。コンパクトですが収納力も抜群な物置です。デザインウォールにシェードランプを取り付けたことで、夜も荷物の出し入れが容易にできます。。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房 森田様
この度は、とても素敵な庭を作って頂きまして、ありがとうございました。
我が家の新築工事の際にハウスメーカーから紹介された外構業者のプランに納得できず、結局は外構工事の予定を立てないで入居していました。
自分たちの想定より広く、しかも土がむき出しの敷地を「どうしたものか・・・」と考えていたところ、インターネットで癒樹工房さんを知り、施工例を見ていくうちに、デザインやその雰囲気を気に入り、また人工芝に興味を持ち、一度見てもらおうと決めました。
実際に敷地を確認し、私達の希望するイメージを伝えて作って頂いた最初のプランを見た時に、「こんな庭になったら良いな」と素直に思い、工事をお願いすることにしました。何回も打ち合わせをする中で、庭のメンテナンスにかかる手間を少なくしたいという希望を十分に取り入れてもらい、費用面でも助かりました。
完成した庭を見た時に、最初に見たプランから自分の中でイメージしたものと同じものが目の前にあり、非常に嬉しかったです。昼間の庭も眺めていて満足ですが、夜のガーデンライトが灯った雰囲気(特に門柱と植栽)はとても気に入っています。これからは家庭菜園のスペースを活用して楽しんでいきたいと思っています。

江川