新築エクステリア工事施工事例集

旗竿地のデメリットをメリットに! 逆転の発想で隠れ家のカフェのようなエクステリア~田邊様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

見えないからこそ、その先の景色が楽しみになる演出

長いアプローチのその先、奥まった場所に建つ田邊様邸。美しい白壁とクラシカルな木製ドアが温かみのある雰囲気を醸し出すご自宅は、いわゆる旗竿地に建ちます。旗竿地とは、通りに面した敷地が細い通路になっており、その奥に建物が建つ敷地がある、文字通り竿に付けた旗のような土地のこと。「敷地延長」とも呼ばれ、都心など住宅の密集した市街地にはよくある形状です。
田邊様邸でも、細長い通路は駐車スペースと歩行者用のアプローチを兼ねており、手前には他の駐車スペースの邪魔になるため、ずっと奥の玄関付近に表札やポスト、インターホンなどの門袖機能を置かざるを得ません。
家の顔ともいえる門袖は、本来は目に付く場所に配置したいところ。そこで、田邊様邸の門まわりに施されたのは、それを逆手に取ったとも言える「隠れ家的」な演出です!

通りからは、まず南国を彷彿とさせる小ぶりのヤシ、フェニックスがその個性的な姿で出迎えます。「何があるのかな?」と思わず、その先に期待が高まります。
よく見ると手前には素朴な枕木の門柱と真っ赤な欧風のポスト、近付いていくと足元には色鮮やかな天然石の石畳…。限られたスペースながら、次々目に飛び込んでくる遊び心のあるデザインはワクワク感に包まれます。まるで隠れ家カフェにでも訪れたような気分です。

建物が見えない、奥まっている、隣家と密接している…挙げようと思えば、旗竿敷地のデメリットはいくらでも出てきますが、逆に奥にあるからこそ、何があるのか楽しみになるようなデザイン…まさに逆転の発想と言えそうです。

DESIGN POINT 2

暗く閉ざされたお庭がまるでカフェテラスのような空間に!

お向かいのお宅と両隣に囲まれた田邊様邸のお庭は、言ってしまえば閉ざされた空間。通り沿いからの目線は入りにくいものの、近隣の視線は常に気になる構造です。リビングから見えているのは、前のお宅のブロック塀と建物。暗さに加えて、景色にも日常感が感じられます。
アウトドアが趣味というご家族、やはりお庭での過ごし方にも自然を身近に感じられるような機能や寛ぎ感にこだわっており、お庭に求めたのは「外に出たくなる空間」。もちろん、お部屋からの景観にも「カーテンを開けて暮らしたい」という思い入れがありました。
まず、お庭に非日常感を演出するために大切なのは、背景です。そこで選ばれたのは、視線が自然に横に流れ、広さを感じさせる横板張りのフェンス。目隠しはもちろんのこと、このお庭に足りない明るさや広さを演出してくれる白を基調とした色味の板を、目線の高さにまで張り合わせています。
さらにお庭の奥行きを最大限に活かすため、テラスを敷地ギリギリまで伸ばしています。こちらもフェンスに合わせ、淡いアイボリーの木目タイルに。これはリビングの内装に色味を合わせることで、視覚的にお部屋の延長線上のような広がりを感じさせる仕掛けです!

テラスを敷地一杯まで伸ばしたことで、土の露出は殆どありませんが、テラスのコーナーには玄関前と同じ、南国リゾートたっぷりのフェニックス等を植え込んだ野趣溢れるロックガーデンが!緑と石の趣あるしつらえが景観に潤いを与えます。

お隣との境界には、大げさにならない程度の目隠し壁を兼ねた白壁のデザインウォール。この壁には当初からご要望の一つだった立水栓も設けています。隣地との境界に壁、というと圧迫感にも繋がりそうですが、壁面には光を取れる穴あきブロックや角柱を組み合わせることで、光もきちんと射し込みます。
実際の面積以上の広さと開放感、閉ざされているからこそ味わえるプライベート空間。田邊様邸のテラスは特別な安らぎに満たされます。

DESIGN POINT 3

素朴なテイストながら、耐久性抜群の素材でメンテナンスも快適に

お庭では中高生となるお子さん達や、5歳になる下のお子さんとBBQをしたり、プールを出して楽しみたい、という田邊様。お子さんの年が離れていると、一家の主婦の仕事はさらに複雑化しますが、このプランの中にはメンテナンスが容易な素材が積極的に採用されています。
例えばデッキに見える木目タイルのテラスは、ほぼメンテナンスフリー。フェンスも木樹脂フェンスなので、手を煩わせる必要がありません。土の露出も殆どないので、雑草との闘いとも無縁!花壇の中だけお手入れすればOKです。
テラスにフェンス、門まわり…どの素材からもナチュラルな風合いが感じられますが、実は機能的で耐久性のある製品を用いることで、快適性をグンと高めているのです。
お庭はストレスを溜める場所ではなく、寛ぐ場所。快適さは、心地良さにも繋がります。手入れが少なく寛ぎに満ちたお庭では、ご家族が過ごす時間がさらに増えていきそうですね。お洒落で居心地の良い田邊様邸のエクステリアは、発想の転換によって旗竿敷地のデメリットをメリット尽くしに変えた魅力的なケーススタディといえそうです!

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房 梶原様 延島様
 この度は、長期間に渡り大変お世話になりました。
新築にあたり、外構工事の専門業者を個人的に選定しなければならなくなり、パンフレット、資料請求をさせて頂いたのが始まりでしたが、結果として予定していた玄関まわり、庭の外構には大変満足しております。
 検討開始の当初より、こちらから色々とリクエストも多く、又プラン変更等にもご対応頂き、設計~計画まで、ご苦労があったかと思っております。
 予め出来上がりのイメージをCGで頂いておりましたが、完成後の様子はイメージ通りで安心しましたし、今後不自由なく楽しい生活が出来ると思います。
お陰様で遊びに来た知人やご近所様からも高い評価を頂いておりますので、機会がありましたら紹介していこうと考えています。
 最後になりますが、また困ったことがありましたら、お声をかけさせて下さい。
約半年間、楽しかったです。有難うございました。

田邊圭一、美奈子