新築エクステリア工事施工事例集

優しい色調が嬉しい、和みのバリアフリーファサード~田中様邸~

garden-reform-yoshioka001
garden-reform-yoshioka002
garden-reform-yoshioka003
garden-reform-yoshioka004
garden-reform-yoshioka005
garden-reform-yoshioka006
garden-reform-yoshioka007
garden-reform-yoshioka008
garden-reform-yoshioka001-サムネイルgarden-reform-yoshioka002-サムネイルgarden-reform-yoshioka003-サムネイルgarden-reform-yoshioka004-サムネイルgarden-reform-yoshioka005-サムネイルgarden-reform-yoshioka006-サムネイルgarden-reform-yoshioka007-サムネイルgarden-reform-yoshioka008-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

暮らしやすさとバリアフリーを考えたデザイン

田中様邸のプランのポイントは暮らしやすさを考えたバリアフリーデザインです。道路境界側に車3台が駐車できる広々としたスペースを確保。カースペースはピンコロ石でラインをつくり、駐車の目印にしました。カースペースからは階段のアプローチ、バリアフリーのためのスロープへと繋がり、どの年代の方でも暮らしやすいように沢山の工夫が施されたデザインになっています。
15cm角の柔らかなアースカラーの自然石平板で造作されたアプローチはモザイク画のようなメリハリのあるデザインです。 ステップは蹴上げを低く踏面を大きくすることによって、膝などが悪い方でも移動しやすいように設計にしました。 また夜には足下を照らしてくれるグランドライトを設置。明るさを確保し夜も安心して歩行できます。地面に埋め込むタイプのグランドライトは歩行の邪魔になりません。
グランドライトに使用されている LED電球は消費電力が少ないので、電気代を抑えることができ節約になります。
スロープ部分は今は使わなくても将来を見越してつくることにしました。後からスロープをつくるとなると、今あるものを解体しなければいけません。そうなると工事費用だけでなく、解体費用や処分費用など余分な費用がかかってしまいますし、工事期間も延びてしまいます
初期費用はかかりますが将来の無駄な費用を抑えることができ、結果として経済的な選択になります。

DESIGN POINT 2

様々なギミックが施された可愛らしい雰囲気のファサード

お住まいの顔でもあるファサードには柔らかな雰囲気のマテリアルを多用し、お客様を和ませるような佇まいにしました。デザインウォールは幅を取らないコンパクトな設計で、インターフォン部分にはモザイクタイルをライン状に貼り、モザイク画のような床面のデザインと合わせました。
ネームプレートは可愛らしい陶器製のものを設置。ネームプレートの雰囲気に合わせるため、ポストも陶器に似せたFRP(繊維強化プラスチック)製のものを使用しました。アンティークなイメージながら軽くて壊れにくいのが特徴の可愛らしいポストです。
ポストの下にはガラスブロックを配置することで透明感や軽やかさを演出しています。白く塗った左官仕上げのデザインウォールを雨と汚れから守ってくれる笠木は、アルミ製のものを使用しています。表札、ポスト、笠木の色味を合わせ、統一感を演出しました。

Client Voice お客様の声

 尾崎さん、いろいろありがとうございました。
 当初の予定していた予算の1.5倍になってしまったことが、ケチな私にとっては痛手ですが老人が使い易く、ほどほどに今風で愉しいアプローチになり、満足しています。
 費用のことで迷っていたため、お願いする時期が遅くなり、家が完成しても足場が悪く高い段差があるため年寄りが家に入れないことを相談したところ、着工を早めて下さり、本当に助かりました。又、着工後も色々な要望や疑問に速やかに対応していただいたこと、感謝します。
 仕事とはいえこの猛暑の中、黙々と作業して下さった職人さん方にも、深く感謝します。みんなに自慢しながら大切に使って行きます。

田中・吉岡