自然豊かなバリアフリーガーデンにリフォーム〜大塚様邸〜

長年ガーデニングを楽しんできた自然豊かなお庭も、体力的に少し大変になってきたとご相談を受け、管理しやすいナチュラルテイストなお庭をデザインしました。手入れに手間暇がかからない素材を多用することで、よりゆとりを持ちながら以前と変わらずお庭いじりを楽しむことが出来ます。

[×]

基本的なゾーニングはリフォーム前と変えず、生活動線の変更はしていないので、生活のリズムは以前とそのままです。長年愛でてきた高木は残して配置を変え、より世話をしやすく改変を施しています。門扉はもちろん車用のアコーディオン門扉も一新し、セキュリティ面もバッチリですね。

[×]

デザインウォールは柔らかい雰囲気のカラーをチョイスし、ラフな仕上げの塗り壁にしました。ネームプレートもポストのカバーも木目の美しいものを配置し、全体的に緑を感じさせる門まわりになっています。壁は道路境界線に対して斜めなので、インターフォンは道路と平行に取り付けて訪問客に配慮をしています。

[×]

アプローチは赤みがかった美しい乱形石をふんだんに使い、とても色鮮やかに仕上げました。カースペースは半円状のコンクリートと掛け合わせることで床面にメリハリを出すとともに、駐車時に目立たなくなる面の乱形石のスペースを省いてコストを削減する狙いがあります。

[×]

新たに取り付けたカーポートの屋根材のカラーはクリアマットなので、汚れも目立たず頻繁な清掃の必要はありません。門扉を二つ使ったクローズエクステリアであるにもかかわらず、隙間を意識して設けているので重すぎないデザインになりました。

[×]

乱形石の施工は職人の腕が試される難解な作業の一つです。隙間を出来るだけ作らず且つ自然な雰囲気で石の配置を続けるという工程は熟練の技が必要になってきます。自然石の色も均等にばらけているので、とても美しい床面に仕上がりました。

[×]

門扉を抜けると左手に主庭のスペースが広がります。低めに設定されたタイルテラスは施主様の使い易さを考慮してのデザイン、半円状の花壇は屋根まで伸びるグリーンカーテン用です。

[×]

デザインウォールに巻きつくように乱形石のベンチがお庭の奥まで伸びています。ベンチは花壇の縁へと変わり、デザインは流動的かつ一体感のある雰囲気になっていますね。緑に溢れる主庭ですが、しっかりと土の空間を区切っているので、植栽の管理がしやすくなっています。

[×]

今回使用した人工芝はこのようなシート状のものです。ホームセンターで販売しているようなものと違い、丈夫で透水性に優れているのはもちろん、部分的に枯れた芝も再現しているのでとても自然な仕上がりです。敷設前には防草シートも敷き詰めているので、のちのち雑草に悩まされる心配もありません。

[×]

立水栓はお住いの壁面の色から逆算し、明るい緑をチョイスしました。水受けは高めのものを取り付けたので、洗い物の際に座ったり腰を曲げなくても済みますね。

[×]

お庭の真ん中に位置するのはカントリー調の可愛らしい物置です。木目の扉も両端のレンガも実は強化プラスチック製なので、いつまでも変わらない美しさを保ってくれます。収納性も抜群で天端も平らなので、上に植木鉢やポットを置いて彩りを添えてみるのも楽しそうですね。

[×]

お庭の半分以上を占める壁はオフホワイトなので夜でも視認性に優れています。ライティングは門まわりに一部設け、訪れる人の道しるべになってくれています。

[×]

門まわりのライティングはガラスブロックにまで光を届けてくれるので、光を浴びたガラスブロックが夜ならではの美しい表情を見せてくれています。

[×]

施工前はお庭に様々なアイテムがあったので、楽しい反面管理は大変でした。今回の工事で楽しむ空間を各所に凝縮させ、使い勝手のいい緑豊かなガーデンライフが送れることでしょう。

[×]

いつまでも楽しくガーデニングを、そんなご要望をカタチにしました

長年ガーデニングを楽しんできた自然豊かなお庭も、体力的に少し大変になってきたとご相談を受け、管理しやすいナチュラルテイストなお庭をデザインしました。手入れに手間暇がかからない素材を多用することで、よりゆとりを持ちながら以前と変わらずお庭いじりを楽しむことが出来ます。
基本的なゾーニングはリフォーム前と変えず、生活動線の変更はしていないので、生活のリズムは以前とそのままです。長年愛でてきた高木は残して配置を変え、より世話をしやすく改変を施しています。門扉はもちろん車用のアコーディオン門扉も一新し、セキュリティ面もバッチリですね。

通るだけで楽しい気持ちになれるナチュラルモダンなアプローチ

デザインウォールは柔らかい雰囲気のカラーをチョイスし、ラフな仕上げの塗り壁にしました。ネームプレートポストのカバーも木目の美しいものを配置し、全体的に緑を感じさせる門まわりになっています。壁は道路境界線に対して斜めなので、インターフォンは道路と平行に取り付けて訪問客に配慮をしています。
アプローチは赤みがかった美しい乱形石をふんだんに使い、とても色鮮やかに仕上げました。カースペースは半円状のコンクリートと掛け合わせることで床面にメリハリを出すとともに、駐車時に目立たなくなる面の乱形石のスペースを省いてコストを削減する狙いがあります。

ローメンテナンスでありながらも飽きの来ない、アイディアあふれる緑のお庭

門扉を抜けると左手に主庭のスペースが広がります。低めに設定されたタイルテラスは施主様の使い易さを考慮してのデザイン、半円状の花壇は屋根まで伸びるグリーンカーテン用です。
デザインウォールに巻きつくように乱形石のベンチがお庭の奥まで伸びています。ベンチは花壇の縁へと変わり、デザインは流動的かつ一体感のある雰囲気になっていますね。緑に溢れる主庭ですが、しっかりと土の空間を区切っているので、植栽の管理がしやすくなっています。
今回使用した人工芝はこのようなシート状のものです。ホームセンターで販売しているようなものと違い、丈夫で透水性に優れているのはもちろん、部分的に枯れた芝も再現しているのでとても自然な仕上がりです。敷設前には防草シートも敷き詰めているので、のちのち雑草に悩まされる心配もありません。
立水栓はお住いの壁面の色から逆算し、明るい緑をチョイスしました。水受けは高めのものを取り付けたので、洗い物の際に座ったり腰を曲げなくても済みますね。
お庭の真ん中に位置するのはカントリー調の可愛らしい物置です。木目の扉も両端のレンガも実は強化プラスチック製なので、いつまでも変わらない美しさを保ってくれます。収納性も抜群で天端も平らなので、上に植木鉢やポットを置いて彩りを添えてみるのも楽しそうですね。

大塚様邸_感想文