ガーデンリフォーム工事施工事例集

落ち着きのあるシンプルモダンエクステリアで暮らしの不便を解決〜河村様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

暮らしの不便や不安を取り除くエクステリア

リガーデン前の河村様邸のエクステリアは、土のままの状態でメンテナンスに時間や手間がかかり、頭を悩ます存在になっていました。また敷地には蓋のないU字溝があり、安全面で不安な部分がありました。さらに1m以上の高低差があるお隣さんとの敷地境界には、仕切りがありませんでしたので転落の危険も伴っていました。しかしお隣との良好な関係を大切したいという思いから、フェンスなどによってきっちり仕切ることに抵抗を感じておられた河村様。河村様にとってお子様の安全を確保しながらご近所の方とのこれまでの関係を保ち、お手入れしやすいエクステリアにすることは急務でした。ガーデンスペースはお子様が遊ぶ所でもあり、ご家族がくつろぐ場所でもありますから、居心地の良い環境にすることは非常に重要と言えます。河村様邸では安全・メンテナンス・デザインの3つをポイントにエクステリアプランをご提案させて頂きました。シンプルモダンで落ち着きのあるエクステリアが暮らしの様々な課題を解決します。

DESIGN POINT 2

お子様の安全を考えたスタイリッシュなモダンエクステリア

ガーデンスペースの安全を確保するため、蓋のないU字溝には蓋をつけます。しかしそれでは外観上、見栄えが良くありませんので、蓋の上に防草シートと砂利を敷き、U字溝を隠します。防草シートと砂利なら雨が降っても水が浸透しますので、排水に悪影響を与えることもありません。お子様が走り回っても安心ですね。また高低差のある敷地境界には積み増しをしたブロックにアルミの角柱を立て、お子様の転落防止を図ります。全体のモダンなイメージに合わせ、シルバーカラーの角柱でスタイリッシュな印象に。角柱の隙間が空いていることで、お隣さんに圧迫感を与えることもありませんし、閉ざしていてもオープンな印象を与えます。金属質なアイテムも曲線を描くように配置することで、空間に柔らさが生まれます。ご近所の方との関係にも配慮したエクステリアデザインです。また角柱の一本は固定せず、お隣さんのお子様が気軽に遊びに来ることができるようにしています。お子様がいつでものびのびと遊べるエクステリアが完成しました。

DESIGN POINT 3

メンテナンスの手間を減らし、ご家族の時間を楽しめるエクステリアに

ガーデンスペースが土のままですと、雨の日はぬかるみ、風のある日は土埃が舞い、外壁を汚してしまう原因になります。そして暖かくなると雑草が一斉に顔を出し、綺麗にしてもすぐに雑草が生えてしまいます。しかしエクステリア空間をライフスタイルに合わせてデザインすることで、こうした暮らしの不便を解消することができます。河村様邸ではメンテナンスを簡単にするためにガーデンスペースの床面にはタイルを貼り、テラススペースをつくりました。タイルテラスは落ち着いた雰囲気を演出するため、グレーをセレクト。落ち着きのある空間というと黒を連想することが多いですが、お住まいとのコントラストの差があり過ぎるとキツイ印象を与えてしまう恐れがあります。色が持つイメージを考えることも大切ですが、それ以上に全体のカラーバランスを考えることが肝心です。河村様邸のように、お住まいとバランスの取れたカラーを選定すれば、ニュアンスカラーでも空間を引き締め、エクステリアに落ち着きや高級感を演出できます。
新たに造作したタイルテラスによって土や泥でお住まいが汚れるのをなくし、雑草が生えるのを抑制します。しかし雑草の心配がないとはいえ、緑が全くないエクステリアというのもなんだか寂しいものです。そこで河村様邸ではプランターにキンカン、ゴールデンオレンジ、みかんの木を植え、緑を感じられるポイントをプラスしました。これらの樹木は常緑樹ですので、一年を通して緑のある景色を楽しめます。お子様と一緒に育て、収穫し、食すという喜びを味わうことできます。お子様の食に対する興味や知識を増し加えることができるかもしれませんね。今までメンテナンスにかけてた時間をお子様と過ごす時間に充てることができるでしょう。

Client Voice お客様の声

感想文

お庭の施工をお願いしたきっかけは、同時期に新築したお隣の家のお子さんが安全に遊べるお庭がとても素敵だったことでした。双子の妊娠がわかったとき、手付かずの庭をなんとかしなければと相談させていただきました。ご担当くださった方は、こちらの迷走気味な要求にも耳を傾けてくださり、最終的には既成品のお品では表現しづらい有機的なラインのお庭に仕上がりとても満足です。
特にフェンスは各お隣さんとの関係が良好だったのであまり区切られた感じのしないものを探していましたが、既成品で希望のものを見つけられずにいました。そこで長さの違う角柱を1本ずつ立てて曲線を描きながら緩やかに区切るという、少し手間のかかる施工をすることになりました。職人さん達と密に連携しつつ1本1本の長さを確認しながら施工していただけたのは職人さん方との関係が良好なこちらの会社さんならではかと思います。
また、お隣との境界の角柱1本をあえてセメントで固定せず手で簡単にずらせるようにして、お隣のお子さんが気軽にボールを取りに来れるようにするなど、細やかな心遣いもありがたかったです。
樹木選びも、こちらでは見つけられないサイズのものを探してくださったり大変お世話になりました。植えた果樹の成長とともに子達が庭でのびのびと遊ぶのを見られるのが楽しみです。みんなが満足できる庭をありがとうございます。

河村 嘉之・香苗