ガーデンリフォーム工事施工事例集

介護とペット、生活の変化に対応したガーデンリフォーム〜石山様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

母屋を見守る安らぎのガーデンルーム

二軒のお住まいの間に位置するガーデンスペースのリフォームをご依頼された石山様。裏手の母屋の行き来をスムーズにすることと、遊び盛りのワンちゃんのためのスペースを確保、以前のお住まいでガーデンライフの中心だったガーデンルームを取り付けることがご要望です。大規模なリフォームによって3つの使い方を一つの空間に凝縮した、こだわりのガーデンスペースが出来ました。
既存の色あせたタイルは大部分を新たに作り直し、家の壁とマッチする淡いタイルを敷き詰めています。隣地との境にある背の高いブロック塀も汚れていたので、しっかりと表面を塗り直し、空間に明るさを取り戻すことが出来ました。
お庭と直結している扉側はコンパクトな植栽コーナーと鮮やかな色の化粧砂利、温かいカラーのタイルと方形の自然石に包まれた優しい雰囲気が漂うスペースです。シンプルで場所を取らないオレンジの立水栓は植栽の水やりとワンちゃんのお世話用にピッタリのサイズです。
お庭の中心に据えたのは石山様お気に入りのガーデンルーム。LIXILのジーマは全面を強化パネルではなくガラスで覆っているので、他のメーカーのガーデンルームと比べて内部から見た外の景色の美しさに明確な差があります。折戸タイプでしたら、天気の良い日は全開にして気持ち良い風をおもいっきり取り込むことも可能です。
オプションの内部日除けは大事な存在です。ガーデンルーム内で過ごす際はもちろんのこと、窓を全開にしてリビングルームの延長として使う時も日除けが日差しをカットしてくれるので、日光はお部屋の中まで差し込むことはありません。

リビングルーム前の擁壁を解体することで母屋と空間がつながり、広く便利にガーデンスペースを使えるようになりました。光が母屋の窓に差し込まないよう、ホワイトの木目のアルミ材をフェンス代わりに配置。砂利のアプローチとコンパクトな門扉の奥を進めば、母屋の玄関まですぐです。最短距離でお互いの家を行き来できるようになったのは、今回のリフォームで一番のメリットです。母屋で暮らすお母様を見守りながら、新しい家族のワンちゃんと一緒にガーデンルームで穏やかな時間を過ごす。コンパクトな空間の中に沢山の思いが込められたガーデンスペースです。リフォーム前は狭小スペースに常緑樹と花壇、壁がしっかりとあり重苦しい印象です。これらを思い切って全て取り払うことで、空間に軽やかさが加わり今まで以上に広く感じられるようになりました。

Client Voice お客様の声

感想文

癒樹工房の西村さんをはじめ作業をしていたスタッフの皆さまには大変お世話になりありがとうございました。当初のこちらからの要望は大まかに3点でした。
①裏手に一人暮らしをしてる高齢となった母の家への行き来をし易くする為、塀に扉を設置すること。
②転居前の住まいで気に入っていたテラスルームを作ること。
③そして2歳になる元気いっぱいな大型犬の遊び場とトイレスペース。
結果は担当西村さんの意表を突いた大胆な発想により母屋との境の塀を撤去し視界が広がり明るい室外空間が出現しました。テラスルームのジーマも良く陽があたり快適です。
そして愛犬もまさに犬走りを元気に走り散歩前の動線に助かっております。
まだ寒い冬でテラスや外での楽しみもすくないですが、春に向けこれからの季節を楽しみにしております。
最初から最後まで責任を持って携わって頂き本当にありがとうございました。

石山