新築エクステリア工事施工事例集

緑と木が調和するオープンエクステリア〜吉田様邸〜

garden-reform-yoshida001
garden-reform-yoshida002
garden-reform-yoshida003
garden-reform-yoshida004
garden-reform-yoshida005
garden-reform-yoshida006
garden-reform-yoshida007
garden-reform-yoshida008
garden-reform-yoshida009
garden-reform-yoshida010
garden-reform-yoshida011
garden-reform-yoshida012
garden-reform-yoshida013
garden-reform-yoshida014
garden-reform-yoshida015
garden-reform-yoshida016
garden-reform-yoshida017
garden-reform-yoshida018
garden-reform-yoshida019
garden-reform-yoshida001-サムネイルgarden-reform-yoshida002-サムネイルgarden-reform-yoshida003-サムネイルgarden-reform-yoshida004-サムネイルgarden-reform-yoshida005-サムネイルgarden-reform-yoshida006-サムネイルgarden-reform-yoshida007-サムネイルgarden-reform-yoshida008-サムネイルgarden-reform-yoshida009-サムネイルgarden-reform-yoshida010-サムネイルgarden-reform-yoshida011-サムネイルgarden-reform-yoshida012-サムネイルgarden-reform-yoshida013-サムネイルgarden-reform-yoshida014-サムネイルgarden-reform-yoshida015-サムネイルgarden-reform-yoshida016-サムネイルgarden-reform-yoshida017-サムネイルgarden-reform-yoshida018-サムネイルgarden-reform-yoshida019-サムネイル
画像一覧を開く

緑と木が調和するオープンエクステリア

玄関正面のアプローチはフロアビーズに枕木を組み合わせ、ナチュラルな雰囲気を演出。
また枕木ポールを立てることで、空間にナチュラルさだけでなく、立体感をプラスしました。アプローチ横に敷設した人工芝とも相性抜群です。
また駐車場から玄関への動線はコンクリート舗装をしていますが、その中に平板を埋め込み、飛び石風にアレンジ。自然と玄関へと導かれます。玄関横には、ピンコロ石で花壇を造作しました。フロアビーズと同じ色調なので、空間に一体感がありますね。花壇に植物を飾れば、玄関まわりが華やぎ、植栽があることで、お住まいの雰囲気もグッと良くなります。
また吉田様邸の玄関まわりを明るくしてくれるのは、縦型の赤いポストです。
遊び心のある可愛らしいフォルムで玄関前を彩り、吉田様邸の目印になっています。

公園のような広々したナチュラルガーデン

掃き出しの窓の前にはウッドデッキを設置しました。
リビングの床面と同じ高さにしてあるので、ウッドデッキとリビングが繋がり、お部屋が広くなったように感じられます。外壁と馴染むよう、明るめのカラーをセレクト。ウッドデッキには、階段を2段使用し、お子様もガーデンスペースに出やすくしました。
お子様と遊んだり、外でお食事を楽しんだり、様々な使い方が可能です。ウッドデッキの上は、お住まいのバルコニーが屋根になっているので、雨の日でも外に出ることができますね。
駐車スペースと繋がりをつくるため、ウッドデッキ前は人工芝を敷設。一年中、緑が広がる空間を眺められます。そしてガーデンスペースのさらに奥には、天然芝ゾーンをつくりました。公園のような空間で、お子様がのびのびと遊ぶことができます。天然芝は夏場の地表面の温度上昇を抑制したり、土埃を抑える効果があります。人工芝に加え、天然芝を敷設することで、よりナチュラルさを感じられるガーデンスペースに。
またガーデンスペースに設置した立水栓は擬木を使用し、全体のナチュラルな雰囲気と合わせました。コンクリート製の枕木なので、腐食する心配はありません。
芝生の水やりにも便利な位置に配置しました。
ガーデンスペースの目隠しには天然木のフェンスを設置。天然木の温かみが伝わってきます。天然木は年月と共に色合いが変化していき、その変化を楽しめるのも魅力のひとつです。吉田様邸では表面と裏面の交互にフェンスの板材を取り付け、フェンスの表情が単調にならないようにしました。そうすることで、景観に変化が生まれ、背の高いフェンスも圧迫感を感じにくくなります。
夜は家から漏れる光がお庭の隅々まで届き、夜のガーデンスペースを美しく照らしています。
ウッドフェンスの隙間からこぼれる優しい光が印象的です。