新築の外観にマッチする落ち着いた雰囲気のファサード〜林様邸〜

garden-reform-hayashi001

念願のマイホームを建てられた林様。ご新居に見合うお庭を作るべくお打ち合わせを重ね、ご満足いただけるオープンエクステリアが完成しました。使い勝手はもちろんのこと、ご新居と融合するかのような一体感のある美しいお庭をデザインしました。

[×]
garden-reform-hayashi002

玄関と道路の距離が近い状態でしたので、デザインウォールを一枚造作し、アイストップの効果を持たせました。壁が一枚あることで、外からの視線は自然と壁に向かいます。大きく玄関を壁やフェンスで覆わなくても、プライバシーの向上が図れます。壁は優しい色の左官仕上げで、お住いの外壁とマッチしていますね。

[×]
garden-reform-hayashi003

デザインウォールに取り付けたアイテムは連名のネームプレート、ポスト、インターフォンとシンプルにまとめました。アクセントに石積み風のタイルで縦のラインを設け、フォーカルポイント(見どころ)を作りました。

[×]
garden-reform-hayashi004

道路から玄関のポーチまでは1メートルほどしかないため、前入れ後ろ出しタイプのポストも動線の邪魔にならないよう、スリムな物をチョイスしました。新設のタイルはデザインウォールとカラーを合わせ、空間の雰囲気を統一させています。

[×]
garden-reform-hayashi005

こちらの駐車スペースはお客様用として活用しています。奥の主庭スペースに通じる動線も確保し、階段を設けました。ウッドポールと植栽で少し奥を隠し、プライベートなスペースを守っています。

[×]
garden-reform-hayashi006

ウッドポールはアルミ材に木目調のラッピングを施した汎用材なので経年劣化はなく、いつまでも美しい木の雰囲気を楽しめます。植栽のスペースとして造作した花壇には自然石の平板を笠置として取り付けました。笠置を設けたことで、雨だれによる汚れの防止が期待できます。

[×]
garden-reform-hayashi007

主庭のスペースは周りをぐるりと木目調のアルミフェンスで囲い、プライバシーの確保をしました。これからご近所に家が建ってくるので、先んじてフェンスで覆っていれば視線を気にせずお庭でくつろぐことができますね。フェンスは隙間があるタイプなので、採光性と通風性に富んでいます。

[×]
garden-reform-hayashi008

お庭の主役となるのは、コーナーに据えたオリジナルのベンチです。二種類のカラーのタイルで彩られた長めのベンチは、お子様と一緒にくつろいだり、お友達を呼んでBBQをしたりと、様々なシーンで大活躍することでしょう。

[×]
garden-reform-hayashi009

リビングルーム前のタイルテラスは主庭全体に広がり、まるで部屋が一つ増えたかのように感じます。高めに設置したフェンスのおかげで、窓を開放しても問題なくくつろげます。室内との段差もほとんどなく、お庭に出やすい設計になっています。

[×]
garden-reform-hayashi010

駐車スペースと主庭に取り付けたスリムな立水栓はそれぞれ差し色として空間にメリハリを生んでいます。2口タイプの立水栓なのでどちらも使い勝手は抜群、おしゃれなオブジェのような佇まいがガーデンライフを彩ります。

[×]
garden-reform-hayashi011

夜は足元を中心に配置したライトが床面を照らしてくれるので、夜間の歩行も安心です。デザインウォール前にライトを取り付けたことによって壁が淡く光り、門灯の役割も果たしています。

[×]
garden-reform-hayashi012

ライトはLED製のものを使用しているので、毎日使用しても電気代の心配はいりません。ライトのオンオフもお庭に取り付けたタイマーによって全自動ですので、消し忘れもなく快適にお使いいただけます。

[×]
garden-reform-hayashi013

植栽は常緑樹なので葉は落ちることなく主庭を優しく隠してくれます。斑入りの葉は色幅があるので飽きずにお庭のアクセントとして長く楽しめます。

[×]
garden-reform-hayashi014

テラスや花壇が新生活に加わり、ご家族みんなで楽しいガーデンライフを送っていただけているようです。この度はまことにありがとうございました。

[×]

シックなカラーで大人な雰囲気のオープンエクステリアに

念願のマイホームを建てられた林様。ご新居に見合うお庭を作るべくお打ち合わせを重ね、ご満足いただけるオープンエクステリアが完成しました。使い勝手はもちろんのこと、ご新居と融合するかのような一体感のある美しいお庭をデザインしました。
玄関と道路の距離が近い状態でしたので、デザインウォールを一枚造作し、アイストップの効果を持たせました。壁が一枚あることで、外からの視線は自然と壁に向かいます。大きく玄関を壁やフェンスで覆わなくても、プライバシーの向上が図れます。壁は優しい色の左官仕上げで、お住いの外壁とマッチしていますね。
デザインウォールに取り付けたアイテムは連名のネームプレートポスト、インターフォンとシンプルにまとめました。アクセントに石積み風のタイルで縦のラインを設け、フォーカルポイント(見どころ)を作りました。
道路から玄関のポーチまでは1メートルほどしかないため、前入れ後ろ出しタイプのポストも動線の邪魔にならないよう、スリムな物をチョイスしました。新設のタイルはデザインウォールとカラーを合わせ、空間の雰囲気を統一させています。

 

ベンチを主庭の中心に据え、様々な過ごし方が可能に

主庭のスペースは周りをぐるりと木目調のアルミフェンスで囲い、プライバシーの確保をしました。これからご近所に家が建ってくるので、先んじてフェンスで覆っていれば視線を気にせずお庭でくつろぐことができますね。フェンスは隙間があるタイプなので、採光性と通風性に富んでいます。
お庭の主役となるのは、コーナーに据えたオリジナルのベンチです。二種類のカラーのタイルで彩られた長めのベンチは、お子様と一緒にくつろいだり、お友達を呼んでBBQをしたりと、様々なシーンで大活躍することでしょう。
リビングルーム前のタイルテラスは主庭全体に広がり、まるで部屋が一つ増えたかのように感じます。高めに設置したフェンスのおかげで、窓を開放しても問題なくくつろげます。室内との段差もほとんどなく、お庭に出やすい設計になっています。