新築エクステリア工事施工事例集

シックに表現したオトナの旗竿エクステリア〜松下様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

旗竿地ならではのカッコよさを追求したアーバンエクステリア

分譲地でよく見られる旗竿地と呼ばれる敷地は、細長い通路の奥に家があるという構図なのでどうしてもデザインできるお庭のスペースは限られます。そこで旗竿地ならではの問題や短所を解決したセミクローズ外構を提案しました。限られた敷地でも狭さを感じず、ゆったりとした雰囲気のアプローチをデザインしています。

カースペースと通路を兼ねた前面のスペースはどうても単調になりがちです。ヒビ割れ防止のために入れたピンコロ石のラインを使用してデザイン性を持たせながら歩行者用の通路と駐車場のエリアを区切ります。旗竿地は敷地境界線から玄関まで一直線なので、アイストップのためにデザインウォールを2枚造作しました。あえて重ねてあるので、より奥行き感を感じるとともにデザイン性の高さが人の目を惹きつけ、お住まいから視線を逸らしてくれる働きがあります。

ラフ仕上げの左官のデザインウォールには洗練された雰囲気のネームプレートを取り付けました。淡い色調のインターホンカバーもインターホンの無機質さを隠してくれて、色味の散らない洗練された雰囲気です。床面のタイルとカラーを合わせたレンガのラインが金物の冷たい印象を打ち消しているのもポイントです。玄関まわりはお隣さんの生活空間と隣接しているので、背の高いフェンスでしっかりと空間を遮りました。
デザインウォールを越えるとプライベートスペースが広がっています。お隣さんの窓と隣接する敷地形状なので、窓の前にはデザインウォールを配置しました。光を通すガラスブロックも組み込んであるので暗くなりません。
デザインウォールに隠れるようにつくられた人工芝のスペースは、お子様の遊び場でもあります。シンボルツリーもライトとピンコロ石で飾り、よりシンボリックな雰囲気が出ています。立水栓はブラウンでナチュラルテイストにしています。
夜も光があることで細長い通路も不安を感じずに進めますね。暖色系の明かりが柔らかい道標となっており、全体的に温かい雰囲気に包まれています。家の顔とも言えるデザインウォールは下から照らし上げることで、デザインウォールの細かな凹凸やタイルのラインが様々な陰影を作ってくれます。ライティングは1箇所でもあることで洗練されたナイトエクステリアになります。また安全や防犯の効果を高めるので是非取り入れて欲しいエクステリアアイテムです。

Client Voice お客様の声

感想文

この度はとても素敵な外構に仕上げて頂き有難うございました。相談に乗って下さった西村さん、そして梅雨時期で大変な時期にも関わらず作業をして下さった職人の方々には心より感謝申し上げます。
旗竿地という形状の土地にマイホームを建てており、外構をどうすれば良いか悩んでいたところホームページで癒樹工房さんの施工例を拝見しました。どこのお庭もとても素敵で興味あふれる外構でした。そして是非癒樹工房さんにお願いしようということになりました。
限られた予算の中で色々と親身に相談に乗って下さりシンプルながらも素敵なデザインを提案して下さいました。「駐車スペース、駐輪スペース、子どもが遊べるちょっとしたお庭」をお願いしたところ周囲に配慮したおしゃれな仕上がりとなりとても満足しています。
癒樹工房さんにお願いして本当に良かったです。
有難うございました。
                                     松下