ガーデンリフォーム工事施工事例集

プライバシー性抜群のスクリーンフェンスと鮮やかな乱形石に彩られたテラスで癒やしのひと時を〜遠藤様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

鮮やかな乱形石に彩られたテラスで癒やしのひと時を

劣化のため長年お庭で使ってきたウッドデッキを壊した後、待っていたのは雑草との終わらない戦いでした。まとまった時間を管理に費やすことができないのでせっかくのガーデンスペースは荒れていくばかり。またご家族で楽しめるお庭にしたいという遠藤様の思いを受け、管理の必要ない乱形石で彩ったテラスを造作しました。お住まいの外壁のレンガとマッチするガーデンスペースは新しい魅力を感じさせてくれます。今回使用した乱形石はメイクランドのエルドラドクォーツ、不動の人気を誇る南米産の乱形石です。赤系の色で統一された床面はランダムな色彩に彩られ、乱形石ならではの様々な表情を見せてくれます。
雑草だらけになってしまうのは、土の面があまりにも広すぎるからです。植物がお好きな方は、土の面を管理できる分だけ残してあげると無理のない範囲でガーデニングが楽しめます。
お庭のコーナーにはシンボリックな雰囲気の白いアーチを取り入れました。地面からアーチに向けてつるバラを誘引させれば、お庭のコーナーはより一層美しく生まれ変わることでしょう。
リガーデン前は道路からもお隣からもガーデンスペースが丸見えの状態でした。どんなにガーデンスペースを綺麗にしても隣地からの視線が気になっては気兼ねなく使うことが出来ませんね。そこで乱形石のテラス造作とともに取り付けたのが、すりガラス調のパネルを用いた大きなスクリーンフェンスです。リビングルームの掃き出し窓と同じの幅の目隠しを取り入れたことで、プライバシーを守ることができます。ガーデンスペースはもちろん室内のプライバシーも一気に上がりましたね。鬱蒼と茂る木々を思い切って全て撤去したことで、管理しやすくプライバシー性も十分確保されたクローズタイプのメインガーデンに生まれ変わりました。

 

DESIGN POINT 2

ファサードからの行き来も考えたアプローチ

アプローチからもガーデンスペースへ移動できますが、セキュリティーの面も考慮して新たにロートアイアン製の門扉を取り付けました。門扉の隣には縦に細長いスクリーンフェンスを設け、プライバシーの強化を図っています。
ガーデンスペースの段差は全てレンガを積んで造作しています。ナチュラルな風合いを持ったレンガと乱形石は違和感なく同じ空間にマッチしていますね。一段低くなったところにはレンガチップを敷設して、土の面が見えないようにしました。

Client Voice お客様の声

感想文

家を建てた当初は、ウッドデッキがついていたリビング側の庭でしたが、ウッドデッキが老朽化したので、撤去しました。その後、手付かずで雑草が生え・・・。何とか、家族が楽しめるお庭にしたいとずっと思っていました。
でも、中途半端な広さの庭をどうしたらよいのかイメージがわかず・・・。思案していた時に癒樹工房さんのホームページを発見し、早速資料を送ってもらい、「ここに頼むのが一番安心かも!」と、依頼しました。
こちらの要望としては、テラス、フェンス、そして念願だったアーチを取り付けてもらうことでした。
結果、我が家の雰囲気に合わせて素敵なイメージパースを作ってくださり、工事が待ち遠しくなりました。
工事が始まると、少しずつ出来上がる様子を仕事から帰って来て眺めることが楽しい毎日で、テンションが上りました。
テラスの乱形の石を丁寧に組み合わせていく様子はとても素晴らしかったです!満足度100%以上です。
家族ともども、担当の庵谷さん、職人の方々には、お世話になりました!癒樹工房さんに依頼して良かったです。
今後は生まれ変わった庭を堪能したいと思います^^

遠藤