ガーデンリフォーム工事施工事例集

お子様も使いやすい、アウトドアリビングエクステリア〜下條様邸〜

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

アイディアがつまったローメンテナンスエクステリア

せっかくのガーデンスペースもなかなかお手入れができず、雑草に覆われた状態だった下條様邸。散りばめられた数々のアイディアによってメンテナンスしやすく、お子様が安心して遊べるガーデンスペースへと変化を遂げました。ガーデンスペースはタイルテラスと人工芝によって、雑草の煩わしさを解消。ふかふかの人工芝はお子様の足にも優しいです。またこのタイルテラスは、ベンチのように腰掛けて使うことができるようになっています。ご夫婦そろってテラスに座り、ガーデンスペースで遊ぶお子様を眺めるのは何とも幸せな時間になることでしょう。
アイディアはそれだけではありません。隣地側のデザインウォールには秘密が隠されています。実は隣地側には、塀を倒れないように補強するための控え壁というブロックが飛び出ていました。見た目をリカバリーするため、控え壁の横にブロックを積み、壁にすることで、目隠しにもなるオシャレな白いデザインウォールに変身。このブロックの中には、電気の配線を通してあるので、夜の照明としても大活躍です。デザインウォールの灯りが空間全体を明るく包み、優しい光が穏やかな気持ちにさせてくれます。足下までしっかり照らしてくれているので、ステップの昇降も安全に行えます。
目隠しのフェンスも樹脂製のものを使用しているので、メンテナンスの手間も要りませんし、腐食の心配もありません。白いフェンスは空間全体を明るくしてくれます。
また壁の裏は立水栓としても使うことができ、機能とアイディアが詰まったデザインウォールになっています。立水栓の受け皿は地面から少し高い位置に置いています。小さいお子様もかがむことなく、立ったまま使えるようにしました。ご家族全員にとって使いやすいデザインです。
手が付けられていなかったお庭もリガーデンによってプライベートな空間ができ、家族団らんの場所になりました。お子様の成長と共に、ガーデンスペースの使い方の幅が広がりそうですね。

DESIGN POINT 2

思い出のインターロッキングを使ったアプローチ

ガーデンスペースのアプローチは、下條様ご家族がインターロッキングブロックを敷き並べた思い出の詰まった場所。今回の工事では、下條様の思い出も大切したいと考え、敷き直しをさせて頂き、アプローチに活用しました。。植栽やデザインウォールと色合いがマッチしていますね。思い入れの詰まったアイテムによって愛着がさらに増す空間になることでしょう。