新築エクステリア工事施工事例集

コンクリートのデザインウォールでつくるモダンエクステリア~石田様邸~

-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル-サムネイル
画像一覧を開く
DESIGN POINT 1

シンプルながらも重厚感のあるファサード

石田様邸は道路から玄関までの距離が短いため、限られたスペースを有効且つ機能的にデザインすることが求められます。また道路から玄関が丸見えにならないような工夫も必要でした。お住まいの顔にもなるファサードには、石田様がご希望されたコンクリートのデザインウォールを造作。
現場打ちコンクリートのデザインウォールは、モダンエクステリアを象徴します。アプローチは落ち着いた色の乱形石で舗装し、エクステリア全体に重厚感が生まれました。ポストや表札、立水栓はブラックで統一することによって、全体がさらに引き締まりますね。道路からの視線を隠すため、デザインウォールは斜めに設置しました。デザインウォールの横に立てた角柱は玄関の木目の色と合わせ、ファサードに統一感を出しています。木の質感を再現したアルミ製の角柱で、重厚感の中に柔らかさと温もりを演出。
デザインウォールの後ろには花壇スペースを設けました。シンボルツリーを植えるスペースなんてつくれないのでは・・・と諦めていた石田様。空間の使い方を工夫すれば、ご希望のガーデニングスペースだって確保できます。石田様へ植栽リストをお渡しし、石田様ご自身でガーデニングを楽しめるようご提案させて頂きました。玄関前に植栽があると華やかな印象を与えますね。コンクリートのデザインウォールと緑のコントラストが美しいエクステリアになりました。

DESIGN POINT 2

黒のレンガでつくる植栽が映える花壇

掃き出し窓のすぐ目の前は駐車場になっており、お子様の落下を防ぐ工夫が必要でした。そこで、シックでモダンなエクステリアにも合う黒のレンガで花壇を作り、LIXILのデザイナーズレールというフレームを花壇内に設置しました。モダンなデザインフレームを採用することで、機能性とデザインを両立させています。さらに照明を取り付けているので、夜間も植栽スペースを飾ってくれます。建物の角にも黒いレンガで植栽スペースをつくりました。駐車スペースを彩る緑が綺麗ですね。
玄関前にも黒のレンガを積み、その後ろにも小さな植栽スペースを造作。また雨水枡などの見せたくないものを隠す役割もあります。さらに小さなレンガのデザインウォールの後ろは自転車スペースとしても活用できるようにしました。玄関の近くに自転車スペースがあるので、日々の使い勝手も良くなります。
植物への水やりや洗車の為の立水栓も設置しました。限られた空間も余すことなく使い切り、機能的なモダンエクステリアが完成しました。

Client Voice お客様の声

感想文

今回は新築の外構工事を癒樹工房さんにお任せしました。家の設計・内装・インテリア・・・と建築会社さんとの打ち合わせを重ねる中。外構は完全に置き去りになっていました。家の完成が近づく頃になり、さてどうしようと検討を始めました。

ネット検索でみつけた数社にお話を聞きましたが、「私達は申込みがないと図面も見積もりも出しません」とダントツ強気な癒樹工房さん。しかし我が家の狭い庭では出来る事はどこも一緒。駐車スペースにコンクリート門柱にポスト、その程度だろうと思い込んでいた私達に、「いやいや、そんな事はありませんヨ」と他社とは全く異なるプランのラフを提示して下さいました。予定より費用は少し上がりそうでしたが、一度しかない機会だからと癒樹工房さんにお願いすることにしました。

シンボルツリーなんて植える場所無いし無理だなぁ、花壇にするスペースも無いもんなぁと諦めていた事を実現できて、結果、大満足です。RCの門柱も家の雰囲気に合っていてお気に入りです。

営業の方、デザイナーさん、監督、職人さん、皆さんとても丁寧で安心してお任せできました。ありがとうございました!!

石田