ホワイトのウッドフェンスが美しいナチュラルモダンガーデン〜太田様邸〜

garden-reform-oota006

お子様が成長されて、少しずつ手狭になってきた太田様邸のお庭。駐輪スペースのご相談でしたが打ち合わせを重ねるうちにやりたいことが増え、お庭を全改装しました。人の視線が気になっていて満足にできなかったガーデニングも、ハンドメイドのビンテージ風ウッドフェンスでぐるっと囲ったことでゆったりとした空間に早変わり。ガーデニングはもちろん、午後ののんびりとしたひと時もお楽しみいただけるパーソナルスペースになりました。

[×]
garden-reform-oota001

お住い全体が淡い色合いなので、お庭で使う素材も色味を合わせてオフホワイトや柔らかい暖色系にまとめました。シンボルツリーやその他の植栽が各所に収まり、ナチュラルモダンの雰囲気が感じられるお庭です。

[×]
garden-reform-oota002

既存の門柱にはモダンな濃いブラウンのポストを取り付け、印象度がアップしました。近代的で洗練された気性のモダンなデザインが気品ある上質なエントランスを演出してくれます。

[×]
garden-reform-oota003

リズミカルにデザインされた縦桟ウッドフェンスに目が行きがちですが、足元にも細かな演出が施されています。ウッドフェンスの下部には外側と内側にフェンスを挟むように植栽スペースを設け、奥行きと外へ出る楽しみをプラス、敷地内のパーソナルスペースにはレンガのラインと色違いのフロアビーズを施して鮮やかな床面に仕上げてあります。

[×]
garden-reform-oota004

道路境界線に沿うように作られた植栽スペースは、そこを通る人の視線を自然と下に向ける効果があるので、プライバシー向上の効果があります。またグランドカバーが土の面を覆ってしまえば土埃や泥はねが軽減されて、壁面の美化にもつながります。

[×]
garden-reform-oota005

お手製のウッドフェンスは想像の数だけデザインの幅が広がります。小さな窓を取り付けて奥に小物をおけば、まるで絵本の1ページのような可愛らしいシーンを演出できます。季節によって置物を変えたり植物を配置してみたりと、楽しみが増えますね。

[×]
garden-reform-oota007

小端立てにして造作したレンガはひとつひとつ焼きムラがあるので、ランダムな表情を楽しむことができます。オリジナルの立水栓として取り付けた木材も天然木なので、経年とともに雰囲気が変わり、よりナチュラルな雰囲気へと変貌していきます。

[×]
garden-reform-oota008

せっかくお庭全体をナチュラルモダンな雰囲気にしても、室外機がむき出しのままではその部分だけ無機質な雰囲気が出てしまいます。そこで主庭でも使った木材で格子状のフェンスを組み、室外機前に設置。室外機の働きを損なわせることなく、自然な感じで室外機を隠すことができました。このフェンスは低めの角柱と奥の植栽の雰囲気をつなぐ役割も果たしています。

[×]
garden-reform-oota009

夜のとばりが下りると、暖かな色で包まれたお庭は新な魅力がプラスされます。足元を中心に配置したライトが下から優しく空間を演出し、安らぎと安心感をもたらしてくれますね。ウッドフェンス奥に取り付けたライトの光がフェンスの隙間から見え隠れし、木漏れ日のように優しく照らします。

[×]
garden-reform-oota010

掃き出し窓前は花壇やステップで段差があります。なので、転倒防止のためにグランドライトを埋め込み、足元の安全を確保しました。足元から頭の上まで様々な場所に光源があるので、より立体的な印象をお庭に感じることができます。

[×]

ウッドフェンスを主役に据えた緑あふれる小部屋

お子様が成長されて、少しずつ手狭になってきた太田様邸のお庭。駐輪スペースのご相談でしたが打ち合わせを重ねるうちにやりたいことが増え、お庭を全改装しました。人の視線が気になっていて満足にできなかったガーデニングも、ハンドメイドのビンテージ風ウッドフェンスでぐるっと囲ったことでゆったりとした空間に早変わり。ガーデニングはもちろん、午後ののんびりとしたひと時もお楽しみいただけるパーソナルスペースになりました。
お住い全体が淡い色合いなので、お庭で使う素材も色味を合わせてオフホワイトや柔らかい暖色系にまとめました。シンボルツリーやその他の植栽が各所に収まり、ナチュラルモダンの雰囲気が感じられるお庭です。
既存の門柱にはモダンな濃いブラウンのポストを取り付け、印象度がアップしました。近代的で洗練された気性のモダンなデザインが気品ある上質なエントランスを演出してくれます。
お手製のウッドフェンスは想像の数だけデザインの幅が広がります。小さな窓を取り付けて奥に小物をおけば、まるで絵本の1ページのような可愛らしいシーンを演出できます。季節によって置物を変えたり植物を配置してみたりと、楽しみが増えますね。
小端立てにして造作したレンガはひとつひとつ焼きムラがあるので、ランダムな表情を楽しむことができます。オリジナルの立水栓として取り付けた木材も天然木なので、経年とともに雰囲気が変わり、よりナチュラルな雰囲気へと変貌していきます。

美しさを継続させる細やかなアイディア

リズミカルにデザインされた縦桟ウッドフェンスに目が行きがちですが、足元にも細かな演出が施されています。ウッドフェンスの下部には外側と内側にフェンスを挟むように植栽スペースを設け、奥行きと外へ出る楽しみをプラス、敷地内のパーソナルスペースにはレンガのラインと色違いのフロアビーズを施して鮮やかな床面に仕上げてあります。
道路境界線に沿うように作られた植栽スペースは、そこを通る人の視線を自然と下に向ける効果があるので、プライバシー向上の効果があります。またグランドカバーが土の面を覆ってしまえば土埃や泥はねが軽減されて、壁面の美化にもつながります。
せっかくお庭全体をナチュラルモダンな雰囲気にしても、室外機がむき出しのままではその部分だけ無機質な雰囲気が出てしまいます。そこで主庭でも使った木材で格子状のフェンスを組み、室外機前に設置。室外機の働きを損なわせることなく、自然な感じで室外機を隠すことができました。このフェンスは低めの角柱と奥の植栽の雰囲気をつなぐ役割も果たしています。

感想文